--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.10
Tue
久しぶりのMyベスト3企画です。

宇多田ヒカルさんが年内で活動を休止するというニュースを見て、
かなり衝撃を受けた私でございます(´・ω・`)

宇多田ヒカルさんのCDは、決して手元には多くないのですが、
昔はシングルもアルバムも必ず聞いておりました。
(ここ何年かは聞く機会が少し減ってしまったのですが)
次に生まれ変わったらこういう表現力のある歌手になりたいと何度思ったことか。

私と同学年の彼女ですが、同い年としては本当に眩しい存在であり憧れでした。
初めて好きになった女性アーティストでもあります。

私が高校時代の時に鮮烈なデビューをされ、
以後も輝かしい記録と歌を私の記憶に鮮明に焼き付けていった彼女。
今回の休止宣言は、本当に寂しい限りですが、
引退ではなく休止ですから、いつか彼女が帰ってくるその時を待っていようと思います。

と、いうわけで今回は、宇多田ヒカルさんのMyベスト3をお送りしたいと思います。

まず、第三位は、


『Letters』です。

2002年5月9日にリリースされた11thシングル、
『SAKURAドロップス』にと一緒に収録されている両A面曲。
ベストアルバムや3rdアルバムにも収録されております。
PVは作られていないので、
別の曲でですが、宇多田ヒカルさんが主題歌を歌っていたゲーム、
「キングダムハーツ」のMAD動画を載せさせて頂きました。





続きまして第二位は、


『DISTANCE』です。

2ndアルバムのタイトルにも使われたこの曲は、
後にアレンジが加えられ「FINAL DISTANCE」としてシングルで発売されました。
あちらは、かなりしっとりとしたバラードバージョンで、
詞のイメージともマッチするのですが、
私はアルバム収録の「DISTANCE」の方が好きですね。
明るい曲調なのに切ない詞というアンバランスな雰囲気がいいと思います。
こちらもPVはございませんので、
同様にキングダムハーツのMAD動画と共にご覧下さい。





そして第一位は、


『traveling』です。

PVの世界観も素晴らしいのですが、
何ていうんだろう……ちょっと意外性を付かれたというか、
こういう曲も作るんだ!と、最初に聞いた時のインパクトが強い作品です。
それまでの彼女のシングル曲とは、
ちょっと風変わりというか単純に楽しいだけの曲という感じを受けました。
聞いていて元気になれますね( ´∀`)
やっぱり私は元気になれる曲が好きなんだなと再確認。
売り上げ的にもっと評価されるべきと思っちゃいます。
相変わらず、世間の好みと私の好みは合わないなと思った曲。
英文入りですが、何とかPVを発見しましたのでお早めに視聴下さいませ~。





聞けば聞くほど、やっぱり休止するのが勿体無いなぁ…と、つくづく感じます。
でも、更に進化して帰ってくる彼女をいつまでも待ち続けていよう。
楽しみは後になればなるほど楽しいですからね( ´∀`)
今日は彼女の曲を聞いて眠ろうと思います。
ヒッキー大好きです(ノ´∀`*)



UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.1UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.1
(2004/03/31)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


HEART STATIONHEART STATION
(2008/03/19)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


DistanceDistance
(2001/03/28)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


スポンサーサイト

comment 4 trackback 0
04.18
Sun
前回までで、野猿の歴史とシングル曲を振り返ってきましたが、
番外編として、前回までに紹介できなかった、
アルバム、CP曲を紹介したいと思います。

それでも、ごくごく一部しか紹介しきれませんが、
何とか詰め込んで見たので、よければご覧頂けると嬉しいです( ´∀`)
続きを読む
comment 4 trackback 0
04.16
Fri
Vol.2から間が開いて申し訳ございません。

別ブログにて、ずーっと『けいおん』特集をやった結果がコレです(笑)
どうせなら、こっちにも載せた方が良かったかもですね。

また、間が開きそうな時は、向こうから持ってくるかも知れません。

それでは、ラスト……かな?
野猿3年目の活動、そして撤収までをお送りしたいと思います。
それでは、後記よりお付き合いくださいませ~。

ピューッ!!Σ≡=-ヘ(*゚∇゚)ノ

続きを読む
comment 2 trackback 0
04.04
Sun
前回からの続きで、
今回は野猿活動2年目の歴史からになります。

2年目は、とある大きな事件が起こったせいで、
ファンもメンバーも、本当に振り回された1年でした。

結果、得たものも大きかったですが、
当時は本当にハラハラさせられたのを覚えています。

ではでは、良かったら後記よりお付き合いくださいませ~( ´∀`)


続きを読む
comment 2 trackback 0
04.03
Sat
AKB48が昨年に引き続き『選抜総選挙』を行うそうで、
この単語を聞くと思い出すのは、
『野猿総選挙』だったりする、元野猿ファンの主。

ちょうど、主が高校生の頃に野猿が結成されたので、
高校時代に聞いていた音楽は、
SMAP以外だと、モー娘。と野猿が大半を占めてました。
(モー娘。は友人が大ファンだったので)

もう、あれから10年経つというから時が流れる早さにはビックリです∑(゚Д゚)

活動時期は決して長くなかったですが、
鮮明に主の記憶に残っていった『野猿』について、
何記事かに分けて書いてみたいと思います。

……総選挙と、秋元氏という共通点で、無理やりこじつけてみました(苦笑)


続きを読む
comment 6 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。