--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.29
Thu
8/28の卒業公演を持って、
秋元才加さんのAKB48としての活動が終了しました。

私がAKB48というものに興味を持ち出したきっかけが、
秋元才加さんだということはこのブログでもなんどめだナウシカですけど(笑)
あくまで私の中でAKB48の中の一つの時代が終ったなーというのが率直な想いです。

正直なところ(ネット配信で)卒業公演を見たら、
泣きすぎて全く画面見れずヤバイんじゃないかと危惧していたのですが、
それほど……自分比でそれ程泣かなかったと思います。
ただ「ファースト・ラビット」は……あの曲はやっぱり胸に詰まるものがあって、
イントロからずーっと涙が止まらなくなりましたね。
「虫のバラード」は今年のリクアワの時には号泣したあの時とは違って、
もの凄く安心感というか暖かく包まれてる感じになったので、
同じ曲でもこんなに表情(表現)が違うんだなーと妙に冷静に感動してしまったり。

MCでの、才加さんとのほっこりした思い出話が聞けたり、2期生が駆けつけてくれたりと、
本当に終始暖かい雰囲気に包まれた卒業公演で、
涙×2というよりは笑顔で見送れた素敵な卒業公演だったなーと思います。

今はまだAKBから去った喪失感というものが実感できてないんだと思います。
正直、まだ麻里子様が卒業した事も実感がまだないんですよね…。
多分、次のシングルが発表されて3人の姿がどこにもないという事実が突きつけられた時にやっと、
個性の塊である3人が、もうAKBにはいないんだという寂しさを感じるんでしょうね。

いつも才加さんについて、ブログに思いを書くとラブレターのようになってしまい、
そんな恥ずかしい文章を誰にでも見られる場所に何書いてるんだろうと、
書いた後に後悔の念にとらわれるのですが、
今後そういうことも書くことはなくなるのだなぁ……と、思うと、
好きです、愛してますとか書けるだけ書いてしまおうかと思いましたが思い留まりました(苦笑)

今後は女優秋元才加として、また歌手DiVAとして活躍する姿を、
これからも陰ながら応援させて頂きます。
きっと今後これ程までに好きになる女性アイドルは出て来ないと思います。
今後の女性アイドル界を考えるなら出てきて欲しいけども(笑)
AKB48として活動していく中で決して楽しい事ばかりではなかったと思います。
それでも画面の向こうではいつもファンの私達を楽しませてくれて、
たくさん愛を投げかけてくれて本当にファン冥利に尽きるというか、
応援していて色んな思いが共有できてただただ幸せでした。
本当に本当にお疲れ様でした。
そしてこれからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
04.08
Mon
いつかは来ると覚悟してた。

それがそれほど遠い未来ではないのも予感していた。

だけどいざその言葉が告げられると、
嬉しさと寂しさが入り混じった何ともいえない感情に襲われた。
悲しいのではなく寂しい。
後者は少しだけ旅立つことに対して自分の中で前向きに捉えているんだと思いたい。

貴方に対しての感謝の言葉は言い尽くせない程たくさんあるけれど、
それを言うのは今ではないと思う。
まだ貴方はグループの中で出来ることを旅立つその日まで見せてくれるはずだから。

おめでとうとありがとうは、その日まで自分の中でとっておきたいと思います。

今はただ、たくさんの重い荷物を背負ってきた背中にお疲れ様と声をかけてあげたい。
そしてこれからも変わらず微々たる力ですが支えていけたら私が幸せです(笑)









comment 0 trackback 0
02.06
Wed
前回のブログから更に諸々あって、
それで思うこともまたたくさんできた中で、
そんな諸々がある前に書き上げたリクアワのこととか支配人信任投票のことを、
今更あげるべきなのかどうしようか悩んでいるうちにまた日が経ち、
他にたくさん書きたい事もあるのにこのままじゃ何も進まないしで、
どうしたらいいのか分からなくなった結果、
前回のブログをあげる前に書いていた記事に手を加えたものUPすることにしました。
やっぱり思うところが変わってしまったものをそのまま挙げるのは難しいので。
語りたかった事はそのままにして一部削除・追記したものがコチラになります。


まず、先日行われましたAKB48のリクエストアワーについて。

最終日のことを思い出すと、
今でもあれは夢だったんじゃないかなーと思ったりします。
人間、嬉し過ぎることがあると信じられなくなるものなんですね。

前日に挙げた予想の方は、
25曲中24曲が当たるという昨年と全く同じ結果となりました。
外れたのは「絶滅黒髪少女」で実際に選ばれたのは「純情主義」でした。
昨年も、今年もTwitterの方で「純情主義」見たいなぁ…と呟いていたのですが、
こうやって最終日に見ることができて嬉しかったです。
……自分は何も貢献できなくて申し訳なかったのですが本当にありがとうございました。
衣装も曲も振り付けも凄く好きな曲の一つなんですよね(*´д`*)
絶滅黒髪少女もランクインこそ逃したもののアカペラで聞くことができたのでこちらも満足。

そして、なにより……才加さんの「虫のバラード」が5位に。
さえちゃんの「奇跡は間に合わない」が2位になったことは本当に嬉しいサプライズでした。

昨年に比べて2人を取り巻く環境は劇的に変わりました。
そしてファンも推しに対してどういう思いで応援すればいいのか悩んだことだと思います。
そんな想いの積み重ねを今回こうやってリクエストアワーという形で表したことで、
少しでも背中を押すキッカケになれればこんなに幸せなことはありません。

改めて自分は諦めの悪いファンだなと思いました(苦笑)


今年のリクアワは昨年の「孤独なランナー」や「くるくるぱー」もそうなんですけども、
例年に増して推しへの愛がたくさん込められたリクアワになったなぁ…と思いました。
世代交代という声が大きく叫ばれたり、これから…というところで設立したチームが廃止されたり、
様々な理由で去るメンバーが続出したり昨年から今年に至るまで色々ありました。
その中で個人的に大きかったのが第4回の選抜総選挙結果と2度目の組閣そして移籍(兼任)
この2つの出来事で自分が好きだったAKBの景色が見えなくなってしまいました。
それがAKBについてはもうブログ等で語らないと書いた理由です。
TwitterではTVに推しが出た時は我慢できず呟いてましたけども(苦笑)

でも、今回このリクアワを通じてまた大好きな景色を見ることができました。

それはまたしばらく見れなくなるものかも知れません。
それでもまたいつか必ず見ることができると今なら信じられるので、
一度宣言しておいてアレなのですが……また、何かしらAKBごとで語りたい事があった際には、
ブログの方でも書いていこうかなーと思います。




元々の文章から5割削除し、1割追記した文章ですが、
最後の段落は元々の文章をあえてそのままにしました。
いつから私のブログはデ○ブログになったのか……。
そもそも、まだUPする前でしたのでデ○ブログには当たらないと思いますけども。
見れなくなることが叶ってしまったのなら、
いつか必ず見れることも叶ってほしいという思いで消さずにそのまま載せますね。

ただ、自分の中でAKBに置いて絶対的だった柱ともいうべきものに、
ちょっと違和感を抱いてしまったことも確か(推しのことではありません)
その違和感を擁護することはAKBそのものを批判することにもなるので、
違和感は違和感のまま胸のうちにしまっておこうと思います。

簡単に信じるとか書いてはダメだなーということを痛感。
「まさか」ですもんね…こんな事態になるとは夢にも思わなかったし。
推しメンでそれほど置かれている環境が変わっていない、
いわば無傷と呼べるメンバーはAKBに限っては後1人だけになってしまった今、
迂闊に「この子いいなぁ」とか言えない。
思うだけでも発動するならもう女性アイドルからは手を引かなくては。・゚・(ノД`)・゚・。
Jニーズでは発動しないのに何故女性アイドルでは法則が発動するのか…orz
嘘みたいだろ?モー娘。黄金期から続いてるんだぜ、その法則。
最近ちょっとモー娘。に出戻りしてるんですけど、
出戻りのキッカケになった子を、推しメンにした早々に、
ちょっと怖いことがありましてどうしようかと…今はもう大丈夫なんですけどね。
厄払い行かないと解けないんですかね…この呪い。

でも好きな気持ちは抑えられないもんなぁ……。
恋愛禁止条例ってホント大変だと思います。
禁止されると余計に燃え上がるってそもそもやすすが詞で綴っていたじゃないかと、
毎回こういうことがあるたびに突っ込みたくなるのは私だけでしょうか。
あの歌詞怖いわー本当に怖いわー((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル




続いては「支配人信任投票」について。

ファンに人事異動の信任・不信任を投票によって決めさせるというやり方は、
結果として(一部の)SKEメンバーを傷つけ、
メンバーとファンの間に溝という名の不信感が生まれるという最悪の結果になりました。
最悪と書いたのは結果として運営側にはデメリットがほとんどなく、
まるでファンが悪いかのような…原因を他に擦り付けたいが為に、
信任・不信任をファンに決めさせたのかと思っても仕方が無いように感じたからです。
そもそも投票期間短すぎるし、仕事っぷりや人となりで判断しようにも、
まだ目に見える位置にいて矢面に立つ事が多い戸賀崎さん以外分かり辛いし、
そもそも初めてお目見えする方もいる中でどうやって判断すればいいのか…。

とはいえ、投票はしました。

そして同じように判断に困ると思いながらも、
様々な理由でどちらかに票を投じたファンがいた中で、
湯浅さんだけが不信任という結果になりました。

ただNMB、HKTの支配人と違いSKEの新支配人に信任された芝さんは、
信任と不信任の票数の差がかなり際どい状態でした。
「内容はともかくとして」このままではいけないという思いから更に追加された動画や、
彼のことを良く知るメンバーからの応援というか支援する言葉がなければ、
結果は違っていたのではないかと思います。
不信任に票が傾いている中で各々が出来る限りの事をやった結果、
信任に心を動かされた人が増えてSKEの新支配人の座を勝ち取ったのだと思います。
私自身も、動画が追加されてから票を投じたので。

そこが2人の結果の決定的な違いでしたよね。
ただ結果を黙って待つことに決めたのなら、
本人もメンバーもその結果も黙って受け止めなくてはいけないのでは。
例え言わなくていいよと上から言われたとはいえ、
そこでファンなら黙っていても自分の気持ちを分かってくれると信じるだけでは、
何も動かないし何も変わりません。
ファンは自分を映す鏡なのですから貴方が動かないでどうやってファンを動かすのですか?
(これは常日頃、某Jニーズさんに苦言していることでもあります)
どうして自分の気持ちを分かってくれないのと嘆く前にやるべきことはあったと思います。
キツイ言い方になってごめんなさい。
偉そうな事を言える立場では到底ないのですが、
アイドルとして芸能人としてトップを目指す上で大切なことなので書かせて頂きました。

正直、あの所信表明演説だけではAKBの支配人としてどういう思いで、
何を頑張っていこうとしているのかは伝わりませんでした。
私は信任票を投じましたが、それは総支配人とSKEの新支配人に信任票を投じたからには、
必然的に湯浅さんを信任するしかないという選択肢の中での決断です。

そして逆にSKEの支配人としてこれからも湯浅さんに留まってほしいと思ったSKEファンは、
二人に不信任票を投じる選択肢しかありません。
そんな風に思ったファンは少数で、
大半はAKBファンが湯浅さんに不信任を投じたという意見も多数見かけましたが、
それなら戸賀崎さんにも不信任票がもっと入っていてもおかしくないと思います。
まぁ…どちらが多数派というのは重要なところではないと思うので次の話に。

投票できるのはSKEのファンだけではない中で、
色々な意図を持ったファンの想いが複雑に絡み合った結果このようなことになり、
湯浅さんはとりあえず支配人研究生という形でこの件は落ち着いたかに思われましたが、
言葉って難しいですよね……人によって研究生という意味合いはこうも違うものなのかと。

自分の中では、研修生=研究生だと思っているので、
いきなりAKB支配人として配置されるよりずっと良かったんじゃないかなと。
役割を引き継ぐにしても引き継がせなくてはいけない内容(仕事)を教える時間は必要です。
新しい職場や役職に付く際には必ず研修期間や研修会等があります。
AKB支配人とSKE支配人の仕事が丸々同じというわけでは恐らくないのだから、
そういう意味での研究生なら今回の措置は悪くないと思うのです。

ですが、(一部の)SKEのメンバーにとって研究生という言葉は、
今まで自分達のことを支えてくれた人を馬鹿にする言葉だと捉えられているようですね。
これまでのSKE支配人としての功績を否定していると。
でもそれが、AKBしかりSKEしかり、
全ての研究生を傷つける言葉にもなっていることに気付いて欲しいですね。
正規メンから研究生に降格したメンバーもいたから、
余計にそういう意味合いに受け取られてしまったのかもですね…言葉って難しいです。
副支配人や支配人補佐という呼び名よりもAKBらしいし分かりやすいという意味で、
支配人研究生という言葉を使ったんでしょうけど、
おかげ様でメンバーの怒りを余計に買い、何故か矛先ズレてファンが責められるというね。
湯浅さんを不信任にしたのはファンだけど「研究生」にしたのはファンじゃないですよ。
さすがにそこはズレてないと思うけど一応念のため。
あと、これまたキツイ言い方でしか感情を表せる文章力がないので申し訳ないのですが、
所詮貴方はその場所を去るものです。
去ると決めたから何でも好き勝手言っていいとは思いません。
貴方の言葉は今その場所で必死に頑張っている人達をも
侮辱する言葉だということに気付いて貰えたら幸いです。
一時の感情に任せて大切な仲間を貶すのは貴方の思うところではないはず。

研究生という言葉が持つ意味合いもそうだし、
メンバーが判断して欲しかった部分とファンが判断した部分の目線も違うから、
何ていうか噛み合っていなくて姉さんの言葉を借りると空回りという言葉が一番しっくりきます。

総支配人に就任された戸賀崎さんから新たに説明がされましたけど、
これで混乱していたSKEメンバーが落ち着きを取り戻してくれたら幸いです。
研究生という言葉は決してこれまでの湯浅さんがSKEへ貢献してきたことを否定する言葉ではないし、
AKBの新支配人として認められる為に戸賀崎さんと共に頑張っていくという意味で、
ネガティブではなくポジティブに受け取って貰えたら幸いです。
って、どこに伝えたらいいのか分からないけども(苦笑)

そりゃメンバーは個人やファンの意思に関わらず一方的に人事異動されるわけだから、
噛みあわないのは致し方ない部分もありますよね……。
そもそも最初からファンに信任問うのが間違いなんですよ。
普段は全然聞いてくれないくせに何故そういうことはファンに問わせるのか。

毎回言ってますけど、運営側もいい加減に成長して下さい。
こういうことは今の立場でやることではありません。
余計な事で楽しいだけで終るはずだったリクアワを台無しにした罪は重いです。




こちらはほとんど手直しせずそのまま載せました。
後日の諸々の件で更に運営側に対して付け加えることがあるとすれば、
個人的に今回世界に向けて謝罪動画を公式にUPしたことは許せないの一言です。
そのことに関して深く語ることはしません。

書いたまま放置していたものを消したり付け加えたりした文章なので、
非常にお見苦しく、統一性のない意見になってしまっていると思います。
ここまで読んで下さった方、ごめんなさい、そしてありがとうございます。

今後自分でもどういうスタンスで応援していくべきか、
引き続き試行錯誤しながら考えていく次第です。
まぁ…単推ししているメンバーが卒業したらAKBファンからも卒業するのは確かですが。
(他称)かけもファンだから降りれるんだろうと言われてしまったら返す言葉もありません(苦笑)
そんな(他称)かけもファンによる毎年勝手に恒例にしている、
個人的年間ベストソング大賞(笑)を、いい加減に発表したいと思っております。
Twitterの方には書きましたけど、今年こそはスマファンに石を投げられない結果になっているはず。
スマの新曲の方もタイトル未定からだいぶ情報が開示されてきたので、
こちらもそろそろまとめたいと思います。




comment 0 trackback 0
02.01
Fri
書きかけていたブログを後回しにして、
みぃちゃんの処分について思ったことを綴ってみる。
AKBごとに関してブログでまた綴ることに至った経緯は、
後回しにした記事の方で書かせて頂いておりますので、
前後して申し訳ないですがご了承下さい。

ちなみに自分は彼女に対して擁護派ということをふまえた上で、
下記に目を通すかどうか判断頂けたらと思います。
意見が合わない文章を読むのは苦痛以外ありませんので…。
読んでからの苦情はお受けできません(´・ω・`)


最初に処分を知った時に、
研究生に降格ということよりも丸坊主にしたということが、
あまりにもショック過ぎて言葉を失った。

男性の方が反省の意味を込めて、
頭を丸める姿は目にするけでど、
女性が反省という意味を込めてこういった形を取るのは初めて…と書きかけて、
昔、芸人さんにいたことを思い出しましたが、
アイドルが……それも自らハサミを入れたであろう不揃いな状態で、
公式の動画サイトにて世界に発信される形で謝罪を行う姿は初めて見ました。
坊主にすると一言で言っても男性と女性では重さがやっぱり違うと思うのです。
男女平等と声を大きくしても埋められない差はどうしてもあります。
ましてや彼女は私が知る限りの間ずっと黒髪のロングヘアーだったので、
きっと人一倍髪に拘りを持っていたと思う。
髪は女の命であり体の一部なのです。
髪を切るということは自分の体の一部が傷つけられることと同じぐらい、
心に痛みを感じる人がいるという事を知っていて欲しいです。
(と、ここまで書いておいてアレですが人によって髪への思いは個人差が大きくあると書いておきます)

ましてや彼女はアイドルです。
アイドルは言い方は悪いですが自分そのものを売り物にする職業です。
そんな彼女が商売道具をこんな風にしてしまうことは、
自分自身を痛め傷つけて許しを請うている様に私には見えました。
凄く痛々しくて見ていられない…そんな気持ちにしかなれませんでした。
(動画での発言をまとめた文章は某まとめサイトで見ましたが動画そのものは見れません)

それでも彼女はAKBに残るという道を選択しました。

人によってはこんな姿を見ても処分が甘いという人もいるでしょうし、
それについては思うところが多分自分と違っているので、
否定はしません……肯定もしませんけど。
辞めることが必ずしも一番キツイ処分だとはそもそも思っていないんですよね。
こういった騒動を起こす事で暴言を握手会等で直接吐かれたり、
選抜から外されたり、総選挙の順位が下がったり、
グループに残る事で考えられるデメリットは余りあります。
事務所に所属していないメンバーはともかく所属しているメンバーで、
それもみぃちゃんぐらいトーク力もバラエティ力もあるメンバーなら、
AKBを辞めたとしても仕事は入ってくるし、
今はともかく遠い未来ノースリーブスとして歌手活動ができるかもしれない。
活動を辞退し、卒業したほうがずっと楽になれるのではと思います。
これまた言い方悪くて申し訳ないのですが、
AKBというブランドにしがみつかなくても、
今の時点で生き残れる数少ないメンバーの1人だと思っていますので。

その中で彼女は楽な道に逃げず自ら茨の道を選んだ、
それも言葉だけではなく身を切る形でケジメをつけて。
そのことだけで充分大きなペナルティを科せられたと思います。
一生あの映像(姿)はネット上に残るし、
あの姿を親御さんが見たらと思うと……本当にやりきれません。

正直、自分は「恋愛禁止条例」なんてバカバカしいし、
こんなくだらないもの辞めてしまえと思っています。
ただ劇場公演や握手会といった直接ファンと触れ合う機会が多い中では、
出来る限り危険要素を減らすことは必然なのかなとも思うようになっていました。
どうしてもファンの人数が増えるとそれだけ危険因子も増えますからね。
噂だけでも本人やら相手に危害を加える厄介ヲタは存在しますから(AKBに限らずですが)
そういった理由もありきでこの条例ができたのだと思います。
でも今回のことでまたそれがグループにとって良いことなのか分からなくなりました。

少なくともまだ分別の付かない若い頃なら、
親御さんから大事な娘を預かっているという責任もあるからアレですけど、
せめて20歳を超えたら……恋愛解禁してもいいんじゃないですかね(´・ω・`)
それで処女厨のヲタからの人気が落ちようと、
何を言われようと自己責任じゃダメなんですかね。


恋愛をしたらもうアイドルとして皆に夢は見せれなくなるのでしょうか。


恋愛をすることで推しが笑顔になることは、
推しが自らを傷つけて涙を流す姿よりも許せないことなのでしょうか。


髪の毛のこともそうですけど、
これまた男女間での温度の差も違うでしょうし、
そもそも人によってそもそも意見が違うのは当たり前なので、
何度も書きますが、考え方が違うからといって否定はしないし肯定もしません。

でも、この件について痛みだとか違和感だとか、
何かしら負の感情は抱く事はおかしなことではないと思っています。
そう思うことが彼女の為ではないとしてもやっぱり何か間違っていると思うのです。
他に誠意を見せるやり方はあったんじゃないかなと。(辞退という意味ではないです)
Twitter上でたくさん見かけた「引く」という言葉が一番率直な感情だと思います。
そこまで彼女を追い詰めさせる今のAKBの状況ってやっぱり怖いです。

ただ、ここまで彼女を擁護する意見を書いてきましたが、
もう少し考えて欲しかったなと思うことももちろんあります。

貴方の痛みは貴方だけのものではないということ。
もちろん一番痛いのは本人ですけども、
その姿を見て傷ついたメンバーやファンがたくさんいます。

そして貴方は自分が思っているよりもずっとAKBの顔です。
例え自分で判断して行った事でも、
運営からの命令と脚色されたり、
AKBって怖いグループなんだと一般に対しマイナスイメージを植えつけることにもなります。

他人だけじゃなく自分に対しても、
もっと優しくなっていいんじゃないかな…それに尽きると思います。

今までと同じようにはいられないし、
離れてしまったファンもいると思います。
それでも自ら厳しい場所に身を置くと決めた彼女を、
これからも応援したい気持ちは変わりません。
(推すのは単推しですけど、好きなメンバーは他にもいてその中の一人が彼女です)

ファンなんかよりも貴方のことをずっと分かっている、
大切な仲間が今はきっと傍にいてくれていると信じて文章を締めたいと思います。
想いの限りに書き綴った文章につき、非常にお見苦しくてすいませんでした。
ここまで読んで下さって本当にありがとうございました。


ピンチはチャンス。
明日は明日の君が生まれるよ。



comment 0 trackback 0
01.27
Sun
アメブロの方では年始のあいさつをさせて頂きましたが、
こちらではまだでしたので改めてご挨拶を。

新年あけましておめでとうございます。
今年もマイペースにお届けしていく所存でございますがよろしくお願い致します。

というわけで、今年最初の記事はAKBのリクアワから始まります。


昨年、見事に1曲も予想順位を当てられなかった主ですが、
今年もせっかくなので挙げてみるだけ挙げてみるテスト。
順位は当てるのもう無理ゲーに近いのでTOP3だけにします。
そのTOP3すら昨年1つも当てれなかったんですけどね(苦笑)
今年も3日目を終った時点での予想なのでズルというかハンデです。
そのハンデがあっても昨年は1曲も順位が(以下略)
とりあえず思い当たったものを並べてみた結果がコレです。

【AKB48】

ヘビーローテーション
上からマリコ
ギンガムチェック
UZA
重力シンパシー

君のことが好きだから
走れ!ペンギン
夢の河
ファースト・ラビット
アボガドじゃね~し…
プラスティックの唇

泣きながら微笑んで
初日
ハート型ウイルス
虫のバラード
奇跡は間に合わない
愛しきナターシャ
チームB推し
夜風の仕業


【SKE48】

思い出以上
枯葉のステーション
狼とプライド


【NMB48】

北川謙二


【SDN48】

孤独なランナー



眠気まなこで文字打ったので間違いあったらごめんなさい…。
明日改めて確認しますね(´・ω・`)

ここまでで24曲。
このうち20曲までは入っている自信があります(`・ω・´)キリッ!
昨年上位に入っている曲、ソロ曲、
ユニットセンターメンが総選挙上位のメンバーである曲、
この曲に票を集めようと対策本部を立てている曲、を参考に挙げてみました。
特に一番最後は自分の中で重要視してみました。

そしてTOP3は、
ギンガムチェック
ヘビーローテーション
走れ!ペンギン

の3曲と予想してみました。
(ということは外れるフラグかもです)

走れ!ペンギンは昨年の孤独なランナーのように、
色々と動いている方をたくさん拝見したのとメンバーも働きかけているので、
TOP3には食い込んでくるんじゃないかなと。
ギンガムは優子ファンはもちろんなんですけど、
めちゃいけの順位から察するに、
梅ちゃんファンもここに結構入れてると思うんですよね。
アンダーのセンターも、16位を勝ち取った曲もどちらも思い入れは強いでしょうし。
という意味も込めてTOP3に予想してみました。

TOP3以外の予想に目を向けると、
昨年に比べてチームKの全体曲のランクインが少ないのが気にかかったので、
その票は果たしてどこにいったのかを考えると自ずと見えてくるものがあったり。
それが「まぼろし~」で無い事を祈りたいものです(苦笑)

と、いうわけで後1曲どうしよう……。

「ナギイチ」の順位を考えると外してしまった「絶滅黒髪少女」を戻すべきですかね…。
NMBで他に考えられるのは「妄想ガールフレンド」ぐらいしか。
でも「わるきー」の順位考えると後者は難しい気がする。

あとは(対のイメージ的な意味で)片割れがランクインした「遠距離ポスター」も、
人気がある曲ですけど、ゆきりん、さえちゃん、あきちゃファンが、
他に割れてる可能性高いので25位以内と考えるとこれまたちょっと難しそう…。


とりあえず現時点で保留させて下さい←Σ(艸゚∀゚)ェエ工!!!

明日またお昼頃に追記させて頂きますね。
寝てる間に浮かんでくる曲あるかもしれませんし。


明日は寝ても覚めてもゆきr……違う、
泣いても笑ってもリクアワ最終日。

虫も捕まえたいし、奇跡も間に合って欲しいし
上から何かもやってきますように……のんのん。


【追記】
結局、これぞ!!と思う曲が思いつかなかったので、
もう1曲ぐらい入るだろうという意味で「絶滅黒髪少女」を25曲目とさせて頂きます。
ともちんファンの方はどの曲に入れたんでしょうね……。
どこかに固めてたら彼女がメインの曲入ると思うんですけども。

とにかく最終日。
それぞれが大切な想いを込めて投じた票で、
各々推しが輝く姿が見れますようにただひたすら願い望みます。


comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。