--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.22
Thu
久しぶりにスマの記事を書いたら、
いつもより訪問者数がどどっと増えていて驚きました。
まぁ、記事に対する反応はボカロ記事の方が多いので、
ちょっぴり複雑な心境ですが、こういった結果も踏まえて、
スマやJニーズさんの記事も少しずつ増やしていこうと思います。
今日の記事は、すでに前に書いて置いた分ですので、
流れをぶった切って載せちゃいますが。

と、いうわけで今回紹介する曲は、あまりにもマニアック過ぎて、
ニコ動にも、ようつべさんにも曲がなかったという涙目な曲。
(ショートバージョンや、全部の曲をまとめた動画はありましたが)

と、いうわけで今回は、
自分で曲をうpして紹介するという少々強引な手を使いました(笑)
この記事の為だけにうpした自分に拍手。

そんなマニアックなゲームですが、
シリーズ3作品まで発売されてますし、
アニメ化(OVA)だってされているので、
きっと知ってる人もいる筈と信じて、今回紹介致しますのは、
『メルティランサー~銀河少女警察2086~』というゲームのOPとED曲です。

PS(プレイステーション)とSS(セガサターン)にて、
1996年に発売された育成と経営を複合したシミュレーションゲームです。
ちなみに主は、1作目はプレイ済で、
2作目は体験版のみプレイ、3作目は未プレイです。
結構1プレイの時間が長いので手付かず仕舞ですね。
いつかは、全シリーズプレイしてみたいものです。

ここから先は、長い説明になりますので、
曲だけ聞いてみたい方は、ずずーっと下までスクロール下さい。

シリーズによって主人公の立場やキャラは違うのですが、
大まかな筋は、銀河と地球が行き来できるようになった世界で、
地球を異星人移民から守る組織である、
銀河警察機構に配属されることになった主人公が、
地球にテロ等を企てる異性人と戦い治安維持をしていく…
と、いった内容でしょうか。
かな~り大まかなので間違ってる部分ありますけど。

このゲームの何と言っても凄いのは、3部作を通して、
『主要キャストから脇に至るまで声優陣が豪華すぎるところ』です。
今でも第一線で活躍されていらっしゃる方が、たくさんおられます。
当時大人気だった方はもちろんですが、
出演当時は、あまり有名ではなかったけれど、
今では大人気の方もいらっしゃいますね。
それだけ当時のキャスティング方の目の付け所が凄かったのでしょう。

例を挙げれば、メインキャラクターに、
ゆかなさん、岩男潤子さん、丹下桜さん、
池澤春菜さん、手塚ちはるさん、緒方恵美さん
今井由香さん、菊池志穂さん 以上の方々。

その他の敵キャラクター等にも、
かないみかさん、堀川りょうさん、中井和哉さん、
こおろぎさとみさん、飛田展男さん、高山みなみさん、
山崎和佳奈さん、勝生真沙子さん、久川綾さん、
石田彰さん、鈴置洋孝さん、桑島法子さん、
そして何と、赤い彗星シャアこと池田秀一さんまで出演されています。
(もちろん、これは一例で他にもまだたくさんの方が出演されておられます)

当時有名でなかった方も含まれているとはいえ、
今このキャストでゲーム作ったら、
どれだけ制作費がかかるのか心配になります。

そしてそんな豪華な声優さん達が、
ゲームのOPとED曲も歌われているのですから、
凄いの一言ですよね~(*´∇`*)

と、いうわけで非常に長い前置きスイマセンでした。
やっと曲紹介です(苦笑)

まずは、OP曲『INNOCENT SOLDIER』です。
『ゆかなさん、丹下桜さん、手塚ちはるさん』が歌われています。
実際のゲームのOPバージョンでお楽しみ下さい。
当時、このアニメ動画レベルでも結構感動したものです。







もっと聞いてみたいという方には、
主が自らうpした(笑)フルバージョンをドゾー。







続きましては、ED曲『OK My Friends』です。
主はこの曲の為だけにサントラを買いました(笑)
『ゆかなさん、緒方恵美さん、岩男潤子さん、
丹下桜さん、手塚ちはるさん、池澤春菜さん』が歌われてます。
ではでは、又しても自前の動画ですいませんが、
聞いて頂けると嬉しいです。







最後に雑談ですが、このゲームを買った理由は、ただ一つ。
当時主が大好きだった、緒方恵美嬢が、
メインキャラクターの一人の声を当てられていたからです。

幽白、セラムン世代ど真ん中な主でした。


スポンサーサイト

comment 8 trackback 0
10.21
Wed
最近は、ずっとボカロや音楽紹介ばかりなので、
何時の間にかスマの記事より、ボカロ記事の方が数が多くなってますね。
べ…別に、スマに興味が無くなったわけじゃないんだからね(`・ω・´)

なので、今日の記事は久しぶりに、
スマさんについて書こうかなぁ……と思ったり。
まぁ……あんまりネタも投下されていないので、
今週のスマスマの感想でも短めにサクっと。

と、その前に、今週の『an・an』買いました。
雑誌の内容自体は興味がないので、
それほど期待はしてなかったのですが、

…今年一番のヒット作かも知れません(写真が)

特に、中居しゃんの写真は、
ここ数年の中でも、かなり上位に入るお気に入り度です(〃▽〃)
特にお気に入りの顔どアップの写真のあのポーズは、


普通女性の方がやるポーズじゃ……。


あまりの、可愛さに危うく本屋でニヤけるところでした。
いや、ニヤけてたかも(苦笑)

やっぱり本気出すと、アラフォー(笑)とは思えない美人さんだなぁ…(*´д`*)
帽子で髪の毛見えない状態で、あのふつくしさは、
ホントに顔の造りが素晴らしいということですね……。
雑誌を見ながら思わず溜め息をついてしまいました。

ホントに綺麗な写真満載だったので、
是非、中居さんファンの方は、本の方ゲトー!!して下さいね。
あっ、もちろん他の方のファンも(;´▽`A``


前置きはさて置いて、それでは今週の『スマスマ』感想を。
久々の新作コントは内容はともかく良かったと思います。
慎吾君のは、元ネタが分からず終始『ぽかーん(゚Д゚)』状態でしたが。
主のオカンは『エチカ(の鏡)で有名な人やん』と知ってましたが、
実物と同じ部分は突然キレ……口調が変わるとこだけだそうです。
あのエセ関西弁は、関係ないのか……。

トランスマフォーマーの方の川合俊一さんは、
3時間ほど前に、関西ローカル番組で見たばかりだったので、
そういう意味で余計に笑えました。

ビストロは、やはり豪華なゲストじゃないとダメですね。
豪華というか……ある程度お年を重ねた方というか。
一つ一つの話に重みがありますし、
その人が今まで生きてきた歴史を聞くだけで、
見ている方としても凄く勉強になります(`・ω・´)

どっかの人気モデルとか、今旬の若手芸人とか、
そういう方の出演は、本当に勘弁して頂きたいものです。
昔は、本当に敷居高かったのにね、ビストロ。
このようなアイドル(笑)の番組に出て頂いていいのか、
ちょっとビビるぐらいの方も、ちらほらいらっしゃいましたし。
ちなみに主が、一番出演に驚いたゲストは高倉健さんですね。
今のビストロを見てると、出て頂いたことが何だか申し訳なくなってきます。

今週のスマスマの詳細をチェックしてなかったので、
いきなりエレファントカシマシさんの曲になってビックリしました。
TVでは久しぶりに見た気がします。
『今宵の月のように』は、発売当時は結構聞いた記憶があります。
でも、それ以外の曲は全く知らないんですよね…(´・ω・`)
この曲は、カラオケでよく歌っていたつよぽんには申し訳ないですが、
慎吾ちゃんの声と非常によく合いますね~(*´∇`*)

来週のビストロゲストがKinKiさんなのは、
前々から風の噂で知っていたので、
そこまでは驚きませんでしたが、
やはり正式発表されると嬉しさも一塩ですね(*´∇`*)
最近は、平成の子もドラマ関連とはいえ出入りしてたので、
少しずつ壁を崩していってるなぁ…とは思っていましたが、
一番最初の大きなきっかけがKinKiさんなのは、
昔からスマとKinKiさんを見てきたファンの方や、主としては、
何とも感慨深いものがありますね……(;つД`)

特にKinKiさんがデビューしてからは、
SMAP全員と一緒に仕事することはなくなりましたもんね……。
絡みが見れるのは、歌番組のゲストが同じ時ぐらいでしょうか。
(うたばんやLove×2や堂本兄弟で個別にはありますが)
主の記憶の中で一番記憶に残っているのは、
今から12年前のかくし芸大会の1コーナーですね。
皆でお題に対して面白い答えを書くっていうやつ。

KinKiさんがビストロに来ることで、
スマスマへのJニーズ出演が解禁になるといいんですけどね。
今までは『ぷっ』すまぐらいでしか、
なかなか先輩と後輩の絡みが見れなかったので。
もちろん後輩が来るということについては、
賛否両論あると思いますが(TOKIOとV6は賛成派多数だと思いますが)
主は、今後のJニーズを考えるなら、
もっと先輩と後輩が交流を持つのもいいんじゃないかと思います。
お互いに得るものが、きっとあると思いますしね。
もちろん、マッチさんとか少年隊さんとか上の方にも、
歌だけじゃなくビストロ等で絡んでほしいと思います。

主の思いっきり個人的な意見としては、
いつかスマスマに関ジャニ∞さんを!!と思います。
スマスマじゃなくても二組が絡む番組なら何でもいいですが。
絶対、あの二組が絡めば面白い効果が生まれると断言します。
あまりJニーズ臭というか、Jニーズのプッシュ感を感じない分、
何気に一番すんなりと送り込めやすそうなんですけどね。
…事務所の女幹部が力入れてるGは色々めんどくさそうなので

あれ、短めと言いながら、もしかして長くなってます?(笑)
ごめんなさい……今回はこのへんで止めときます。

今週は、月9効果も多少はあるとはいえ、
最近の中では高視聴率だったので、
今後もこのレベルを維持し続けてほしいなぁ…と期待してます。
5人が出てるだけのコーナーとかいりませんからねOさん。
(某番組がなくなったので、スマスマに企画を回してこないかちょっと心配…)

ではでは。


comment 1 trackback 0
10.18
Sun
先日、N○K(笑)の番組を見ていたら、
この曲のインストが流れて驚きました。
ゲームや特撮のサントラ曲って何気にニュースとかで使われますよね。
『かまいたちの夜』や『仮面ライダー剣』は、よく聞きました。
ああいうのって権利とかどうなってるんでしょう?

と、いうわけで今回紹介するのは、
N○Kでも流れた名曲、『To Heart』のPS版主題歌。
中司雅美さんが歌う『Feeling Heart』です。
『To Heart』は、元々はLeafからPC版で発売された作品で、
後に、PS版などコンシューマーに移植されました。
主がやったことがあるのは、発売当時の年齢上(笑)PS版です。
と、いうかプレイしていても、どこに18禁要素が入っていたのか、
KanonやAIR並みに全く分からないのですが……。

この頃は、コンシューマーはギャルゲー全盛期で、
『同級生』等のエルフ作品を中心に18禁のPCゲームを、
サターンでは18歳推奨、PSでは全年齢対象版にアレンジして、
かなりの数のソフトが移植されていました。
(サターン初期は18禁もありましたがそれでも露骨な表現はNGでした)

18歳推奨ソフトは、まだそれなりに完成度は高かった気がしますが、
全年齢対象版は、かなり無理してたものが多かった気がします。
(同級生2とか、フレンズとか)
そういった全年齢対象版の中では、
ダントツにクオリティの高い作品だったのが、この作品です。
元々のキャラグラフィックからしてPC版より可愛くなってますし、
移動画面で、何処に誰がいるか分かるように表示されるようになり、
ギャルゲー初心者向けに難易度も若干低めになっていますし
なによりミニゲームだけで、それなりに遊べてしまう、
恐るべきオマケのクオリティでした!!∑(((((゚д゚;ノ)ノ
むしろミニゲームに相当ハマりました。

シナリオもキャラによって完成度は異なりますが、
あかりとマルチのシナリオは特に素晴らしく感動ものでした(´;ω;`)
ちなみに続編は、キャラも絵も変わってるので未プレイですが、
評判が真っ二つに分かれてるので……プレイするかは考え中。
今ならPSP版で1・2が同梱されたセットが発売されております。

それでは、いつもながら前置きが長くなりましたが、
よければ聴いてみて下さいませ。
中司雅美さんが歌う『Feeling Heart』です。





こちらはフルバージョンのMADです。↓





PC版のOP曲は曲も歌われている方も異なります。
こちらの曲もオススメなので良かったら合わせてどうぞ♪
あっこさんが歌われている「Brand-new Heart」です。





To HeartTo Heart
(1999/03/25)
PlayStation

商品詳細を見る



ToHeart(トゥハート)2 ポータブル Wパック(通常版:PSP版「ToHeart」同梱)ToHeart(トゥハート)2 ポータブル Wパック(通常版:PSP版「ToHeart」同梱)
(2009/07/30)
Sony PSP

商品詳細を見る




comment 2 trackback 0
10.17
Sat
番外編の続きデス。
そして今度こそ本当に最終回です。
なので、思い残すことがないよう、
最後は引かれるの承知で自分の好きな作品を紹介しようと思います。

……仕方ないじゃない……人間だもの。

綺麗で透明感のある音楽もいいけど、
こういった人間らしさ溢れる音楽もいいよね☆
ぶっちゃけ、主は、ちょっとおバカな曲や、
えっちぃ曲も大好きなのです(〃▽〃)

ココから先の動画(曲)には、
下ネタ工口な表現が若干含まれております。
そういった内容が苦手な方は回れ右して下さいませ。
まぁ……あくまでニコニコ動画に投稿されている作品ですので、
そこまでアウアウな内容ではございませんが。
ちょっとでもそういうのがダメって方でなければ、
普通に楽しめる曲ばかりだと思います。
でも、家族で見ると気まずくなること受け売りなので、
それは避けて頂けた方がいいかと思われます(笑)

前編より更に背後注意な音楽になっていますので、
くれぐれもお取り扱いにはご注意下さい。

続きを読む
comment 2 trackback 0
10.17
Sat
前回で終わるはずだった連載企画ですが、
何だか諸々の事情で、後一回続くことになりました。

番外編と題した今回のオススメ曲紹介のテーマは、

『言葉にできない作品』

です。

数多くあるボカロ曲の中には、
ガチ曲の他に、とっても大人な事情な作品や、
腹筋崩壊するような作品も数多くございます。
今回は、そんな言葉にできない作品を、
ボカロの種類関係なく、だだだーっと紹介していきます。

なお、今回紹介する作品の一部には、
『アーッ!!』なものや『ちょっとアレ』なものが含まれます。
動画の前には注意を記しておきますが、
そういった表現が苦手な方はお気をつけ下さいませ。

あと、背後には注意下さい。
視聴後に何か問題が起きても主は責任取れませんので。

では、コレが本当に最終回。
『MY LOVE VOCALOSONG』(番外編)をお送りします。

続きを読む
comment 0 trackback 0
10.12
Mon
連載企画でお送りしてきたおすすめボカロ曲紹介も、
今回を持ちまして、いよいよ最終回です。

ミクちゃん3部作のラストを飾るのは、
おそらく既に予想してらっしゃる方はいらっしゃると思いますが、

……『何となくバラード特集』です。

何となくが付いてるのは、バラードな曲調以外も、
今回の紹介に含まれるので、こう記載させて頂きました。
明るいけど、歌詞が悲しい曲とかも紹介したいので。
歌詞も含めてバラード調ということでファイナルアンサー。

バラード調の曲って感情を込めて歌うイメージなので、
それをいわゆる、(元は人の声だけど)機械音声でもある、
ボーカロイドさん達に上手に歌わせるのは、
なかなか難易度の高い技だなぁ…と個人的には思います。

それでは、ラストを飾るみっくみくオススメ曲を、
さっそく紹介させて頂きますね。

続きを読む
comment 4 trackback 0
10.11
Sun
動画を見てくださってる方に最近よく言われるのですが、

『動画が読み込みしてくれないよー(´;ω;`)』

と、いう問題がよくあるようで、コレに関しては、
元動画であるニコ動のサーバーの問題があるので、
こちら側としましては、『ごめんなさい(´・ω・`)』としか言えないデス。

改善点としては、ようつべさん(you tube)の方が軽いので、
そちらに同動画がある場合は極力貼る様に致します。
ただ、ボカロ関係に関しましては、
今までどおりニコ動から引用させて頂きます。

何故かと申し上げますと、ひとえに作成者様への感謝の意を込めてです。
時間をかけて素晴らしい作品を生み出して下さってる方へ、
一番簡単に感謝の気持ちを還元できるものが再生数だと思うんですよね。
なので、よくブログに『元動画まで見に行ってみて下さい』と、
お願いするのはそういった関係もございます。
素朴な疑問ですが、ブログ動画に貼り付けた分は、
貼り付け動画を再生した際に再生数がカウントされるんでしょうか?
視聴履歴には、ブログで再生した分も残っていたのですが…。
ニコ生と同じでおそらく履歴だけだとは思うのですが気になったので。


ようつべさんにも再生回数はございますが、
ボカロに関しては、元々はニコ動でうpした作品がほとんどですし、
ようつべさんを必ず作成者様が見ているという確証はありませんので、
その点を考慮させて頂いた上でこのような処置をさせて頂きます。

主の勝手な思いで、不便をおかけして申し訳ございません。
救助策という程では、ありませんが、
作品によっては、ブログの右のプラグインに、
載せている曲もございますので合わせてご使用頂ければ幸いです。
(ピアプロの方は、ニコ動とは別鯖なのでおそらくスムーズに聞けると思います)


comment 2 trackback 0
10.11
Sun
ちょっと間が空いてごめんなさい(´・ω・`)
本日と明日で連載の方を完結させたいと思います。
……あくまで予定ですが。

今回のテーマは、『ロック&ポップ』
ミクちゃんの曲の中でも、比較的明るい曲、
聞いててノリノリ(死語?)になれる曲を紹介したいと思います。

主は、楽器の中で一番好きな音が、ギターなので、
ギターバリバリ(死語?)なサウンドを聞くとテンション↑↑になりますね。
あと、ドラムの音も好きなんですよね……。

なので、バンド音楽には弱い主です。
そのせいだけではありませんが、
何年ぶりに某アニメにハマるはめに……。

さて、それは置いておくとして、
有名曲、マイナー曲関係無しに、
ただ好きな曲を挙げさせて頂きますね。


続きを読む
comment 2 trackback 0
10.06
Tue
初音ミクという存在を使って、
自分の音楽を表現される方は、
ニコ動にたくさんおられますが、
こういった形で初音ミクを使われた方は、
今のところ他に見当たりません。

と、いうわけで、まずはコチラをご覧下さい。
初音ミク オリジナルミュージカル『SADAME~運命~』です。





言葉にならない何かが溢れ出したでしょうか?(笑)
この動画(ミュージカル)に登場するのは、
イケメン?だが髪の薄さが妙に気になる『時空勇者タマデラス』と
初音ミク演じるヒロイン、マナジーを糧とする『人形の姫ササリアナ』。

えっ?マナジーとは何ぞとな?

マナジーというのは、時空勇者タマデラス本人によると、
『勇気とか愛とかなんかその辺のもん』だそうです。
ちなみに、しゃべるとマナジーがなくなるらしいので注意。

もっと時空勇者タマデラスのことが知りたくなった方は、
↓のブログまでアクセスしてみるといいと思います。
http://ameblo.jp/tamaderasu/

こういった作品を考え付く人って、とても素敵ですし主は大好きですね。

そして、次回作も投稿されておりますので、
見てみたい方は、続き↓からご覧下さい。

続きを読む
comment 2 trackback 0
10.06
Tue
動画をポチポチと見ていたら、
凄く素敵な動画を見つけたので、
またまた紹介させて頂きますね。

決して、長文打つのが、
めんどくさくなったわけじゃないんだからね(( ̄ ^  ̄ o) プィッ!

これは、黒いサングラスの方に捧げる動画です。
とある名曲を、MMDでドラマ仕立てにした、
目からフランスパンの名作です。
投稿日時的に日が経っておりませんので、
あえて小さいサイズにしました。
気になられましたら、動画が起動後に、
画面をもう一度クリック頂いて、
ぜひ元動画さんまで足を運んで下さいませ。





心温まるストーリーでしたね。
曲と非常にマッチしてると思います。
何か、どんどんMMDが織り成す世界の可能性が広がっていくなぁ…。
新しいPCを買ったら、自分でもMMDを触ってみようと思います。

comment 3 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。