--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.27
Sun
本日は東京マラソンの日。
我が街大阪では、お昼までしか中継が放送されなかったのですが、
ただただ才加さんが無事完走することを祈っていました。

結果、6時間50分6秒で完走されたということで、
本当にお疲れ様でした(o^-^o)

運動オンチで体力ゼロの私からすれば、
42.195キロを走りきるなんて到底ありえない……絶対に不可能な話で、
それを仕事が忙しくてなかなか時間をかけて練習もできなかったであろう中、
有限実行で規定時間内に完走した才加さんは本当に素晴らしいと思います。

加えて、チームKのキャプテン復帰も決まり、
Wでおめでたく……そして皆待っていたと思います。

ただ一言、『お帰りなさい』と遠い大阪の地から言葉を送りたいと思います。



今回の一連の事に関して、
茶番劇だと思われる方もいると思いますがそれはそれでいいと思います。

あくまで私個人の考え方なんですが、
芸能界……特にアイドルは2次元と3次元の間、
2.5次元を生きる存在だと思ってます。

実際にはありえないこと。
実際では見れないこと。

それを具現化して見せてくれるのがアイドルではないでしょうか。
せっかくの才加さんのお祝い話なので、
今回はあまり具体的に突っ込んだ内容は書きませんが、
いわゆる、成長物語を見せてくれるのがアイドルで、
それを期待して応援し続けるファンがいてアイドル産業は成り立っているのだと思います。

応援し続けるのは大変でも、
何も大きな出来事がない平和なアイドルよりも、
いろんな困難を乗り越えて成長していくアイドルを、
これからもずっと見続けていたいものです。

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
02.23
Wed
少し前にORICONのアンケートで、
『人気アーティストの神曲』を選ぶ企画があって、
その結果を見て、

……こ れ は ヒ ド イ∑(゚Д゚)

と、思ってしまった自分がいました。
まぁORICONアンケートは答えてる年齢層も性別も、
かなり偏っているので首をかしげる結果なのはいつものことなんですけどね。←コラッ!!
それにしても最近発売された曲多過ぎないかな……(´・ω・`)
まぁ、ファンだけじゃなく一般の人も投票してるから最近の曲に固まるのは仕方ないのか。
新曲=神曲じゃない と、決め付けているわけではないのであしからず。
その人にとって思い入れがあれば新曲だろうが昔の曲だろうが選ぶのは構わないわけですし。
あくまで一個人の意見として柔らかく受け止めて頂けたら幸いです。

このアンケートについての記事はコチラからどうぞ。

http://www.oricon.co.jp/news/ranking/84962/

それでですね。
大体『神』曲ってどういう意味なんでしょうね?
『神』と崇めるぐらいクオリティの高い曲を指すのか、
自分がただ単に大好きな曲を指すのかでも選ぶ曲が変わってきますし、
(まぁ、大体は後者の意味で使ってると思いますが)
その……『神』っていうぐらいだから、
そんな簡単にポンポンあるのもおかしい気がします。

てか、最近何にでも『神○○』とか『○○すぎる○○』とか、
メディアがやたらこう…凄く強調したがる傾向が多い気がするのは木の精でしょうか。
正直何にでも使うと凄さも減少するし、ありがたみもないし、
ともすればただのハードル上げにしか思えません。
もう少しいい褒め方はないんでしょうかね(´・ω・`)

愚痴はここまでにして、
アンケートに挙げられたアーティストの神曲を、
自分でも選んでみることにしました。
ちなみに後者の意味で自分の好きな曲をシングル曲に絞って選んでみます。

ジャニーズはHey!Say!JUMP以外は3曲ずつ。
加えてアンケートになかったグループも追加。
アーティストは1曲ずつで、
東方神起、EXILE、いきものがかり、木村カエラ、YUIに関しては、
省かせて頂きます(知っている曲が少ないので)




B'z …『LOVE PHANTOM』
スピッツ …『チェリー』
福山雅治 …『HELLO』
Mr.Children …『Tomorrow never knows』

--切り取り線--

SMAP …『夜空ノムコウ』『世界に一つだけの花』『SHAKE』
TOKIO …『Mr.Traveling Man』『宙船』『AMBITIOUS JAPAN!』
V6 …『Darling』『出せない手紙』『COSMIC RESCUE』
KinKi Kids …『ボクの背中には羽根がある』『愛されるより愛したい』『薄荷キャンディー』
嵐 …『PIKA★★NCHI DOUBLE』『Happiness』『truth』
タッキー&翼 …『夢物語』『Venus』『Ho! サマー』
NEWS …『weeeek』『サヤエンドウ』『太陽のナミダ』
関ジャニ∞ …『LIFE~目の前の向こうへ~』『ズッコケ男道』『∞SAKAおばちゃんROCK』
KAT-TUN …『LIPS』『ONE DROP』『SIGNAL』
Hey!Say!JUMP …『Your Seed』




以上、個人的な好みのみで選んでみました。
アーティストは完全に青春時代の年代に固まってますね。
SMAPに関しては他のジャニーズと比べてファン暦が群を抜いて長いので、
なかなか選び辛い部分があるのと、
単純に自分の好みだけではなく、世間からの評価もどうしても含んでしまうんですね。
それだけ皆に愛されてる曲っていうのは一スマファンとしても誇りに思いますし、
やっぱり大事にしていたいと思いますので。
好みで言えば『夜空ノムコウ』や『SHAKE』で、
大事な曲と言えば『世界に一つだけの花』ですね。
『世界に~』は好きではないというわけではありませんが、
どうしてもアルバム収録の方を聞き込んでいた自分としては、
シングルバージョンには違和感が未だにあるんですよ。
でも、コンサートで聞くとやっぱり会場にいる全ての人が一つになれる曲なので、
外すことはできない大事な曲だと思います。

TOKIOは『Mr.Traveling Man』が好き過ぎてどうしようです(笑)
好みの曲調以外の何者でもありません。
あと、こういった曲調とキーの方が長瀬君の声と合ってる気がします。
最近の曲、ちょっとキーが高いような気がして…。

V6は私が好きな曲=あまり売り上げが喜ばしくない曲 という方程式が(苦笑)
『Darling』はそれなりに売れましたけど、
私が初めて買ったV6のCDが『COSMIC RESCUE』というところからズレてますよね。
あの曲、すっごい好きなんですけどね…(´・ω・`)
最近だと『蝶』も『これはイイ!』と思ったら売り上げ微妙だったし…。
やっぱりバラード調の方が世間にはウケがいいのか。
『出せない手紙』や『ありがとうのうた』は好きなんですけど、
ちょっと売り上げ確変だった『way of life』は、それほど好きではないんですよ。
それよりかは『スピリット』の方が……。
でもV6の曲いい曲多いですよね( ´∀`)
歌唱力、パフォーマンスも含めてもっと評価されるべきだと思います。

KinKi Kidsは、SMAPに続いてファン暦が長く、
こちらもなかなか選び辛いのですが、
『ボクの背中には羽根がある』は、しばらくKinKiから離れていた自分が、
再びKinKiの音楽に帰ってきた曲でもあるので思い入れが強いです。
もちろん曲調も好きですし、ドラマも見ていたので聞いていた回数もダントツですね。
『愛されるより愛したい』も同様でドラマも見てましたし曲調が単純に好きです。
『薄荷キャンディー』は『Anniversary』と悩みましたが、
KinKiの2人にしか出せないハーモニーの美しさがより強調されている点でコチラに。

嵐は、わりと悩まず選びました。
TOP5になると4位と5位に入れたい曲が多くてすっごく悩みますが。
『PIKA★★NCHI DOUBLE』と『Happiness』は、
リリースした時代が違えば、ミリオン狙えたんじゃないかなぁ…と思ったり。
特に前者は今現在嵐のシングルでは最低の売り上げでしたしね。
どんなにいい曲でも聞いてもらえなければ評価されないという例ですね。
今ならベストアルバムも売れましたし、
隠れた名曲ではなくてたくさんの人が知っている名曲になればいいですね♪

タッキー&翼は、メジャーどころばかりでスイマセン。
でも売れた曲=名曲が多いのがタキツバかなぁ…と。
『夢物語』と『Venus』はカラオケでは欠かせない定番曲です。
CD持ってない友達でも歌える覚えやすさと曲のノリは秀逸だと思います。

NEWSは、ちとファンとは好みがズレてるかもですね。
『weeeek』は別として、明るく爽やかなアイドル曲調よりも、
『サヤエンドウ』や『太陽のナミダ』といった変化球の曲調の方が好きです。
NEWS皆の声質が全体的にあまりアイドルっぽくないと個人的に思っていますので、
そっち路線よりかは、ちとマイナーな方が合ってるような。
でも、他のジャニーズグループとの兼ね合いもあるし、
うーん……なかなか難しいですかね(´・ω・`)

関ジャニ∞は、昨年『LIFE~目の前の向こうへ~』をリリースしたことによって、
いい感じに路線変更できたのではと思います。
まぁ、まだまだ関ジャニ∞の音楽を知らない人には、
TOKIOのマネと言われますけど、
少しずつバンド曲もシングルで出していって世間に浸透させるしかないと思います。
こればかりは先駆者がいる限り仕方ないです。
多分TOKIOも昔は男闘呼組と比較されてた時期があったかもですし。
(曲調は全然違いますけども)
とはいえ、『ズッコケ男道』『∞SAKAおばちゃんROCK』といった、
見て聞いて楽しめる曲もずっとリリースしていってほしいですけどね。
所謂コミックソングを歌えるのも彼らの大きな魅力ですし、
それを見て聞いてファンになった人もいると思いますしね←ココに
振り幅の大きい曲を歌えるアイドルはそうそういないと思いますので、
是非彼らに関しては様々な曲調に挑戦してもらいたいものです。

KAT-TUNは、5人になったことによって、
売りだったロック曲調のリリースは減ってしまうかもしれないのが、
ロックスキーな自分としては少し残念ですが、
KAT-TUNの魅力はロックだけではないですしね。
KAT-TUNのシングルで初めて買ったのはデビュー曲ではなく『SIGNAL』ですし。
ああいったクールな曲調もさらっとスタイリッシュに歌いこなせるのも、
彼らの大きな魅力の一つですね。

Hey!Say!JUMPからは、主の対象外となっていて、
あまり曲を聞く回数も多くないのですが、
『Your Seed』は音楽番組で見た時に、いい曲だなーと聞き入りました。
でも、彼らが歌ってもあんまり売れないかもと思っていたら、
ホントに(彼らのシングルの中では)売れてなくてああやっぱりと思いました。
同じマイナー調でもヒットした『真夜中のシャドーボーイ』とは、
またちょっと毛色が違いますしね。
ファン層を考えるとあまりウケなかったのは致し方ないと思います。
(もちろんこの曲が1番好きというファンもいるという前提で)
あの曲、他のグループが出してたらなぁ…と思ったりしてゴメンナサイ(´・ω・`)
NEWSとかNEWSとかNEWSとか……。

以上、個人的神曲……って言えばいいんでしょうか?
好きな曲を挙げてみた結果がコレでした。


comment 2 trackback 0
02.17
Thu
書きたいことはあるのですが、
なかなかまとめる時間が取れずブログ更新できなくてすいません。

SMAP関連で書きたいこといっぱいあるのになぁ…。
でもあんまり楽しい話ばかりじゃないから、
書かないほうがいいような気もしなくもないですが(苦笑)
や、いずれ書くと思います、ハイ。

SMAP関連ではポポロ以降あんまり買い物をしておりませんが、
別件でちょこちょこっと買い物をしたりなど。

その1.
十六茶のけいおんストラップ。

前回のクリアファイルで唯ちゃんのソロがゲットできず、
涙を飲んだ主ですが今回は生産数も多かったのか、
無事にお目当ての唯ちゃんストラップを2軒目でゲットー♪
唯ちゃんだけだと寂しいので、
唯といえばあずにゃんだろ!!と思い、ゆいあずにしてみた。

2011020815110000.jpg

値段的に全員買っても良かったんですが、
他にストラップを付ける物がないし、
5人全員携帯に付けたら今でもカオス状態なのが、
更にカオスになって下手したらカメラ機能使えなくなりそうな気がするので断念。
いいんです……私は好きな人以外には基本目を向けないオタですから(´・ω・`)
SMAPだって中居さんのソロと5人の番組は見るし作品も買うけど、
他の4人のソロはほとんど手を出してない人です…ごめんなさい。
好きとか嫌いとか~♪じゃなくて私のキャパの問題です。

で、もう一つ。
こちらは手を出してはいけないと心に言い聞かせてきたグループ。
AKB48の新曲『桜の木になろう』のCDです。

2011021517150000.jpg

2011021517150001.jpg

特典の生写真付です。
……すっごい引きの写真ですね。虫眼鏡×2
今回買おうと思った理由は、A面の『桜の木になろう』もいい曲だと思いますが、
個人的にCP曲のDIVAの『エリアK』が曲もPVも、
すっごくカッコよかったのでコレは買わねば!!と思い購入に至りました。
なので買ったのは初回限定盤Bだけです。
あ、初めて全国握手会イベント券も頂きました。
大阪あったら行きたいなぁ…。

ちなみに手を出してはいけないというのは、
変な意味ではなくて、
基本私は好きになると極めたくなるコレクター体質なので、
AKB48は各媒体での発売数が多くハマると恐らく自己破産してしまうので、
そういう意味で線引きをしているわけです、ハイ。
過去にもSMAP以外に特撮でもの凄いお金をつぎ込んだ経験があるので、
あの時と今では金銭面でも全然事情が違いますし、自重しないと。

とりあえず生きてますという近況まで。

次回はちゃんと身のある内容にしたいと思います。



comment 2 trackback 0
02.11
Fri
本当に今更ながらの紹介なのですが、
発売日が1週間延びたということもあり、
この隙にこそっと紹介させて頂こうと思います…ホントウニゴメンナサイ

私がボーカロイドというものにハマるきっかけを作ってくださった、
ジミーサムPの2ndアルバム『Unplugged Stray』が、
3月2日に発売されます。

1stアルバム以降に発表された曲だけではなく、
ボカロ処女作である「Four Signals」や、
前作で惜しくも収録されなかった、
「Vision」「Birth in Heaven」「2」「Song for New Days」なども収録されていて、
最近ジミーさんに興味を持たれた方も、
昔からジミーさんが好きな方も新旧合わせてどちらも楽しめる珠玉の1枚となっています。
個人的には「Vision」と「2」が大好きなので、
ニコ動に投稿されているものからどれぐらいアレンジされているのかwktkです♪
あと、寒音ジミ君が…ジミ君が驚くべき変化を遂げていて茶吹きました(笑)
加えてメジャーレーベルからの発売おめでとうございます♪

というわけで、気になられた方は是非こちらのクロスフェードをご覧下さいませ♪






では最後に改めてCDの詳細を。

◆発売日 2011/3/2
◆価格 2625円
◆発売元 ソニー・ミュージックダイレクト

◆収録曲一覧
1. Radio (is) active... (寒音ジミ)
2. 2 (初音ミク)
3. Room 206 (初音ミク)
4. Pierrot (初音ミク)
5. Four Signals (初音ミク)
6. Vision (初音ミク)
7. Euthanasia (巡音ルカ)
8. Birth in Heaven (初音ミク)
9. Song for New Days (初音ミク)
10. Genesis (初音ミク・巡音ルカ)
11. No Logic (巡音ルカ)
12. Midnight Addiction (初音ミク)
13. Starduster (初音ミク)
14. Unplugged Stray (寒音ジミ)


Unplugged StrayUnplugged Stray
(2011/03/02)
ジミーサムP

商品詳細を見る




comment 0 trackback 0
02.09
Wed
ブログ更新サボってゴメンナサイ(´・ω・`)
アメブロでは時々ブログネタや生誕祭の記事を更新していたのですが、
コチラでは全く音沙汰なくて申し訳ないです。
色々と深く考えてしまったのが問題なので、
これからはちょっと気になる動画を見つけたり、
いいなと思う商品(作品)を見つけたらどんどん紹介していこうと思います。
元々はそういう趣旨のブログでしたしね。
と、いうわけで今回はアメブロで書いたブログネタをこちらに持って来ました。
ブログネタのお題は『大相撲は日本の国技?』というものでした。
それについて今世間を賑わせている八百長問題と合わせて書いてみました。
以下自分のアメブロから転記です。



私が小さい頃に見ていた相撲は、
千代の富士、若貴兄弟を始めとした日本人力士の方がたくさん活躍されていて、
まさに日本人が活躍する日本の国技という感じでしたが、
今の外国人力士がたくさん活躍する状態を見ると、
色々と考えてしまう部分がありますね。
外国人の方が悪いとかそういう意味ではなくて、
やっぱりこう…日本人としては外国人力士とライバル関係というか、
共に競い合えるレベルの日本人力士がもっとたくさんいてほしいんですよね。
その為には何とか日本人の横綱が誕生するのが絶対必要ですね。
朝青龍対白鵬も盛り上がりましたけど、
貴乃花対曙の戦いの盛り上がりには欠けるんですよね。
最悪、日本人でなくても相撲に置いて横綱が二人必要なのは絶対です。

話は変わって、今世間を賑わしている八百長問題ですが、
批判されるのを覚悟で書きますと、
正直相撲界に八百長があることは報道があるずっと前から薄々感づいてましたよ。
でもそれありきでも楽しめたというか…、
試合を見ていて明らかに『これ、八百長だ!!』と見ている人に気付かせなければ、
あってもなくてもいいんじゃないかって思うんですよね。
まぁ、ただ個人的にもっと人情的な面が大きいのかと思っていたら、
金銭的な面が八百長に大きく作用していたことについては、
さすがにちょっと残念というか呆れましたけども。
しかし文明が発達してメールという便利な手段でやりとりができるようになったせいで、
逆に出所がバレて足元を救われたのは皮肉なものですね…。
昔は電話とか手紙とか処分してしまえばバレないような手段だったでしょうしね。

金銭的な件を少し置いておいて、
八百長そのもに関してはTVや芸能界なんかでも昔からよくあることだと思います。
いわゆる『やらせ』というやつです。
番組を面白くさせる為や出演者の機嫌やキャラクターを保つ為に必要悪なものですよね。
報道番組や健康番組でのやらせは時としてバレて制裁を受けたりしますが、
バラエティ番組、クイズ番組に置いては、
怪しいと思ってもそこまで深く考えずに見て楽しむのが暗黙のルールですよね。
(それが嫌なら端から見なければいい話ですし)
あと極端な話、浮気もバレなければ浮気にならないですしね(笑)

なので八百長があろうとなかろうと楽しめればそれでいいと思っていたっていうのが、
今の騒動の根底にあったと思いますよ。
報道キャスターやコメンテーターが、
『まさか八百長があるとは思いもしなかった』という意見をしているのを見て、
TVの前だし思ってても言えないのは分かるんですけども、
『うわー嘘臭い…( ̄∀ ̄*)』と思った私ですゴメンナサイ。
絶対心の中でちょっとはあるかもって思ってただろ!!と、突っ込みたくなるのは関西人の性。

で、やっと本題の国技かどうかという件ですが(笑)
とくに決められた規定や法律がない以上、
国技と思うかどうかは見ている人が決めればいいんじゃないでしょうかね。
例えば芸能界だって『国民的アイドル』という呼び名も特に規定はないじゃないですか。
でも多数の人がその人に対して『国民的アイドル』だと思えばそうなんですよ。
思わなければ『国民的アイドル?(´・ι_,・`*)プッ』ってなるでしょうし(笑)

なので相撲が国技かどうかは、
日本人の大多数が国技だと思えば国技でしょうし、
思わなければ国技じゃないということでいいんじゃないかと思います。



comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。