--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.26
Thu
昨日、AKB48選抜総選挙の速報が発表されました。
結果は以下の通りです。



第1位 AKB48 チームK 大島 優子 17,156 票
第2位 AKB48 チームA 前田 敦子 16,452 票
第3位 AKB48 チームB 柏木 由紀 12,056 票
第4位 AKB48 チームA 高橋 みなみ 8,833 票
第5位 AKB48 チームB 渡辺 麻友 8,582 票
第6位 AKB48 チームA 篠田 麻里子 8,016 票
第7位 AKB48 チームA 指原 莉乃 7,357 票
第8位 AKB48 チームK 板野 友美 6,596 票
第9位 SKE48 チームS 松井 玲奈 6,559 票
第10位 AKB48 チームA 小嶋 陽菜 6,534 票
第11位 AKB48 チームK 宮澤 佐江 5,157 票
第12位 AKB48 チームA 高城 亜樹 5,096 票
第13位 AKB48 チームK 峯岸 みなみ 3,931 票
第14位 AKB48 チームB 北原 里英 3,860 票
第15位 AKB48 チームB 河西 智美 3,102 票
第16位 SKE48 チームS 松井 珠理奈 2,843 票
第17位 AKB48 チームK 横山 由依 2,753 票
第18位 AKB48 チームB 佐藤 亜美菜 2,684 票
第19位 AKB48 チームB 増田 有華 2,201 票
第20位 AKB48 チームA 倉持 明日香 1,793 票
第21位 SKE48 チームKⅡ 高柳 明音 1,761 票

第22位 AKB48 チームA 仲川 遥香 1,571 票
第23位 AKB48 チームK 秋元 才加 1,502 票
第24位 AKB48 チームB 平嶋 夏海 1,484 票
第25位 NMB48 チームN 山本 彩 1,444 票
第26位 AKB48 チームK 梅田 彩佳 1,441 票
第27位 AKB48 チームB 宮崎 美穂 1,378 票
第28位 SKE48 チームS 須田 亜香里 1,139 票
第29位 AKB48 チームA 多田 愛佳 1,129 票
第30位 SKE48 チームKⅡ 秦 佐和子 1,118 票
第31位 SKE48 チームS 木 ゆりあ 1,053 票
第32位 AKB48 チームA 大家 志津香 904 票
第33位 SKE48 チームS 大矢 真那 885 票
第34位 NMB48 チームN 渡辺 美優紀 854 票
第35位 AKB48 チームB 佐藤 すみれ 852 票
第36位 AKB48 チームK 松井 咲子 814 票
第37位 AKB48 チーム研究生 大場 美奈 811 票
第38位 AKB48 チームB 小森 美果 792 票
第39位 SKE48 チームS 矢神 久美 779 票
第40位 AKB48 チームK 藤江 れいな 778 票



40位までの顔ぶれを見て、自分が予想したものとは、
順位は違えど、顔ぶれは8割ぐらい当ってるかなと思いました。
ちょっと比較してみたいと思います。

<予想に入れてなくて速報に入っていたメンバー>
山本 彩 須田 亜香里 木 ゆりあ 大家 志津香 渡辺 美優紀

<予想に入れていて速報に入っていなかったメンバー>
石田晴香 仁藤萌乃 菊地あやか 市川美織 山内鈴蘭

5人外れました。
以外だったのは、前回アンダーガールズ入りし、
なおかつその中でもそれなりに上位に付けていた、
はるきゃんと萌乃がランク外だったのことですね。
特に、はるきゃんは「チャンスの順番」で2位に入ったことで、
注目度も増し、今回の選挙でもアンダーガールズ入りは確実だと思っていたのですが、
……まだ速報とはいえ少し驚きました。
萌乃もMINTでの活動があるので、そこまで落ちないとは思ったんですけどね。
後、フレッシュレモンちゃんとあやりんも前評判があっただけに、
速報は入ってくると思ったんですけどね。

逆に、まさかのしゃわこが結構上の順位で入ってて、
テンチョモになりました(*゚∀゚*)ムホー!!
このまま40位以内に入るといいな……。
速報は追われる立場より追う立場の方が熱いので、
あまり上位じゃない方がいい気もしますが、
彼女の場合は今の順位なら40位以内も夢じゃない!!と思わせてくれたので、
いい方向に動くんじゃないでしょうかね。
同じくNMB48の二人に関しても同様。
さや姉は入ってくる可能性は考えていたのですが、
みるきーまで速報に載るとは……やっぱり吉本の力をなめちゃダメですね。
絶対にやらないでしょうけど、NMBファンの残りの票を、
全てさや姉に集めてしまえば選抜入りも狙える……かもしれません。

そしてそして、個人的に一番のサプライズだったのは、
しーちゃんが32位にランクインしたことですねヾ(≧∇≦)ノ
主は『AKBと××』を見ているうちに、彼女がとても好きになりまして、
予想に入れるか入れまいか、最後まで悩んだのが彼女でした。
……やっぱ入れておいて正解だったのか。
頑張りやさんの彼女を見てると誰でも好きになりますよね( ´∀`)
人気上がったのも納得です、ハイ。
彼女もこのまま40位以内になんとかキープしてもらいたいな。
ああいう子がもっとピックアップされるべきなんですよー(´;ω;`)

あくまでこれは速報であって、まだ全体の票のほんの一部でしかありません。
どこかのニュースではこれが中間発表とか言ってましたけど、
中間どころかほんの序章でしかないのです。
そして今回は、前回、前々回と違い中間発表がないので、
この速報でしか様子を伺うことがしかできない分、
誰かが危なさそうだから誰かに票を回そうといったことが少なくなると思います。
個人的にそれはそれでいい気もします。

最後に、やはり自分の推しメンである才加さんのことに触れますと、
個人的には……あくまで個人的には、思っていたよりは速報でいい位置に付けたと思います。
心無い人達はこの順位でもまだ何か言っていると思いますけど、これが現実ですから。
毎回、才加さんはスロースタートなので、あまり心配はしていません。
少なくとも40位以下に落ちることは、この時点で限りなく0だと思いますし。
彼女が選抜に入りたい!!という強い思いを、
もっとファンに遠慮なくぶつけてくれれば動くファンも多いと思うんですけど、
彼女の性格上、それができないのも重々承知しています。
ただ、皆に申し訳ないって思うのだけは、それは違うよってブログのコメントにも入れておきました。
どのファンでも同じですけど、お金を使って投票するのは、
その人に日頃TV等のメディアやそれぞれの劇場で貰った愛を、
今度はこちらからその愛を返す為に票を投じているのですから。
貴方にお金を使うということは貴方のことを応援しているからで、
今後の貴方の活躍を願って投資しているのです。
だから申し訳ないと思わないで、
笑顔で日々のお仕事を頑張って皆に愛を届けて欲しいと思うのです。
それがファンにとって何より嬉しい事ですから。

まぁ、まだ私はファンになって浅いので、
才加さんにはあまり投資できてませんけどね……。
SMAPには相当使った……いえ、未だに使ってますけど、
後悔したことは一度もありませんよ( ̄∀ ̄*)イヒッ
関ジャニ∞も少しずつ大きな仕事を貰えるようになってきて、
投資した甲斐があるというものです…(´;ω;`)

以前、今回の総選挙は何の意味も無いものだと書きましたが、
総選挙をやることに対して意味が無いのではなく、
総選挙の順位に意味が無いという意味で書いたのですが、
ちと伝わりにくかったかなと反省。
総選挙の順位が何位になろうと自分にとっては1位には変わりないのですから。
それを否定することも笑いのネタにすることも個人的には不快でしかありません。
対してAKBに興味も無いTV局がいたずらに順位だけで、
いじったり、何かを決めたりすることだけは危惧していますけどね。

普段、ジャニーズネタが多い中で、
最近は立て続けにAKBネタを書いているので、
正直ブログの反応が恐い部分がありますが、
基本アイドルオタの自分なので興味ない場合は、
そっと目をつぶって回れ右して頂けたら幸いです。



AKB48総選挙公式ガイドブック2011 (講談社MOOK)AKB48総選挙公式ガイドブック2011 (講談社MOOK)
(2011/05/13)
FRIDAY編集部

商品詳細を見る



スポンサーサイト

comment 4 trackback 0
05.25
Wed
いよいよ本日『Everyday、カチューシャ』が発売ですね。
ということは同時にAKB48第三回選抜総選挙も始まるということで、
ファンなら誰もがやっているであろう選抜総選挙の予想をしてみることにしました。
主としては選抜総選挙を経験するのは2回目なのですが、
前回の時はまだまだ予想するにも、
AKBのメンバーでも半分ぐらいしか分からなかったし、
SKEなんてW松井以外はさっぱりだったので予想なんてとてもでしたが、
1年と半年以上勉強したおかげで、だいぶAKBにも詳しくなり、
SKEも主要メンバーは覚えられてきたので初の選抜総選挙予想をしてみたいと思います。

最初に言っておきますが、
あくまでも一個人の予想ですので、

『えええええぇぇぇ!!ありえねぇー!!!(´・ι_,・`*)プッ』

と、思われる方もたくさんいると思います。
むしろ主以外は誰もがそう思う予想にしてみました。
なんかむしゃくしゃしてやった、こうかいはしていない(・A・)
最初はちゃんと予想してたんですけどね。
色々なデータを見たいと思って調べてる中で、
あまりにもスキャンダルを起こした面々に対してのアンチ攻撃が
凄まじかったものですから、私の中の何かが弾けたようです\(^o^)/頭パーン

や、一応ちゃんと各種データに基づいて予想してます。
メディア選抜に関しては上記の件は影響しないので触ってませんし。
と、いうわけで長い前置きごめんなさい。
以下、40位までの予想です。




(メディア選抜)
 1位 前田敦子
 2位 大島優子
 3位 篠田麻里子
 4位 板野友美
 5位 渡辺麻友
 6位 高橋みなみ
 7位 柏木由紀
 8位 小嶋陽菜
 9位 松井玲奈
10位 松井珠理奈
11位 宮澤佐江
12位 高城亜樹

(以下選抜メンバー)
13位 指原莉乃
14位 河西智美
15位 峯岸みなみ
16位 北原里英
17位 秋元才加
18位 佐藤亜美菜
19位 横山由依
20位 倉持明日香
21位 宮崎美穂

(以下アンダーガールズ)
22位 多田愛佳
23位 増田有華
24位 高柳明音
25位 仲川遥香
26位 小森美果
27位 石田晴香
28位 平嶋夏海
29位 佐藤すみれ
30位 大場美奈
31位 梅田彩佳
32位 松井咲子
33位 仁藤萌乃
34位 菊地あやか
35位 大矢真那
36位 市川美織
37位 藤江れいな
38位 矢神久美
39位 山内鈴蘭
40位 秦佐和子




総ツッコミをくらう順位がちらほらありますが、
とりあえず予想だけ、速報が出る前にと思ったので書いてみました。
上記の予想になった理由は、後日追記したいと思います。


【6/5追記】

速報も出ましたが、あえて予想は変えずそのままにしました。
と、いうわけで理由ですが、
まず1位と2位から。

前回の総選挙では、優子が1位を獲得し念願のセンターに選ばれたのですが、
当時は今ほどTVでの露出が高くなかった(気がする)中で、
大逆転で1位を獲れたのは、やはりあっちゃんに対するアンチの票が、
優子にいくらか入ったからだと推測します。

あっちゃんへのアンチというか、元を辿れば秋元氏へのアンチになりますけども(苦笑)
あっちゃんセンターが絶対政権の中で、
絶対に一度は引き摺り下ろして、
別のメンバーがセンターになる姿が見たい!!と、いう思いが、
ファンの中に渦巻くのは当たり前のことだと思います。
誰だって自分の推しメンが一番ですから。

前回の総選挙で1位を獲ったことで、
優子のTVでの露出は以前よりも格段に増え、
歌番組やバラエティ番組に出演し発言する量も増えた為、
ライトファンからの人気も一気に増えて、
今ではあっちゃんと充分肩を並べる人気を獲得したと思います。
ただ、前回あっちゃんが2位になったことで、
あっちゃんファンもかなり本気出してくると思うんですよね。
やはり追われる立場よりも追う立場の方が勢いを感じます。

なので1位にあっちゃんが返り咲くと予想。
あくまで予想であって理想ではないです。

3位と4位については、女性票を多く獲得するであろう2人にしました。
以前、「桜の木になろう」の握手会に参加した際の握手会の列を見ても、
1位と2位の二人を除けば、この2人に女性ファンが多く集まっているように見えました。
なおかつ麻里子様の方が、男女ともファンの年齢層が高いと思うので、
その分、CDを複数枚買っているor買えるファンの割合も多いかなと思い3位にしました。

5位と6位も前回と変わらずこの順位。
ここも基盤がしっかりしているのであまり順位変動はしないと思いました。
まゆゆは写真集の売り上げもかなり良かったですし、
少しTVでの露出が少ないのが、たかみなと比べてどうなるかなぁ…とは思いましたが、
渡り廊下走り隊での活動やCMで新たなファンも獲得したと見て5位に。
たかみなは、前回の記事で書いたとおり6位より下がったら、
AKBは舵取りを間違え始めたんだな…と思うことにしております。
AKBが、このままただのアイドルで終わるのか、
それとも今までとは全く違うアイドルになるのか、
AKBの未来は、たかみなにかかっていると言っても過言ではないかもしれません。
小さい体にそんな大変なもの背負わせちゃうのは悲しいことなんですけどね。
ホントは、各グループのキャプテンで役割を1/3ずつ分け合えれば一番なのですが、
どうも運営側は、それをさせてくれないというか、
そういうふうに持っていかせないような雰囲気が伝わってくるんですよね…。
あくまで個人的に思ってることなのでスルー対象でお願いします。

7位と8位は、あくまで希望です。
前回、1位と2位がひっくり返るサプライズがあったので、
今回サプライズがあるとしたらコレかなーと思いました。
前回の速報から順位を上げてきた根強いこじはる人気を見た感じでは、
入れ替わるのはちょっと難しいとは思いますけどね。
唯一、神7が入れ替わる可能性があるとしたら、こじはるとゆきりんかなと思い、
希望的観測を込めてこう予想してみました。
決して主がこじはるに悪意を持っているわけではございません。
と、いうかむしろ好きなメンバーです……なのにゴメンナサイ。・゚・(ノД`)・゚・。
きっと8位って予想したほうが7位になるんですよ。

9位と10位はSKEからW松井。
前回は大逆転かつ僅差で玲奈ちゃんをかわした珠理奈ですが、
さすがに今回はSKE自体のファンも増えた中で厳しくはなると思います。
うーん……個人的にはどっちも同じぐらい好きなので、
順位が付け辛いのですが、逆転した方が盛り上がるだろうということで予想しました。
もし今回、珠理奈が負けることがあっても、
それはエースとして乗り越えなくてはならない試練だと思って、
是非、そこから這い上がって一回り成長した姿を見せて欲しいですね。
べ、べつに負けるの前提で話してるわけじゃないんだからね!!(・ω・;A)フキフキ

11位は、先日のDiVAのイベントを見て、さえちゃんにしました。
TV・雑誌等でのメディア露出は上位のメンバーと比べて少なくても、
確実に人気は獲得してるなーと思いました。
ホント、列が一人だけ異常事態になってましたからね。
加えて、天真爛漫でゲンキングなイケメンガールは、
女性からの支持も非常に熱いです。
が、11位にしたのは、SKEの人気が高騰したのと、
女性人気は確かにあるのですが、CDの購買層と年齢層が若干合ってない気がしました。
凄くいいことなんですけど、同じ女性人気でも麻里子様やともちんと違って、
小・中学生の女子から人気が強いと思うんですよね。
なので、投票数にはそれほど影響しないのかなと思ったり。
1人1票の投票なら、確実にSKEの二人より上に来ると思いますが。

そしてメディア選抜ボーダーラインの12位は、
ホントなら、今もっとも勢いに乗ってると言っても過言ではない、
さしこにしようと思ったのですが、
さしこが12位になったら、今のキャラがただの嫌味になって、
全然面白くないということで、ネタとしておいしいポジションの13位に←ヒドッ!!
と、いうのは半分嘘で(笑)
あきちゃはフレキス効果と上位とかぶらない独特なキャラで、
人気は昨年より更に上がってると思いますし、
何より前回僅差でメディア選抜入りを逃したこともあって、
ファンとしても今回こそは!!という気持ちが強いと思います。
なので、12位に予想させて頂きました。

とりあえず、長くなったので予想した理由は12位までとしました。
あとは、何となく察して頂けたら幸いです。

あっちゃんを1位に予想したとはいえ、あくまで個人的には、
あっちゃん以外のセンターも、やっぱり見てみたいのが本音です。
先日、Mフェアでまゆゆがセンターバージョンの、
エビカツを見て凄く新鮮でいいなーと思いましたからね。
AKBが有名になる前なら、誰か1人がAKBの顔となって、
知名度を上げるという戦法も理解できるのですが、
ここまで(AKBという名前だけでも)有名になれば、
もう……いいんじゃないかな。
個人的には選抜メンバー固定も首をかしげるとこなんですけどね。

この辺の話はまた長くなるので、別の機会があった時にでも。
6/9に結果が発表されるわけですが、
一つだけメディアに対して言いたいことは、
この選抜総選挙が一体何人でやっているかぐらい報道してもいいんじゃないかな。
興味ない人からすれば、48人の中で順位を付けてると思っているので、
40位=下の方の人気 と、揶揄されているんだろうなと、
時々TV番組で順位のことがネタにされているのを見て感じました。
十何位でもバカにされてましたからね……(´・ω・`)
100人以上いる中で十何位ってかなり上位なのに……。

ちなみに今回は150人の中での戦いです。

AKBに興味ない方も、それだけは知っていて欲しいなと思いました。



comment 0 trackback 0
05.23
Mon
先に書いときます。
今回のブログは恐ろしく長文です。
2分割しようと思いましたが、何となく分けたくないと思ったのでそのままに。
最低10分は時間に余裕がある時にお読み下さい(苦笑)
あと、レポというのは仮の名前で苦情とファンレターな内容ですので、
詳細なレポが読みたい方は、別のブログを見て来て下さいませ。
ではでは、はっじまるよーv( ̄Д ̄)v ブイッ

昨日は7年ぶりぐらいに、
大阪の千里セルシーに行ってきました。

目的はただ一つ。

千里セルシーで行われる、
DiVAのミニライブ+ネームカード交換会のイベントに参加する為です。
もとい、主の推しメンである秋元才加さんに会いたい為とも言います(笑)

主は大阪住みなのですが、
それでも千里セルシーは明後日の方向にある為、
着くのに1時間はかかりますし、
何より駅までの道中、途中で路線が変わるからという理由で、
別途追加料金をごっそり取られる仕様の為、
地下鉄なのに交通費がハンパないこともあって、
5月6月はCDや雑誌への出費が凄いことになっていることも考え、
DiVAのCDは買っていたものの、イベントに参加するかどうかは、
ギリギリまで悩んでいたのですが、
もうすぐ発売されるAKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」の、
全国握手会イベントの大阪の日程を見る限り、
DiVAのメンバーは東京で握手会があるので、
大阪でのイベントには絶対に参加しないことが判明した為、
この機会を逃すと、当分また才加さんに会えないかもしれないと思い、
千里セルシーのイベントの参加決意を固めたわけです。

コンサートでも何でもですが、
イベントの前日は眠れない病にかかる主なので、
ネームカードを書く作業や、着ていく服やカバンの中を整理していたら、
結局なんやかんやで深夜3時を軽く回っていました(苦笑)
イベントは9時から整理券配布なので、
遅くても5分前には間に合うように計画している為、
7時には起床ということで結局3時間ちょっとしか眠れませんでした。
……いつものことですがどうやったらこの病気治るんでしょうか(´・ω・`)

眠い目をこすりながら、チャリンコに乗り、
電車に揺られながら千里中央駅に到着。
……あれ、何か人少ない(´・ω・`)

千里中央には行ったことがあっても、千里セルシーには行ったこと無いので、
事前に場所調べたら、駅の出口すぐそこって書いてあった為、
「これなら人の流れに乗れば大丈夫だろ」と思い、
詳しくは調べてなかったのでちょっと焦りました(・ω・;A)フキフキ
回り見渡しても人が見つからない∑(゚Д゚)
とりあえず駅の周りをぐるーっと回れば建物見えるかなと思い、
半周ぐらい回ったところで看板発見。
ほっとして入り口にむかったものの、今度はイベント広場の場所が分からないという罠。
今度からは、もうちょっと詳しく調べてから行こうと反省。
で、イベント広場を見つけたら、そこには人!!人!!人!!∑(゚Д゚)

やっぱりイベントは始発で行くのが常識なのか。
まぁ…主も若い時は映画の舞台挨拶の整理券貰うのによくやりましたけど、
もうこの年になると体力が着いて来ないです(´・ω・`)

で、列に並んで1時間ぐらいで整理券をゲトー。
整理番号は2000番台。
パッと見た感じより人数多くてビックリでした。

整理券を貰ったので、
女性・子供用の優先観覧席と書かれている地点に移動。
が、もう既に結構な人数が並んでいた為、
その場所に並んでも主の身長では全く何も見えないという罠。
ステージの高さを確認してもあれぐらいの段差じゃ恐らく意味が無い。
2階まで上がろうか悩みましたが、せっかくだし近くで見たいなーという思いに動かされ、
辛うじて辿り着いた観覧席の一番端の席に陣取りました。
端なら何とかスピーカーに邪魔されつつも隙間から覗くことができるのを確認して安心。

が、本当の試練はココからでした。

10時には席を確保したので、イベントが始まる12時半まで2時間半あるわけです。
この間、屋根の無い場所で絶好の晴れ日和を通り越した炎天下の中、
立ちっぱなしでイベント開始時刻まで耐え続けなくてはいけません。
前回の京セラドームの握手会は2時間歩きっぱなしとはいえ、
その後、ドーム内に入れば座って休憩できましたし、
なにより屋根があったので、奪われた体力を回復する時間があったのですが、
今回はそれができない為、イベントまで自分の体力が持つのかちょっと心配になったり(苦笑)
水分補給したくても、あまり水飲み過ぎるとトイレ行きたくなりますからね…。

そう、今回一番問題だったのは、
一度場所を確保したらそこから動くのが非常に困難ということです。
決められた席がなく、自由席という名の立ち見席なので、
数人で来ているなら、トイレなりグッズなり場所を移動したい場合は、
友達に自分の席を確保しておいて貰えればいいですが、
一人で参加の場合はそれができない為、全く場所を動くことができません。
隣の人がいい人なら、お願いすることもできますけど、
必ずしもいい人とは限りませんからね……(´・ω・`)

例え、確保してもらえたとしても、
後ろの方ならまだしも、前列の方は人の波をかき分けなくては行けないので、
行って戻ってくるのもかなり一苦労だし、迷惑がかかります。
待ち時間が少なければ問題ない仕様でも、
今回のように長時間待たなくてはいけないイベントでは、
この仕様はちょっと…特に女・子供には大変だと思います。

11時頃に一度、DiVAのメンバーがステージ上に現れて、
ミニライブのリハーサルをファンに見せるという嬉しい試みが。
やっぱり実際にメンバーを目にすると、足の痛みもすーっと消えて無くなりますね。
少しの時間でしたが、このサービスがあるのと無いのとでは大違いだったと思います。

リハーサルが終わり、ステージ上からメンバーが退出して、
再び待ち時間に入ったのですが、
イベント開始時刻になっても始まりません。
前回の握手会の時もイベント開始時刻から大幅に遅れたので、
ある程度予測はしていたのですが……今回はちょっとスタッフ側に問題点が。

前回の握手会の時は、
イベント開始時刻に司会の方から挨拶があり、
予想外の人数が集まり、まだ会場に入れないファンが多数いる為、
イベント開始の時刻が遅れるという報告がされました。
なので、そういうことなら仕方ないなーと思うことができました。

しかし今回のイベントでは、
司会の方から、そういった報告が全くなく、
というか、挨拶すら何もない完全な放置プレイ状態でした。
私の目の前にちょうどスタッフの方が集まっているテントがあったので、
何の報告もしないで、へらへら笑って談笑しているスタッフを見て、
正直、腹立たしく思いました(`・ω・´)

イベント開始時刻が遅れるのは諸々事情があると思うので仕方ないと思うんですよ。
でも、それを報告する義務はイベント開催側にあるんじゃないかな?
本人に会えるイベントを開催してやってるんだから、
ファンは黙って待つのが当たり前とでも思っているのでしょうか?
んー……それはちょっと違うような気がするんですよね。
特に今回はデビューシングルということもあって、
宣伝も兼ねているのですから、もう少しちゃんとした対応を取ってもらいたかったですね。

と、いう思いを抱きながらモヤモヤしていたら、
私のちょっと後ろにいた男性ファンの方がスタッフの方に、

『イベント開始時刻から結構遅れてますよね。まだ始まらないんですか?
 遅れてることについて、ステージに立ってちゃんと説明したほうがいいんじゃないですか?』

と、言っているのを聞いて、自分と同じ気持ちの人がいたのにホッとしました。
まだまだ自分はAKB新規ファンなので、
こういうことを思うこと自体がおかしいことなのかと思ったりもしたので、
その方が言ってくれたことで、
『あ、自分の考えはおかしいわけじゃないんだ』と安心しました。
(その人も新規ファンだったらアレかもですが)

AKBはもとより、女性アイドルのイベントに参加するのは今回で2回目なので、
自分の中の基準が、ジャニーズや特撮のイベントに基づくものなので、
女性アイドルはまた別なのかなーと考えることがしばしばあるんですよね。

ただ、その男性ファンからの忠告も虚しく、
やはりスタッフ側からの説明は全くないまま、時間だけが過ぎていき、
イベントが始まったのはHPに記載されている開始時刻から30分後のことでした。

何の説明ないのも腹立たしかったけど、
Twitter上で『ちょっと遅れますがもうすぐ始まりますよー!』と、
スタッフがコメントを出していたのを、帰宅してから見て更にイラッ☆としました。
注意されたから逆切れですか?
大体そんなツイートしても、会場にいるファンには見られへんやないか!!(#゚Д゚)ゴルァ!!

遅れてることに対しての報告は全くしないくせに、
ファンへの注意事項はしつこいぐらい何度も何度もアナウンス。
「もう少しで始まります」という発言を何度聞いたことやら。
そんな状態だから携帯出すのも注意されそうで躊躇われる状況で、
どうやってツイートを見ろと。

以上、ここまでがスタッフに対しての怒りの報告でした(苦笑)
まぁ、今回はAKB側というよりエ●ベックス側のスタッフの問題だと思うので、
色々難しいところはありますけどね(´・ω・`)

で、肝心のイベントの方は、とても楽しかったですヾ(≧∇≦)ノ
ミニライブは計3曲あって、

「月の裏側」
「Fade out」
「Blue rose -DiVA ver.-」

を、素晴らしいパフォーマンスで魅せてくれました。
隙間からしか見えないので全体的に見ることはできなかったのですが、
自分の席からは、才加さんがやや遠目ですが結構見れたので満足。
「Blue rose -DiVA ver.-」は、
思ったとおり、CDで聞くよりもパフォーマンスも込みの方が、
何倍も良い曲に思えました。
どうしても原曲のロックな感じが好きだったので、
最初は違和感が拭えなかったのですが、
ダンスがそこに付属すると、これはこれで全然アリだと思えるから不思議。

ミニライブの後は、AKB初の試みであるネームカード交換会ですが、
ここでまたちょっとイラッ☆としたことが2つ(笑)

その1
何番から何番までの整理券を持つ方お並びくださいというアナウンスと、
ステージ上でネームカード交換会の説明を(流れを)同時に紹介していた。
私がいた位置からは両方のマイクがかぶって何がなにやらさっぱりでした。
どっちか空気嫁。

その2
用意してた曲、一つじゃなかったのかよ!!∑(゚Д゚)

ツッコミの内容について詳しく説明致しますと、
ミニライブが始まる何時間もの間、
ずーっとかかっていた曲は「月の裏側」のリミックスバージョンでした。
(多分、劇場版CDに収録されてるやつですかね?持ってないのでわからないのですが)
どんなに好きな曲でも、何時間も同じ曲をひたすらリピートされたら嫌になるっちゅーねん!!
ましてや炎天下の中での長時間立ちっ放しの中でのコレは、
体力だけじゃなく精神的にも結構キツかったです。
まぁ、宣伝の為だし仕方ないのかなーと、思ってたところに、
いざ、ネームカード交換会が始まったら、
原曲やら他のCPの曲やら全部ローテーションでかかった件。
何故最初からそれをやらなかった…(#^ω^)
一つの曲流されるのと複数の曲ローテーションされるのとでは、
精神的負担も全然違うっつーの!!
特に主の場合、CD1種類しか買ってないから、他の曲聞けるのは嬉しいし、
曲良かったら、他の種類も買おうかなと思う気にもなるじゃないですか。
個人的には小室さんが作った曲はかなりツボでした。

そんなスタッフに対してイラッ☆としつつ、
番号が呼び出されるまで待っていると、
才加さん・佐江ちゃん組の列が大変なことに……。
急遽、二組ずつ列の入り口を分けていたところを、
佐江ちゃん単独列と他3人に分けることに。
それでも長蛇の列は解消されることなく、佐江ちゃんのみ整理番号の呼び出しも3人とは別々に。
さすが選抜常連組ですね。人気をまざまざと見せ付けられた気がしました。
とにかく、若い小中学生から大人まで女の子ファンが多かった。
イケメンガールの名は伊達ではないですね。
女の子の応援スタイルがジャニーズとかぶってるのも特徴。
(お手製うちわ作ったり、イッピ袋持ったり等)
※イッピ袋とは、無地の袋に自分の好きなアイドルの切抜きを大量に貼ってある袋のこと。

あくまで今回のイベントに限りの話ですけど、
才加さんは女性ファンの割合が多いのかと思ったら、
そうでもなかったのが意外でした。
おそらく、ゆったんの方が女性ファンの割合が多かった気がします。
(大阪凱旋ということも影響していると思いますが)

待っている間にどんな感じかなーとステージ上を見ていたら、
結構メンバーがまじまじとネームカードを見ているのを見て、
『えっ!!そんなにじーっと見られるの!?』と、かなり焦りました。
私……字があまり綺麗じゃないので(´・ω・`)
何せ書道8級の腕前ですから( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン
あと……ちと持病のせいで罫線が引いてないと字が右肩上がりになるし…てかなったし。
むぅ、憧れの人から羞恥プレイに会うなんて…うぅぅぅぅ。

番号が番号だけにまたしても炎天下立ちっ放しプレイでしばらく待った後、
自分の番号の呼び出しが来たので一目散に列の入り口まで並びに行きました。
3人の列はスムーズに解消されていたのですぐに整理券渡して才加さんのレーンに向かうと、
迅速に並びすぎた為、前に人が2人しか並んでいないという状況。
すぐに順番が回ってくるのはいいけど、気持ちを落ち着かせる時間がないという状況に。
更に、自分の前の人が他の人に比べて、やたら早く(そう見えただけかもですが)
一連のやりとりが終わったので完全に頭がメダパニ状態に。
で、そんな中、自分の番が来て才加さんと初めて目が合ったのですが、
その瞬間、完全に頭と体がフリーズ。



……美しすぎる!!∑(゚Д゚)


『テレビで見るより●●ですねー』という言葉がありますけど、まさにそれ。
や、テレビでも美人さんですけど、実物は超絶美人さん(*´д`*)

そんなフリーズ状態の中、なんとか才加さんの目の前まで辿り着くと、
まずは才加さんの方から、
『こんにちはー☆』
と、笑顔で元気に挨拶してくれました(*´∀`*)
あああぁぁ…でもその笑顔で更に私の思考回路はショート寸前に(爆)
『こ、こ、こ、こ、こんにちは……(゚Д゚)』と、テンパリながらなんとか小声で挨拶を返すのが精一杯。
この場を今すぐ逃げ出したくなる衝動に駆られながら、
手に持ったネームカードを才加さんに手渡す。
もう、ちゃんと両手で上手く渡せてたか記憶も無い(苦笑)
ここからは薄れゆく記憶の中、かすかに覚えてたことを書いているので、
一部、フィクションかもしれません。

主が渡したネームカードを、じーっと見て、
『志音さん(ハートマーク)』と、名前を呼んでくれました。←ハートマークは妄想

そう、ネームカードということで自分の名前を書いてたんですね。
最初は本名を書こうかと思ったのですが、
もしかしたら名前を呼んでくれるかもしれないと1割ぐらい思ったので、
その際に、本名だと語呂的にちょっと読みにくいかなと思ったのと、
ブログのコメントや、Twitterでリプする時には、
志音の名前を使っているので、そっちの方がいいかもとふと思ったわけです。
なのでカードには志音と記載しました。
まぁ、本名でも志音でも、そんなに名前変わんないですから。

で、クルっとカードを裏返しにすると、
『わー!たくさん書いてあるー☆ 嬉しいー(ハートマーク)』←ハートマークは(略)
と、笑顔で言われて、やっとショート回路していた脳が少し回復。
『あ、なんかネームカードというより、ファンレターみたいになっちゃって申し訳ないです…』
と、やっと自分の言葉が口から出ました(苦笑)
するとそれに対して、
『ううん、嬉しいー。ありがとう。後でじっくり読ませてもらいますね(ハートマ(略))』
そして、ここで才加さんからネームカードを受け取る。
ちゃんと両手で礼をして受け取れたか記憶が無いので心配…。
ここでも何か言ってもらえたんですけど記憶が完全に欠如。
最後にもう一言話せる時間があったので、
『ずーっと応援しているので頑張ってください』
という、ごくごく普通な言葉だけど精一杯心を込めて伝えると、
『ありがとうございます。頑張ります!!』と、満面の笑顔で返されKO
笑顔で両手を振り合いながらイベント終了。

もう……何か燃え尽きた、いや萌え尽きた。
最初、握手ができないということで、ちょっと残念だなと思ったんですけど、
名前呼ばれたり、何より握手会よりずっと話をする時間が長くて、
コレはコレで素晴らしいイベントだなと思いました。
特に名前呼んで貰えるのはより思い出に残るんじゃないですかね。
あと、ネームカードそのものが手元に残りますし。
あ、ちなみにメンバーとの握手会はなかったけど、
戸賀崎さんとの握手会はありましたよ(笑)
私は参加しませんでしたが。←コラッ!!

でも、ホント綺麗だったな…才加さん。
そればっか言ってますけど、ホント綺麗だった(*´д`*)
昨年から今年にかけて色々と苦しい壁が才加さんの前に立ちふさがったけど、
そこから逃げずに乗り越えたからこそ、より一層、人間としての美しさに磨きがかかり、
今のあの美しさがあるんだなと思いました。

色々スタッフ側に文句ばかり書いてきましたが、
イベントに参加してホントに良かったなと思いました。
文句はもう……仕方ないですよ。
AKBに限らず私は基本毒舌人間ですから(苦笑)
書いてる間はまだ見限ってないってことですから大丈夫です( ̄∀ ̄*)イヒッ

総選挙も近くなって、ファン同士でネガティブキャンペーンが始まり、
個人的にちょっとしんどい気持ちになっていたところだったので、
イベントに参加したことでハッキリ気持ちを切り替えることができました。
参加する前日も気持ちは切り替わっていましたが、
それが間違ってないんだと更に気持ちを強く固めることができました。

なのでハッキリ言ってしまいます。

今までの過去2回の総選挙と違い、
今回の総選挙は何の意味も無いものだと思います。
頑張る彼女達に意味が無いと言ってるわけではなく、
それぞれのメンバーが何位になろうと意味が無いという意味です。

大体これほど人気が出た状況で総選挙をやっても、
メディア選抜組とそうじゃないメンバーとでは、
あまりにも埋められない差が出来すぎて何をやっても不可能ですからね。
そりゃそうです。最初は誰だってテレビや雑誌に出てる人から入りますもん。
かくいう私でも、動画を見て才加さんが気になって、
そのすぐ後に運良くTV番組で活躍する才加さんを見たことで推しメンになったわけですから、
やはりメディアの力は絶大です。
なかなかそこから掘り下げて、メディア露出は少ないけど、
劇場で輝いてるメンバーを発掘するとこまでは、
よほどAKBという媒体そのものにハマらない限りは難しいと思います。
新規のファンの中で公演曲まで知っているファンが何人いるんだろうとふと思ったり。
良くないことですが、動画サイトで曲なり、今までのAKBの歴史なりうpされてますから、
せめて一通り曲を聞いたり、これまでの歴史を見てから語ってほしいものですね。
ネガティブキャンペーンでのメンバーへの悪口は、
これまでのAKBを見てきたファンなら絶対そんなこと思わないような内容ばかり。
こういうファンがグループそのものの評価まで落として、
食いつぶしていく気がして心配になります。
ジャニーズでも経験してますからね……(´・ω・`)

まぁ……私も劇場公演を見に行ったことはないですし、
曲で言うと「言い訳Maybe」からのペーペーなファンですから、
偉そうに言う資格はこれっぽちもないんですけど、
アイドルファン暦は結構長いので一応釘刺し。

話を戻して、だから例え才加さんが何位になろうとも、
私はずっと才加さんを応援し続けますし、
今後、どのような決断をしても、
……極端な話、AKBじゃなくなっても応援し続けます。
DiVAとしてはこれからも長く活動して欲しいですけども。

どうやら自分は、AKBの秋元才加ではなく、
秋元才加という人間を好きになったみたいです。

ちなみに性別とか超越して人間として好きになった人は、これで二人目。
一人目は言わずもがなSMAPの中居さんですけど(笑)

自慢じゃないですけど、あんなに有名になる前からというか、
今や紅白の司会までこなす程の大役を任せられる前から、
この人はスゴイ人になると中居さんに目をつけていた主なので、
人と才能を見る目には自信があると……多分思います←コラッ!!

きっと将来、色気ムンムンな(笑)素敵な女優さんになると予言。
個人的な理想としては歌も演技もできる女優さんですけども。
才加さんの表現力のある歌い方が凄く好きなんですよね。
あと色気のある声質も。
歌の上手さならAKB内でも才加さんより上手い人がちらほらいますけども、
表現力に関しては1番なんじゃないかなと思います。
いいんです。贔屓目だと言われても。
でも、それは年齢の差がやっぱりありますからね。
表現力だけはどうしたって年を重ねて色んな経験を積まなければ身に付きませんから。

そういう意味では、今現在「新堂本兄弟」にレギュラー出演しているたかみなは、
凄く恵まれた環境にいると思います。
あそこで得た経験は彼女がソロ歌手と成功する為の糧に絶対なりますからね。


総選挙の順位がどうなろうと、
今後、彼女がどんな道を歩もうと、
才加さんに渡したネームカードにも書いたメッセージですが、
『さやかがさやかで在り続ける限り私はずーっとさやかを応援しています』


これはあくまで個人的なAKBに対する思いですけど、
もし今回の選挙で才加さんが選抜落ちをしたり、
たかみなが前回よりランクダウンしたら、
AKB48という媒体に対しては今後あまり期待しなくなると思います。
AKBには、たかみなや才加さんのような存在は絶対に必要です。
んー…この件に付いて書くと、更に長くなること請け合いなので、
次回、第三回AKB選抜総選挙の予想を書く時に合わせて書いてみたいと思います。
あくまで、ぺーぺーの意見なので、
昔からAKBのファンをされている方にはつっこまれるような内容になりそうですが(苦笑)
自分なりの……これまでのいわゆるジャニオタ(笑)として見てきた経験から、
ちょっと違った視点で書いてみたいなと思います。

……なので、オラにブログを書く時間をくれー!!(泣)

誰か私の代わりに、ドラゴンボール集めて来てください(切実)←古っ!!



comment 0 trackback 0
05.10
Tue
現在発売中の「MEN'S NON-NO 6月号」は、
SMAPが表紙&巻頭特集です。
本屋さんが近所に無いor雑誌売切れたー(´;ω;`) という方は、
Amazonさんでも売っていますのでご活用下さいませ♪


MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2011年 06月号 [雑誌]MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/05/10)
不明

商品詳細を見る



KinKi Kidsのシングルの発売日が6月15日に決定しました。
今年最初のシングル『Time』は、
PS3用ソフト『真・三國無双6』の主題歌にも使われています。
収録内容はコチラ ↓

【初回盤】¥1,300(CD+DVD)

1.Time
作詞:U-key zone/mikula、作曲、編曲:U-key zone

2.Time(instru mentlu)

※DVDにはTIMEのPVとメイキング映像が収録(約23分程度)

【通常版】¥1,000(CDのみ)

1.Time
2.灰色の花 作詞、作曲:成海カズト
3.君と僕のうた 作詞、作曲:作田雅弥 編曲:長岡成貢


Time(初回盤)Time(初回盤)
(2011/06/15)
KinKi Kids

商品詳細を見る


TimeTime
(2011/06/15)
KinKi Kids

商品詳細を見る



今回は、KinKiのシングルとしては初の(初回盤は)DVD付きシングルですので、
ちょっとワクワクしますねヾ(≧∇≦)ノ
いつもより早く売り切れる可能性がございますので、初回盤のご予約はお早めに~♪


【22:50 追記】

関ジャニ∞の3ヶ月連続リリースの第三弾シングルの詳細が発表されました。
『365日家族』が6月8日(水)に発売されます。
大倉忠義出演、TBS系 金曜ドラマ「生まれる。」の主題歌に使われています。


【初回限定盤】¥1,470(CD+DVD)

収録曲

1. 365日家族
作詞:田中花乃/作曲:谷口尚久/編曲:大西省吾
2. Train in the rain
作詞・作曲・編曲:葉山拓亮

特典DVD
「365日家族」Music Clip+メイキング映像


【通常盤】¥1,000(CDのみ)

1. 365日家族
作詞:田中花乃/作曲:谷口尚久/編曲:大西省吾
2. Train in the rain
作詞・作曲・編曲:葉山拓亮
3. 9号車2番A席(渋谷すばる/錦戸亮)
作詞:渋谷すばる・錦戸 亮/作曲:錦戸 亮/編曲:錦戸 亮・大西省吾
4. Eightopop!!!!!!!(関ジャニ∞)
作詞・作曲:安田章大/編曲:大西省吾
5.365日家族(オリジナル・カラオケ)
6.Train in the rain(オリジナル・カラオケ)

通常盤特典(初回プレス分のみ)

アコーディオン フォトカード

初回限定盤・通常盤 共通封入特典(初回プレス分のみ)

KANJANI∞[∞(chain) GIFT]「365日家族」応募券

通常盤のみに収録されるカップリングには、
昨年の「KANJANI∞ LIVE TOUR 2010→2011 8UPPERS」で披露された、
渋谷・錦戸ユニット曲「9号車2番A席」と、
4thアルバム「8UPPERS」に収録された安田ソロ「TOPOP」を、
安田プロデュースで全員曲としてリアレンジした「Eightopop!!!!!!!」を収録。
こちらも初回プレスにしか付属しない特典がございますので、
ご予約はお早めに~♪

5月、6月はお財布がとても軽く……軽く……。・゚・(ノД`)・゚・。
嬉しい悲鳴で本望です。


365日家族(初回限定盤)365日家族(初回限定盤)
(2011/06/08)
関ジャニ∞(エイト)

商品詳細を見る


365日家族(通常盤)365日家族(通常盤)
(2011/06/08)
関ジャニ∞(エイト)

商品詳細を見る






comment 0 trackback 0
05.08
Sun
先日、ミュージックステーション(以下Mステ)にて、
SMAPと関ジャニ∞が初共演してテンチョモになった主です。
同じ週に二組がゲストだったことは実は過去に一度あるんですが(2007年の春頃)
その時は、SMAPはスタジオで関ジャニ∞は別の場所からの中継だったので、
厳密には同じ場所ではなかったですし、
確かTOKIOかな?他のジャニーズもいたので、
同じスタジオ内でジャニ枠がスマとエイト二組だけという区切りでは今回が初(のはず)です。

SMAPと後輩君たちが絡む機会は、
ここ何年かで増えたとはいえ、まだまだ少ないので、
一部ですが後輩Gも応援している主としては、
こういった交流が見られるのは嬉しい限りです。

ただ、一つ不安だったのは、
前回Mステで後輩と共演した際に、
SMAPが後輩に対して態度が悪いというような、
対立厨が喜びそうな記事を書かれたり、
案の定それ見て、自称●ファンが暴れたりといった経験があるのでそこだけが心配でした。
せっかくの共演に水を差すようなこと書く人はホント●●●●ですね。

まぁ……こんな年になっても人見知りが直らない先輩が悪いと言われてしまったら、
ファンとしては謝るしかないんですけども(苦笑)
後輩君たちも、もっと普通に接してくれればいいのにな……と思ったり。
後輩君にとっては、SMAPでいう少年隊やマッチさんと共演する時みたいな感じなのかな……。
決して先輩という威圧感を出しているのではなく、あれは人見知りオーラですから。
何か今回のMステ共演にあたって、
エイト側のメンバーが木村さんに話しかけるという公約をラジオで立てていたそうですが、
放送されている部分を見る限りでは撃沈したようで…(´・ω・`)
何かその…後輩に気を使わせてしまってホント申し訳ない。

って、今回書きたかったのは人見知りの先輩の話ではなく、
歌の話をしたかったわけで。
こう……偶然ですけど、ジャニーズでは生歌率の高い二組がMステのゲストだったので、
ジャニーズなのに安定感が低い、ちょっと異質なパフォーマンスになったなぁ…というのが、
ファンはもとい、一般の見ている方にもひしひしと伝わったことと思います。
歌って踊れるのがジャニーズって言われますけど、
厳密には歌ってないケースなんてざらにあるわけで、
昔に比べれば減ったとはいえ、まだまだ普通にやってるグループもいます。

でも、その……口パクが好きか嫌いかは別にして、
そのアーティストにとって歌かダンスか、
どちらか重視したい方を選ぶ際に口パクという選択肢も一つの手なんですよね。
歌はCD音源でも、ダンスのパフォーマンスが凄ければそれはそれで、
見ている方は充分楽しめると思うんですよ。
(踊らないバラードなんかで口パクは個人的には減点対象ですけど)

だから、そのグループのファンの方も、
ファンじゃない人に口パクと揶揄されたら、
「口パクで何が悪い!」
「歌って無くてもダンスパフォーマンスが凄いからいいんだよ!」
ぐらい開き直っていいと思うんですけど、中には必死に、
「あれは口パクじゃない」
「ここのこの部分はかぶせでここは生歌」
とか、何か必死に公共の場で発言しているのを見ると、
何か違和感を感じずにはいられなかったり。
ホントに口パクじゃなかったら弁解したくなりますけど、
聞いていてほとんど分からないぐらいの違いなら別に必死に弁解に回らなくてもなぁ…と。
それぐらいなら結局歌ってない部分の方が多いんだし…。

で、そういう細かい部分を気にするファンに限って、
生歌で歌っているグループに向かって、
「歌下手だよね」とか、
「●●(自分が応援しているグループ)の方が、やっぱり上手いよね」とか、
何でそういうこと言っちゃうかな……という発言を実際にTwitter上で見てしまったものですから、
今回こうしてブログに書きとめておこうと思ったわけです。

こうやって書くと、Twitterで自由に呟いて何が悪い!と思われるかもですが、
その方、実況タグ付けて呟いていたので怪訝に思ったわけです。
(タグつけてなければ、よほどのことがない限り目に入ることもなかったですからね)
Twitterをやる人数も増えてきたことで、
入ってくる情報や仲良くしてくださる方が増えたのは喜ばしいことなのですが、
反面、暗黙の了解という名のTwitterを楽しむ為のルールが守れない方の数も、
どんどん増えてきているのも感じるわけで。
2chでも、実況ch以外で実況禁止といったルールが守られているのに、
何故にTwitterでは、実況タグ付けてのネタバレや、
明らかに行き過ぎた中傷をする輩がいるんでしょうね。
呟くのは自由ですけど、そこにタグをつける必要がどこにあるのか聞いてみたいものです。

また話ずれて申し訳ないです(´・ω・`)

要は、口パクでも構わないんですけど、
そのファンが生歌で歌っている人たちに対して、
そういうこと言ってるのはあまり関心しませんね…という愚痴。
あんまり晒すのあれですけど、書いてた方、
私より10歳以上も年上だったので余計に呆れました。
若かりし頃の過ち……ではないようですね。

大体、歌に下手っていう言葉を使うのがあんまり好きじゃない。
下手=歌の何もかもを全否定みたいなので。
なので自分が使うときは上手くないという言葉を選びますね。
意味は一緒じゃないかと思われる方もいると思いますが、
個人的には後者の方がもう少し含みがある感じに受け取れると思ってます。

歌って、歌声も、歌い方もそれぞれ好みが違うから、
人間と同じで、誰からも愛される歌声の人っていないと思うんですよね。
私の場合、例えあまり音程は上手く取れなかったり、歌のテクニックはなくても、
声質が好みなら音程は気にならなくなっちゃいますし。
むしろ声質が合わなければ、どんなに上手くても聞いていて不快にしかならないですしね。
個人的に歌にとって一番大事なのは声質だと思います。

そういう意味では先日のMステでの2組の歌は、
決して上手と言えるものではなかったかもしれません。
(関ジャニ∞に関しては上手い人とそうでない人の差が顕著だったのも聞き辛さの原因かもですが)
でも、そこに伝わるものは確かにありました。
そして伝わった方も今までよりたくさんいたように感じました。
上手くは無いけど、生歌で歌ってることは評価できるという声をちらほら見かけましたので。

また今回も上手くまとめられませんでしたが、
要は歌で伝えたい人は歌で、ダンスで伝えたい人はダンスで、
それぞれ自分達が思うもので表現すればいい。
それをファン同士が批判し合うようなことを言って水を差すのだけは止めて欲しい。

結論としては、水を差すような輩は、
水でもかぶって反省しなさい!!by.セーラー●ーキュリー


でも、改めて、
SMAPと関ジャニ∞って歌の部分でも似ているところがあるなーと感じたMステでした。
(歌唱力という意味ではないですよ)



comment 0 trackback 0
05.05
Thu
GWも本日が最終日ですね。
震災後、最初の大型連休ということで、
例年とは違うGWを過ごされた方もたくさんいらっしゃると思います。
取りあえず、自粛モードは思ったよりはなかった感じですかね。
やっぱり経済を回さないことには何も始まらないと思いますしね。

久しぶりのブログなので、何か楽しいことを書こうと思ったのですが、
GW中に起きた事件で一つだけ書いておきたいものがあったので、
少しだけですが自分なりの意見を書いてみたいと思います。


先日、元関西ジャニーズJr.の男の子が窃盗容疑で逮捕されたという事件がありました。

ジャニーズはSMAP~KAT-TUNまでしか分からない、
ましてやデビューしていないジャニーズJr.なんて誰が誰やらさっぱりな主でも、
彼のことは、名前も顔も把握しておりました。
(主が関西に住んでいて、なおかつエイトが好きというのも大きく影響していると思いますが)

彼のことを全く知らない方に、一体どのレベルというか、
Jr.の中ではどれぐらいの位置にいたのかを説明致しますと、
関西ジャニーズJr.略して関ジュニの中ではTOPクラスの知名度があり、
関東のJr.に比べて仕事も少なく、機会に恵まれない関ジュニの中では、
Jr.のコンサートの他にも舞台やら関西ローカル番組のレギュラーやら、
それなりに仕事の数をこなしていました。
決して……いわゆる干されメンではなかったと思います。

なので、正直何故にこういう事件を起こしたのか非常に首をかしげるところです。
彼よりも、もっと日の当らない場所で頑張っている同世代or同期の、
関ジュニのメンバーはたくさんいるのに、
関ジュニの筆頭にいた彼がこういう問題を起こしてしまうことは、
今いるメンバーに、凄く大きな衝撃とショックを与えると同時に、
今後の関ジュニの活動にも何かしら良くない影響を与えることになるのでは懸念します。

自分をずっと応援してくれてるファンや、
なにより同じ場所で頑張ってる関西ジャニーズJr.の仲間が、
自分が犯罪に手を染めたと知ったら、
どれだけショックを受け、傷付き悲しむのか全く頭を過ぎらなかったのでしょうか。

また、彼は先輩である関ジャニ∞のローカル番組の、
いちコーナーにもレギュラー出演していました。
関東で活動する先輩が多く、
関西に住んでいるJr.はバーターで出演する機会も少ない中で、
自分を宣伝する場所を与えてくれた先輩をも裏切ったわけです。

ちと、キツイ言い方になって申し訳ないです。
それだけ個人的に彼には期待していた部分もあったんですよね。
いい意味でジュニアにしては珍しく目が好戦的な色をしていたんですよね、彼。
そういうジュニアの子って、珍しいので印象に残って、
顔と名前も結構早くに覚えましたし。

先程も書きましたが、
関西のJr.の中では決して恵まれていない状況ではなかったんですけどね(´・ω・`)
まぁ、20歳を超えてしまうと色々悩んでしまうのかもしれませんね…。
だからといって犯罪を犯していいという理由には全くなりませんが。
彼より年上でもまだJr.で頑張っている人は何人もいますし。
何より関ジャニ∞自体が上3人は昔からJr.ではそれなりに有名だったにも関わらず、
デビューには相当な時間がかかって、デビュー時には結構な年齢でしたし、
デビューできなくても俳優として頑張ってる先輩もいるし、
道標はいくつもあったと思うんですけどね。
それを見失ってしまったのは本当に残念というか勿体無い。

うーん……結局何を書きたかったのか分からなくなってしまいました(´・ω・`)
ただただ今回のことは悲しい気持ちでいっぱい、それだけです。
決してデビューできない(かった)からといって人生が終わるわけではないし、
他にも道は開けていますから、自分で自分の道を閉ざすことだけはしてほしくないですね。

年齢といえば、同じ関西ジャニーズJr.の「B.A.D.」も、
活動も年齢もベテランの年になってますけど、
グループとしてだけでなく、個々でのソロ活動も時々見かけますし、
例えデビューできなくても彼らは彼らの道を歩いてほしいなと心から思います。


comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。