--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.28
Sat
話題に触れるのも憂鬱な長い長い1日でした。

こういった類の不祥事を目にするのは、
自分がファンになってから何度目だろうかと思ってみたり。
こうも立て続けにあると何か呆れるとか怒りとか通り越して虚しくなる。

誰もが傷つき誰も得をしない。

こんな空虚なことはありません。

Twitterでお昼頃に率直な感情を吐き捨てましたが、
あれから自分なりに更に情報やらコメントやらを見聞きし、
その時とはまた違った感情も湧きました。
ただ、その時の感情はその時の感情として消さずに残して置くことにしました。

今回の件。

あの二人がやってしまったことは、
グループの掟(ルール)を破る重大な裏切りなので、
辞退という名の解雇は妥当であり、やむを得ないことだと思います。
これが最初ならともかく、今までにも多数の悪しき前例があった中で、
そういうことを隠れてやれば、バレた時にどうなるのかというのは自ずと分かるはずです。
ましてや1期生と3期生。
そんな場面を何度も見てきたわけですから、
さすがにこれは爪が甘いという話では終わらないのではと思いました。

二人ともに同等の処分が下されたのは不幸中の幸いというか、
もしこれで1期生だからという理由で謹慎等、もう一人の方より甘い処分になっていたら、
それこそAKBの根底を揺るがす大変な辞退になったと思いますので…。

ネットというものは便利な反面、本当に恐いもので、
特にTwitterは「バカ発見器」と揶揄されるぐらい、
未だに使い方を分からないままに使っている人が多数いると思われます。
(自分もそれほど熟知しているわけではありません)

フォローされなければ自分のツイは見られていない
鍵をかければ自分のアカは見破られない

これは大きな間違いです。
Twitterにはツイートの検索機能が付いていて、
そこからあれこれ詮索してくる輩がいるのです。
例え鍵をかけても返信する相手も鍵をかけていなければ、
@検索でリプした内容が読まれ、そこからアカウントを推測され発見されてしまいます。
ですので、秘密にしておきたいことをTwitterで載せてしまうのは、
完全な自殺行為です。
まぁ、Twitterに限らずですけどね。

話ずれたので戻しますと、
二人の擁護はしません、しませんが、
だからといってここぞとばかりに誹謗中傷に励むファンにもどうよ!?と思ってしまうのです。

まずやることはそこじゃないだろうと。

裏切られた、傷つけられた、その気持ちは分かりますが、
だからってそれを彼女達にぶつける前にやることがあるんじゃないでしょうか。

こういう不祥事が取り沙汰されて、

一番喜ぶのは誰ですか?
一番悲しむのは誰ですか?

その答えが分かればファンとして何をしなければならないのか、
何をするのがファンとして正しいことなのかは自ずと分かると思います。

自分はなんの傷も負わないで、
メンバーとファンの争いを高みの見物をしながらほくそ笑んでいる輩がいると思うと、
もうね……怒りというよりも恐怖さえ感じますが、
それでも日々の仕事を公演を笑顔で頑張る彼女達を、
ただ遠くから見守ることしかできない現実に歯がゆくなります。

もし、今回のことが自業自得が招いた天罰だと言うのなら、
そういう粗探しをすることに命をかけている人達にも天罰がくだりますように。

もちろんそもそもやらなければ粗も出てこないという反論が来そうなので、
今書いておきます(苦笑)



スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
01.24
Tue
ちょっと遅くなりましたが、
先日の予想がどうなったのか答え合わせしてみた。

【結果】※( )は予想順位

1位(2位) ヘビーローテーション
2位(3位) Everyday、カチューシャ
3位(21位)孤独なランナー
4位(1位) フライングゲット
5位(4位) チームB推し
6位(5位) 愛しきナターシャ
7位(9位) 風は吹いている
8位(17位)抱きしめちゃいけない
9位(6位) 泣きながら微笑んで
10位(11位)夜風の仕業
11位(10位)言い訳Maybe
12位(7位) 君のことが好きだから
13位(14位)Bird
14位(圏外)くるくるぱー
15位(16位)ハート型ウイルス
16位(12位)パレオはエメラルド
17位(8位) 枯葉のステーション
18位(15位)Beginner
19位(20位)オーマイガー!
20位(25位)虫のバラード
21位(19位)お待たせSet list
22位(13位)絶滅黒髪少女
23位(22位)青春のラップタイム
24位(23位)奇跡は間に合わない
25位(18位)ポニーテールとシュシュ



何この1ランクズレ予想多発地帯は……orz
要所×2にサプライズがあったからずれまくったんですよ…んもぅ!
結果、1曲も予想順位が当らないという散々な結果に(´・ω・`)
正直ベスト3は結構自信あったんですけどね、まさかのSDN愛。
そして個人的リクアワ最大のサプライズだった「くるくるぱー」

3日目までの結果を見ての予想でこれですからね……。
結果全く見る前にやったらどうなってたことやら。

あんまり自分を責めすぎてもあれなので、
少しだけ褒めてあげますと(笑)
「ポニーテールとシュシュ」が数ある最近のシングル曲の中では、
一番下げてくるであろうという予想は見事的中。
ここまで下げてくるのはちょっと予想外でしたけども(笑)

「くるくるぱー」は、さすがに予想できませんでしたが、
選んだ25曲中24曲がランクイン。
ハズれた曲は「エリアK」でしたね……。
後にググってみるともちくらさんが「泣ける場所」歌いたかったみたいですね。
DIVA票の鍵を握っているであろうもちくらさん票はそっちに流れたんですね、納得。

そして奇跡は無事に間に合いましたし、虫も見事に見つかりました。
まさか虫のバラードがこんなに上位にランクインするとは、
才加さん推しなのにもっとファンの力を信じなくてごめんなさい(´・ω・`)
本当に本当に嬉しいなぁ……(*´∀`*)

ファンの力といえば、KKことかなちゃんファンと、
SDNファンの力にはホント恐れ入りました……m(*T▽T*)m
でもこれでこそリクアワの醍醐味ですよね。

アンコールにて新曲をバンド形式でやるのが発表&お披露目されましたが、
正直なところ、素直に面白いねーとか、いいぞもっとやれとか、
肯定的な感情ばかりにはなれませんでした。
それはひとえに歌番組に置けるエイトを見てきたからなんですが、
やっぱりバンドってまた別の層からの反発というか拒絶がありますからね…。

成長過程を見せていくのがAKBなのは重々承知ですが、
はっきり言って……はっきり言ってしまうと、
このクオリティで歌番組に出るのは自殺行為以外のなんでもありません。
どんなに本人達が時間の無い中頑張ったうんぬんを言ったところで、
そういう擁護はファンにしか通じないものなのです。
そんな声にいちいち反応しても仕方ない、
言わせたい奴には言わせとけ!という意見もあると思います。
でも、結局その声に傷つくのはファンじゃなくて本人達ですからね。

そんな思いもあって発表された当初はちょっと複雑だったのですが、
時間が空いて、色々な声を聞く内に、
よくよく考えると今のスケジュールでアンダーを一切出さずに、
歌番組に出続けるのはほぼ無理だよなぁ……という現実もあり、
歌番組ではバンド形式じゃなくてダンスバージョンなのかなーと思ったり。
ダンスじゃなくて楽器ですからそう簡単にアンダーをというわけにはいきませんもんね。
(最悪、元楽器経験者のメンバーに代わるっていうのもあるかもですが)
あくまで自分達の場所で披露する分には、むしろもっとやれ!ですね。
ただ……体調管理には気をつけて欲しいものですが(´・ω・`)
いっそのこと、もっと演奏メンバー増やしてオーケストラぐらいまでいけばもっと面白いのにな。
誤解して欲しくないのは、頑張った彼女達を否定するのではなく、
頑張った彼女達に更にムチ打つような境遇を与えて欲しくないなーという気持ちなのです。
自分達は励まされたり、勇気を貰ったりする反面で、
彼女達が傷つかなくてはならないなんてそんな理不尽はありませんから。

今回のAKBバンドを見て、
エイトがなかなかシングルをバンド形式にしなかったのは、
こういう背景もあるのかなーと思ってしまった。
あれだけ自分達のライブで披露していても、
いざ、生放送の歌番組となるとなかなか上手くいかないもので、
やっぱり身内でやるのと外でやるのとでは空気も全然違いますよね。
そう考えるとやっぱりTOKIO兄さん凄いなぁ……とつくづく。
いつかはTOKIOのマネと呼ばれなくなるぐらい、
これからもこのスタイルを貫き通してほしいですね。
たまには、はっちゃけた曲も織り交ぜながら。

AKBからちと脱線してごめんなさい。
かつAKB関連では久しぶりに毒も吐いた気がします。
でもそうなったということは逆に一昨年よりも昨年、昨年よりも今年と、
更にAKBを好きになったことの裏返しなんですけど多分伝わらないですよね……すいません。

今更遅いですが、褒めて褒めて褒めまくったAKB記事を読みたい方は、
回れ右でお願い致します(最初に言え)

今年もこんな感じの平常運転でお届け致しております。


comment 0 trackback 0
01.22
Sun
今日が「AKB48リクエストアワー2012」の最終日ですね。

あの曲がもう出てしまった!!とか、
あの曲はどこへ!?とか、
色々皆様思うところはあると思います。
かくいう私もその内の1人ですが……あの曲はどこに行ってしまったんだろう(´・ω・`)

個人的にぐぐたす中継、4日目だけじゃなくて4日目以外を中継して欲しかったのですが、
新規さんや何となく見てみるかと思った人が一番楽しめるのは、
シングル祭りになる4日目ですもんね……。
AKBのシングル(CPも含む)だけで25曲中9曲は確実に埋まりますし。

というか、20曲までは順位はともかく入る曲は誰でも予想できる状態っていうのは、
いいのか悪いのか……まぁ、3日目まで見てこそ予想できるわけですけども。

せっかくなので自分もTOP25を予想してみました。
ちなみに3日目までの結果を見てからの予想なのであしからず。


1位 フライングゲット
2位 ヘビーローテーション
3位 Everyday、カチューシャ
4位 チームB推し
5位 愛しきナターシャ
6位 泣きながら微笑んで
7位 君のことが好きだから
8位 枯葉のステーション
9位 風は吹いている
10位 言い訳Maybe
11位 夜風の仕業
12位 パレオはエメラルド
13位 絶滅黒髪少女
14位 Bird
15位 Beginner
16位 ハート型ウイルス
17位 抱きしめちゃいけない
18位 ポニーテールとシュシュ
19位 お待たせSet lidt
20位 オーマイガー!
21位 孤独なランナー
22位 青春のラップタイム
23位 奇跡は間に合わない
24位 エリアK
25位 虫のバラード


こんな感じでいかがでしょうか。
あくまで言い訳新規のペーペー予想ですが。

ポニシュを何処に置くか悩んだあげくえらい低くしちゃいましたけど、
よく分からなくなったのでもういいやーとあの順位に。←コラコラ
これだけシングルがあればブレイク前のシングルのように、
一つぐらいガクッと下げてくるものがあると思うんですよね。
それが個人的には大好きだけどヘビロテの影にちょっと隠れてる感があるので、
ポニシュじゃないかなーと予想。
風は吹いているは投票直前かつ投票券が封入されているシングルなので、
やっぱりその恩恵があるんじゃないかと(個人的予想よりは)高めに。

NMBに関してはおそらく3曲に固めて来ているはずなので、
ここまで1曲も出てこないことを考えると、
それなりに上位に入っていると思われます。
シングル2曲は確実に入りますしね。
それでもファン数やシングルへの参加人数を考えると、
やっぱりパレエメよりは下じゃないかなーと予想。
ここはもうSKEオタの底力を見てみたいです。
底力と言えば枯葉のステーションは台風の目ですよね。
多分、熱狂的なファンはシングルや公演曲には目もくれず、
ここに票を全てつぎ込んでいるはずなので相当上位に来るんじゃないかなと。
(あくまで3日目までの結果を見ての意見ですので他意はありません)

そして各メンバーソロ(ほぼメイン曲)も、
同じく票が割れるシングルの間に上手く入り込んでくるんじゃないかなと。
昨年大躍進を果たしたナターシャも、3日目までの結果を見る限り上位確実ですよね。
はーちゃんの純情主義がここまで入ってないところを見ると、
その票もこっちに流れちゃってるんですかね…やっぱり。
(まだTOP25に入ることを諦めきれないですけども)
これだけ新規ファンが増えてシングル祭りが予想されてしまうと、
好きな曲に入れることよりもいかに自分の推しがメインの曲を、
上位で歌わせるにはどうすればいいのかを考えて、
投票するようになってしまうのは少し悲しいものですね。
私も人のことは言えません、言えませんとも!!
そう考えると演者3者全ての利害が一致しているナターシャは強いですよね。

純情主義もそうですけど、
虫のバラードと奇跡は間に合わないの2曲がここまで出てないのが気になります。
奇跡は、ここまでさえちゃんユニの曲の数を考えると多分大丈夫だと思うんですけども、
虫さんはどこに逃げたのか……てっきり昨日、一昨日に出ると思っていたのでまさかの展開。
また心臓痛くなりそうな状況でちょっと今日がブルーです。
まさに天国と地獄ですからね(´・ω・`)

この2曲が気になる原因としては新・旧(特に旧ですが)のチームKの曲が、
たくさんランクインor圏外から返り咲いているのもあって、
その分、票が流れているかもしれないという危機感。
まぁ…才加さんはチームKのキャプテンですから、
たくさんチームKの曲がランクインしたというのはどういうことなのか、
恐らく伝わっていると思うので今日がどんな結果であろうと大丈夫ですよね、うん。
と、自分に言い聞かせるテスト。

最終日開演まであと数時間。

どんな結果であろうと楽しみたいと思います。
ぐぐたす中継……なんとか弾かれずに見れますように……。
こういう時、ニコ生ガンバレよと思わずにいられません(爆)



AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011 スペシャルBOX 4days DVD BoxAKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011 スペシャルBOX 4days DVD Box
(2011/03/19)
AKB48

商品詳細を見る


SKE48 リクエストアワー セットリストベスト30 2010 ~神曲はどれだ?~ [DVD]SKE48 リクエストアワー セットリストベスト30 2010 ~神曲はどれだ?~ [DVD]
(2010/09/22)
SKE48

商品詳細を見る




comment 0 trackback 0
01.14
Sat
3分割でお送り致しましたこの記事も今回で最後でございます。
それでは残りTOP3の発表をさせて頂きます。
ちなみにこの回の動画が一番文字見づらいという(苦笑)
ホント申し訳ないです……(´・ω・`)



2011MyベストソングTOP20(3-3) 投稿者 shion8













3位『七色パラメータ』/関ジャニ∞
シングル「ツブサニコイ」CP曲

この曲が順位を何位にしようか一番悩みました。
結局、それだけ悩むってことはそれだけ好きってことなんだろうと解釈し、
3位に位置付けることと致しました。
サビに声加工が入る関ジャニ∞としては新しい試みの曲調ですが、
こういうのもなかなか似合いますね。
そしてこれまた中毒性の高い曲で何度聞いても飽きません。
もうね…ほんとレンタルでいいので、
「マイホーム」と「ツブサニコイ」の通常盤を是非とも聞いて頂きたい限りです。
ファンで聞いてない人がいたら、もうね……借金してでも聞きましょう(苦笑)
これを聞かないなんて勿体無いです、はい。


2位『2nd Movement』/KinKi Kids
アルバム「K album」収録曲

どんちゃんの曲も大好物な主ですが、
井手コウジさんの曲も大好物というか、なんかちょっと好きとか別次元かもしれません。
どうしてこうもKinKiさんを魅せる曲を次々と生み出すのか……。
土下座では足りず土下寝して感謝したいと思います。
今回も素晴らしい楽曲を提供して頂きまして本当にありがとうございました__〇_(土下寝)
ちなみに主はKinKiのアルバム曲の中では、
井手さんが作られた「Bonnie Butterfly」が一番好きで、
ベストアルバム『39』の曲投票の際も2票入れさせて頂きました(笑)
と、話を戻して、何故これがシングルじゃなくてアルバムなのか……。
アルバム曲のクオリティは軽く超えてますよね。
こういうKinKiでしか歌えないKinKiの良さを前面に出した曲を、
シングルで出してくれば確変も起こる可能性があるんですけどね。
もっともっと(もっともっと)たくさんの方に耳に届いて欲しい1曲です。


1位『T.W.L』/関ジャニ∞
シングル「T.W.L/イエローパンジーストリート』A面曲

2位の曲とこの曲。
どちらを1位にするかもの凄く悩んだ結果、
やはり音楽は音を楽しむと書きますし、
今の時代、元気が貰える明るい曲をやはり1位に持っていきたいと思い、
こちらの「T.W.L」を推させて頂きました。
昨年に引き続き関ジャニ∞の楽曲が1位ということでV2達成ですね。
(2009年は順位付けしておりませんので省く)
前回の1位の曲とは曲調は全く異なりますが、
もうなんて言えばいいんだろ……ゆずさんありがとうとまずはお礼を。
(楽曲提供をしたのはゆず)
関ジャニ∞にピッタリというか良さを詰め込んだ楽曲ですよねヽ(・∀・)ノ
今年出した関ジャニ∞シングルでは売り方の違いはありますが、
圧倒的に高い売り上げだった曲なのに……宣伝量少なすぎるだろ!∑(゚Д゚)
(クレヨンしんちゃんのタイアップがあったのが救いでしたが)
年末の歌番組でも何故かこの曲ではなく、
怒涛の「モンじゃい・ビート」(アルバム曲)推しでしたし……。
モンじゃいがナンボのもんじゃい!!←コラコラ!!
もっとちゃんと年末の歌番組でも披露する機会があれば、
正直……もっと売り上げ伸ばせたと思う。
(無責任ヒーローの時はそれなりに効果ありましたし)
まぁ売り上げはさて置きせっかくの提供曲なんだし、
もうちょっと何とかならなかったものかと……(´・ω・`)
そんな思いも込めて1位とさせて頂きました。
そういえば、モンじゃいといい、願う以上のこと~といい、
会社が推してるアルバム曲がことごとく自分の中のTOP20に入っていないのは、
決して自分が天邪鬼だからではありませんのであしからず(苦笑)

以上、2011年度の個人的マイベストTOP20でした。

SMAPから1曲、KinKiから5曲、関ジャニ∞から14曲 と、
若干の偏り……若干の偏りはありますが(大事なことなので2回言いました)
だって…こればかりは自分の好みというか感性なので仕方ない(´・ω・`)
SMAPに関してはシングルよりも、CP・アルバム曲が好みなことが多いので、
オリジナルアルバムが発売されないことにはグッと減っちゃうという…ね、うん。

総括としてもっと書きたい部分はあるのですが、
時間の都合上により、それはまた別の機会に……。

ではでは次回はもしかするとあまり楽しくない話題になる可能性が高いですが、
近いうちにお会いいたしましょう~。

PS.コメントのお返事はもう少々お待ちを~ホントにごめんなさい(´;ω;`)


comment 0 trackback 0
01.14
Sat
前回の続きで、
10位→4位までの発表となります。

注意書き等は前回の記事に全て記載しておりますので、
見られていない方は、まず前回の記事を読んでから見て頂けると幸いです。



2011MyベストソングTOP20(3-2) 投稿者 shion8








10位『輝ける舞台へ』/関ジャニ∞
アルバム「FIGHT」収録曲

実際に主は関ジャニ∞のライブには行っていないのですが、
ライブに行って聞いたら多分この曲で泣いてしまいそうな予感がする、そんな曲です。
たくさんの楽曲の中にはCDで聞いていい曲だけじゃなく、
CDではそれほどだけどライブ(コンサート)会場で聞くと化ける曲ってあるんですよね。
SMAPでいうと「Triangle」や「ありがとう」が自分の中ではそれにあたります。
何となくそんな感じがこの曲からは感じましたね…まぁ、行ってないので説得力ゼロですが。


9位『きみとぼくのなかで』/KinKi Kids
アルバム「K album」収録曲

いいよーどんちゃん、さすがどんちゃん。
ことごとくKinKiファンのツボを突いてきますね( ̄∀ ̄*)イヒッ
主はどんちゃんの作るKinKiさんの楽曲が大好きでございます。
個人的に中毒性の高い曲ですね。
頭の中でぐるぐるメロディーが回ります。
KinKiさんの歌声も相まって聞いていて心地よくなってきます。


8位『もっともっと』/KinKi Kids
アルバム「K album」収録曲

最近は明るい盛り上げ調の曲を歌う機会が少なくなってきたKinKiさんなので、
こういった曲は非常にウェルカムでありがたいです。
聴いた瞬間にこれはコンサートでやったら盛り上がるだろうなーと思いましたが、
案の定コンサートでこの曲が披露された時は、
KinKiさんとの「もっともっと(もっともっと)」の掛け合いが楽しくて×2(*´∀`*)
あ、今更ですが昨年の12月26日にKinKiコン行ってきました(笑)
今年のセットリストはホントやばかったですよね…。
ライブDVDorBDの発売も決まりましたし今から楽しみです。
DVDのみの特典がなければBD買おうと思います。
ちなみにこの曲の編曲もどんちゃんですね(笑)


7位『Hi & high』/関ジャニ∞
シングル「ツブサニコイ」CP曲

ネタバレですが後ほどもう1曲出てくるCP曲といい、
ツブサニコイのCDは全曲良曲揃いでホントにお買い得なCDですよね。
シングルが「T.W.L」以外明るい曲調ではないので、
ちょっと寂しい思いをしていたところにこの曲をぶっこんでくるとはおそロシアですね…。
聴いた瞬間テンション↑↑になってしまいました。
もう…間違いないですよね、うん。


6位『パンぱんだ』/関ジャニ∞(横山裕・丸山隆平)
アルバム「FIGHT」収録曲

関ジャニ∞よりユニット曲です。
この2人の組み合わせはCDに収録されているものとしては初ですね。
初めて聞いた時は「なるほど、こう来たか!!∑(゚Д゚)」と。
2人の優しい声質を最大限に生かした楽曲ですよね。
こういう曲だと横山君の歌声が非常に生きますよね。
あとはこの歌唱を他の曲にも活用できるようになるといいんですが。
丸ちゃんはホントオールマイティという言葉が似合います。
どんな曲でもユニット相手が誰でもそつなく合わせられますよね。
ちみっこにも聞かせたい心が優しくなれる曲です(*´∀`*)


5位『Baby Moonlight』/関ジャニ∞
シングル「マイホーム」CP曲

13位に入れた『Train in the rain』に近い雰囲気を持つ曲で、
そちらよりも更にクールかつアップテンポな分、体が自然とノってしまう楽曲ですね。
こちらは渋谷さんと安田君の歌声が非常に映える曲。
ちなみに5位から3位まではほとんど差はありません。
一応好みの順位は付けてみましたが同率3位が3曲と言ってもいいと思います。


4位『二人の花』/関ジャニ∞(丸山隆平/大倉忠義)
シングル「マイホーム」CP曲

「マイホーム」も良曲揃いでお得なCDですよね( ̄∀ ̄*)イヒッ
またまたユニット曲からのランクイン。
こちらの組み合わせは1stアルバム「KJ1 F・T・O」で以前ありましたが、
その時から声質の相性がいい組み合わせだよなーと思っていたので、
またこうやって別の曲で聞くことができて感無量でございます。
そしてまた良曲持ってくるよなーと感服致しました。
カッケーカッケーとしか言い表せない自分の文章力の無さが……もぅ。
でも1stアルバムの頃に比べれば格段に歌唱力も表現力も増したのが分かりますね。
初めてのユニットもそれはそれで面白いですが、
同じユニットだと成長度合いも楽しめるのでそれはそれで面白いです。
結局どっちもいいということでFA。

そして次回は残りTOP3の発表となります。
引き続き楽しんで頂けましたら幸いでございます。



comment 0 trackback 0
01.14
Sat
今年最初の更新がもの凄く遅くなり申し訳ございません。

あけましておめでとうございます。
今年もマイペースで頑張りますのでよろしくお願い致します。

今年最初のブログ記事は、
昨年2011年に主が聞いた曲の中でお気に入りの曲ベスト20を
挙げてみるという自己満足な内容です。

昨年もやりましたが今年は更に独自性を出そうと思いましたので、
あえてのSMAP・KinKi Kids・関ジャニ∞の3組縛りでやってみました。
何故この3組かと問われれば、主が特にこの3組を応援しているということはモチロンのこと、
この3組が発売した昨年の曲なら全て把握しておりますので、
不公平がないといいますか、聞き逃した曲がないという理由も踏まえてのこの仕様となりました。
とはいえ、発売数の関係上と主の好みの問題上、曲数の不公平はもちろんあります。

対象曲は、
SMAP:シングル「僕の半分」 アルバム「SMAP AID」から「not alone~幸せになろうよ~」 計3曲
KinKi:シングル「Time」 アルバム「K album」 計15曲
関ジャニ∞:シングル「T.W.L/イエロパンジーストリート」他4枚 アルバム「FIGHT」 計27曲

からです。
てか、今年だけでエイトは27曲も増えたのか……恐るべしというか羨ましい。

そしてこれがブログ更新が遅くなった一番の理由ですが、
昨年と同様、ファン以外の人にもどんな曲なのかを紹介する際に、
動画を貼り付けようと思ったのですが、
昨今の事情により規制が更に強くなり、ほぼうpされていないのと、
限定公開うんぬん以前にATフィールドが張られていてようつべにはうpすらできないという罠。
と、いうわけで今回は補助的に別の動画サイトを使用させて頂き自ら動画を作ってみたというテスト。
ようつべ用に作ったので細かく分けてしまったのと、
2番目の動画以外、なんか画面サイズがうまくいかず、
文字が非常に見づらいという悲惨な状態ですが、
直し方もわからないのでこのままで……すいません(´・ω・`)

20位~11位まではサビのみを。
10位~1位までは1番のみをつなげたメドレー仕様にしております。
(画像は一切使用していない文字と音楽のみの動画です)

フルじゃないし自分の好みをつなげたものなので、
動画を転載する方はいないと思いますが転載は禁止とさせて頂きます。
しても動画は数日中に削除予定ですのであしからず。

では、長々と前置き失礼致しました。

まずは20位→11位の曲を紹介させて頂きます。
ちなみに動画の下の記事は動画のネタバレですので、
動画を先に見たいと言う方はあまり下までスクロールなされませんように。



2011MyベストソングTOP20(3-1) 投稿者 shion8











20位『Fight for the Eight』/関ジャニ∞
アルバム「FIGHT」収録曲

一昨年からシングルがバンドスタイルに路線変更されつつありますが、
その流れを踏まえてのこの曲という感じがしました。
クセのある曲が多く収録されているアルバム曲の中で、
割と王道な感じを受けたので気に入りました。


19位『ツブサニコイ』/関ジャニ∞
シングル「ツブサニコイ」A面曲

イントロから間奏に至るまでもうね……オケがオシャレすぎる。
カラオケ音源でも聴きたいと思わせる曲ですね。
重圧のオケにも決して負けていない歌声はさすが関ジャニ∞と言ったところですね。
大人数での強みとその中で芯のあるメインボーカルがいることをフルに堪能できる曲です。
このことについてはもう少し語りたいことがあるのですがそれは後ほどの曲でまた…。


18位『フリーダム理論』/関ジャニ∞
アルバム「FIGHT」収録曲

何というかスルメ曲。
最初はそれほど印象には残らなかったのですが、
何度も聞いているうちに自然とサビのメロディを口ずさんでしまう自分がいました(笑)
派手さはないけど聞いているうちに心が温かくなれる曲だと思います。


17位『君と僕のうた』/KinKi Kids
シングル「Time」CP曲

もの凄く優しくて暖かい歌詞とそれに合わせた二人の歌い方が、
疲れたり傷ついた心にすーっと染みて癒してくれました。
先ほどの曲もこの曲もなんですが、サビよりもAメロ・Bメロのメロディーが凄く好きですね。
(サビしかアップしてないので良さが伝えられなくて申し訳ない…)
あと大サビにいく前のCメロは鳥肌ものですね、うん。
実際カラオケ等で歌うには相当な練習量が必要な高難易度ですが。


16位『Water Drop』/関ジャニ∞
アルバム「FIGHT」収録曲

関ジャニ∞のこれまで楽曲の中でも珍しいジャンルの曲。
ツブサニコイとはまた違う意味でオシャレでクールな雰囲気が漂います。
若手ユニの中では平均年齢が高いことは、
こういう曲を歌う時に非常にメリットを感じますね。


15位『真冬のラブレター』/SMAP
シングル「僕の半分」CP曲

シングルA面よりもこちらのCP曲の方が個人的に気に入りよく聞きました。
SMAPではよくあることですね、はい。
(この時点で僕の半分はTOP20に入らないというネタバレですね、分かります)
僕の半分がどうこうということではなくて、
こちらの曲の方が凄くSMAPらしさが溢れていて懐かしい気持ちになったんですよね。
何がSMAPらしいと呼ぶのかは自分の感覚の問題なので言葉に表すのは難しいのですが。
これは非常に個人的なことですがCP曲の方が中居さんのパート分けが合っていたのと、
ユニゾンでも声がよく聞こえるので更にポイント高めにしました( ̄∀ ̄*)イヒッ


14位『Fly High』/関ジャニ∞
アルバム「FIGHT」収録曲

関ジャニ∞得意の曲調ですね。
皆が楽しく歌っている姿が目に見えて浮かんできます。
ホントにこういう曲を歌わせると右に出るものはいないなぁ……と。


13位『Train in the rain』/関ジャニ∞
シングル「365日家族」CP曲

こちらはさっきの曲と打って変わって情緒溢れる曲調。
今時というよりは少し古き良き時代の雰囲気が漂う、
こちらも関ジャニ∞ではお馴染みというか外せない曲調ですよね。
しいていえばもう少し大倉君のソロパート多目でも良かったかなーと。
こういう曲調に彼の声質は非常に合っていますので(あくまで私情です)


12位『破滅的Passion』/KinKi Kids
アルバム「K album」収録曲

KinKiにこういう曲歌わせたら……もう間違いないですよね。
具体的にグループ名を出して比較するのはあれなので止めますが、
こういった曲調を某後輩Gが歌っているのを聞いた時に、
……色気がたりん!!(゚⊿゚) と思ったものです(笑)
こればかりは声質の問題もあるので難しいんですけどね。
ビロードの闇しかり、もうちょっとこういう曲調をシングル曲で何とかなるといいんですけどね。


11位『マイホーム』/関ジャニ∞
シングル「マイホーム」A面曲

これは順位どこに持っていくか非常に悩みました。
歌詞・メロディーともにかなり好きです。
好きなのですが……それをちょっと台無しというと言い過ぎですが、
勿体無くさせているパート割りとユニゾンバランスに一言物申す!!だったので、
順位を3つ4つ下げさせて頂きました。
本当に個人的に今年はパート割とユニゾンバランスに泣かされた年でしたね。
良曲が多いだけにそこが気になって×2
もっと楽しく曲が聞けるような脳だったら楽なんでしょうがね……。
11位なのに愚痴コメになってしまいましたが、
それだけこの曲が良曲だけに思いが溢れてしまった為のいつもの発作です(苦笑)

記事が長くなってしまうので、ここで分けたいと思います。
次回は、10位→4位 の紹介です。



comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。