--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.30
Sat
今日のMステで昭和と平成のアイドルシングル売り上げランキングなるものが放送されていました。
何故、シングルのみの売り上げに限定したのかは謎ですが、
Jニーズのみの結果を取り出して見ました。
(トシちゃんとひろみGOは諸事情につき除きました…決して恨みがあるわけではございません)

◆昭和

28位 少年隊 381.6万枚
26位 シブがき隊 396万枚
16位 光GENJI 755万枚
8位 近藤真彦 1036万枚


◆平成

30位 Kis-My-Ft2 99万枚
23位 タッキー&翼 151万枚
18位 Hey!Say!JUMP 241万枚
14位 NEWS 355万枚
12位 関ジャニ∞ 457万枚
10位 KAT-TUN 666万枚
9位 TOKIO 674万枚
7位 V6 897万枚
3位 KinKi Kids 1742万枚
2位 嵐 1749万枚
1位 SMAP 2218万枚


シングルのみの売り上げに特記すると、
TOKIOとKAT-TUN、KinKiと嵐がアルバムも含めた総売上でのランキングと異なり、
順位がそれぞれ入れ替わっている事が分かります。
これは単純にシングル枚数が全く違うことが大きな要因ですが。
ちなみにこの2組は売り上げの差が僅差なので、
KAT-TUNは今週発売されたシングルの売り上げが加われば、
TOKIOをシングルのみの売り上げでも上回る事になります。
KinKiと嵐に関しては、先日発売された嵐のシングルの売り上げ分で、
シングルのみの売り上げは逆転されたことになるので、
1ヶ月ランキングが早く発表されていたら結果は変わっていました。
(別に他意はありませんよ)

こうやって見ていくと、
今現在、定期的にCDをリリースしているSMAP以降のグループについては、
関ジャニ∞とKAT-TUNの間に壁が一枚あり、
TOKIO or KAT-TUNとV6の間にも壁が一枚あり、
そこを抜けると壮大な壁が2枚塞がっていて、最後にチョモランマみたいな感じですよね(笑)

CDバブル時代と今の時代を比べると、
この壁というか門番を越えていけ!っていうのは酷かもですが、
なんやかんやでKAT-TUNはTOKIOラインを越えてきたし、
そもそも数年前まではTOKIO付近にいた嵐は今やシングルでは2番手、
総売上でも3番手までのし上がってきたわけですから、
麻里子さまじゃないですが、席を譲ってもらうのではなく奪いにいかなくてはですね。
昭和にも目を向けると光GENJIやマッチ先輩の記録も、
まだまだ壁として立ちふさがっているわけで、
偉大な先輩方がいるからこそ追いつけ、追い越せと燃える原動にもなりますよね。

でもって、せっかくシングルの売り上げ枚数が出ていたので、
また売り上げ一覧表の方を先週の売り上げ分を加算して更新させて頂きました。
(TOKIOとKinKiは数字そのままです)

こちらと合わせて見て頂くとまた何か見えてくるものがあるかもしれません(他人任せ乙)
あ、ちなみにいまUPしているのは、
SMAP、TOKIO、KinKi、嵐、関ジャニ∞と5グループ分しかない、
なんとも中途半端な形となっております……申し訳ございません。
近々、V6とKAT-TUNの一覧表はUP予定なのでもう少々お待ちを~。

では、中途半端の売り上げ一覧表は下記のリンクをクリックもしくは、
左サイドバーのオススメ記事よりお願い致します。


ジャニーズCD売り上げ表




スポンサーサイト

comment 0 trackback 1
06.23
Sat
サマーゲートが開いたようなまだ開きかけのような、
微妙なSMAP5大ドームツアーの発表。

や、だからそれは知ってるから詳しい日程をだな……。

一つ言えることは、大阪はオータムゲートになるんですね、分かります。
詳細が分かる7月までもう少し首を長くして待つ事にします。

でもって、それと同じく発表されたニューアルバム発売ですが、



……4種って何?


他のグループのファンもしておりますので、
2種や3種では驚かなくなりましたが……まさかの4種とな!∑(゚Д゚)
しかもなんか特別凄いスペシャル盤は11111円って何ぞ!!( ゚з゚ )旦 :;*.':;ブッ

なんか驚きすぎて眩暈がしてきました…。
スマエイターとしては「もう私のライフはゼロよ!!」と言いたい。
とりあえず落ち着いて整理したいと思います。

まずアルバムタイトルは「GIFT of SMAP」
発売日は8月8日と何故か関ジャニ∞の日なんですけど気にしたら負けですね。
そもそも初期のSMAPはゼロ目にCD発売してたなーと思い出した件。
で、発売形態はセブンネット限定発売の分も合わせて全部で4種。
SMAPとしては収録内容が異なるものでは初のアルバム数種発売ですね。
(CDジャケットの色違いはこれまでにも何回かありますが)
4種ともにCDの収録内容は同じ(2枚組全19曲収録)なのでどれか1種買えば収録曲は揃います。
異なるのはDVDの有無とDVDの内容。
そして何よりCDの枚数が1種だけダントツに多いです。
CD棚にどうやって収納しようか頭を抱える人集まれ~⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡≡≡
というわけでざっくり種類ごとに内容を箇条書きにしてみました。

◆セブンネット限定盤
・価格…5,000円
・DVD…有り(メンバーコメント+CM本編+CMメイキング映像)
・ギフトボックス仕様(B)
・セブンネット限定ポストカード付き
・セブンネットでのみ購入可能

◆初回盤
・価格…5,000円
・DVD…有り(「gift」プロモーションビデオ収録)
・ギフトボックス仕様(A)

◆通常盤
・価格…3,600円
・DVD…無し
・一番安い

◆スペシャル限定盤
・価格…11,111円
・DVD…無し
・CD19枚組(1枚に1曲収録、メンバーソロディスク→メンバー案でのデザイン、GIFTメッセージ入り)
・金メダル1枚封入
・完全受注限定生産の為、予約しないと買えない可能性大かつ予約〆切り早め)


全部買うと合計24711円
24時間セブンイレブンと覚えるといいそうです。

って、全種買うお金ないけどねー( `д´)

とりあえず収録内容全部揃えようと思ったら、
セブンイレブン盤と初回盤を買わないといけないわけで、
かつ特注のスペシャル限定盤にはスマファンとしては、
色々と惹かれるものが付いてくるわけで……やっぱりコレクションに加えたいですよね(´・ω・`)
でも、ライブもあるしそんなにお金散財できないし……どうしたらいいのか。

そんな自分も含めて悩める人に個人的な考え方を一つ。

まず「そんなの関係ねぇ!!全部揃えるのがファンだろ!!」という方は、迷わず全種購入毎度あり。

次に19枚もCD置く場所そんなに無いし、物よりも映像重視だよ!という方は、
セブンイレブン盤と初回盤の2枚購入でOK。

最後にライブもあるしできるだけ最低限にお金抑えたいけど、
落ち着いたら全種揃えたいなーという方は、
とりあえずスペシャル限定盤だけは買うことをオススメ致します。
完全受注生産の為、発売時期を逃すと4種の中で一番手に入れるのが難しくなるのがこちらなので。
予約の締め切りも他と違って早いのでご予約もお早めに。

随時売り出している通常盤は置いといて、
初回盤はおそらく発売からしばらく経っても購入できますし、
最悪中古で出回る可能性も高いと思いますのでそこまで後日手に入れるのに苦労はしないと思います。
後、DVDの収録内容が今のところPVのみなので、
いつか発売する……かどうかは分かりませんがPV集が出たらそこに収録されますしね。

セブンネット盤は初回盤よりは多少手に入れにくいですが、
さかさまの空のセブンネット盤がまだ買える状態なので、
発売してからしばらくはまだ買える状態で残ってるんじゃないかなと思います。
DVDの収録内容は魅力的ですが……収録時間どれぐらいなのかが気になるところ。
その辺も最初に記載してくれたらこんなに悩まなくていいのにね(´・ω・`)

以上、アルバムの詳細について書いてきましたが、
結論からすると、

ビク●ーどんだけ経営苦しいんだよ……(゚⊿゚)

という思いが一番に頭を過ぎったのはここだけの話。

ここ最近の数種発売、そして今回のアルバム4種発売に踏み切ったこともそうなんですけど、
何より……値段設定おかしくないかな(´・ω・`)

箔押しとかギフトボックスにめっちゃお金かかるのかも知れませんが、
そういったことに力を入れて金額を釣り上げるのではなく、
むしろできるだけエコでコンパクトな形でコストダウンして欲しいのが個人的な意見です。

SMAPだけしか購入していなかった時には気付かなかったのですが、
他のJニーズグループのCDを購入するようになって、
明らかに値段設定おかしいことに気付くようになりました。
そもそもシングルからして2曲入り(カラオケ付き)で1000円超えてますし。(税込1,155円なり)
1種ならそれぐらいの金額全然気にしないけど3種になるとそのちょっとの差が気になりました(笑)
DVD付きの初回盤は……まぁ、妥当といえば妥当だけど、
PVのみでメイキングなしのものはあと100円安くてもいいかな。←上から目線

で、今回のアルバムなんですけど、
1曲に1枚入りという、トンデモ仕様のスペシャル限定盤は比べる基準がないので置いておき、
PVが収録されたDVD付の初回盤に限っては、他のJニーズ基準に照らし合わせると、
箱代に1500円かけてる計算になります。
1500円相当のパッケージですからさぞかし豪華なんだろうなぁ……と、
むしろ楽しみになりますよね( ̄∀ ̄*)イヒッ

ちなみに比較例としては、
関ジャニ∞の2ndアルバム「KJ2 ズッコケ大脱走」が、
CD2枚組(全20曲)+DVD(ショートムービー13分収録)で3,500円です。
但しパッケージがDVDケースなのでケースをエコにすることで、
価格を最小限に抑えたとも言えるので一概に同じとは言えないです。あくまでも一例。
逆に言えばこのケースなら3,500円で商売が成り立つとも言えますが。

あとは、同じ5,000円という値段で発売されたKinKiの最新のアルバム「K album」
価格は同じですが収録内容は、
CD(全13曲)+DVD(これまでに発売されたシングルのPV集156分収録)という、
これまた驚愕な内容で極端な例になり申し訳ないのですが、
何が言いたいかというと、この収録内容を見て、
5,000円を高いと思うファンは誰もいないであろうということです。

要は、値段を見て「うわーお得だなーヾ(≧∇≦)ノ」と、
今回のアルバムの値段設定を見て思うファンが100%とはいかずとも9割はいたんだろうかという疑問。

もちろんこれまでのビク●ーさんの恩やら感謝やらを忘れたわけではございません。
忘れたわけではないけれど、それでも一言物申す!!

豪華な外装よりもエコ素材でいいから収録内容の充実をお願いしたいです。


例え10000円であろうと5000円であろうと、
そこに「これは是が非でも欲しい!!お金を出したい!!」と思うような特典なら、
値段がいくらでも構わないんですよね。
さすがにDVDにPV収録だけで5000円はちょっと……なんか悲しい気持ちになったのは確か。

アルバム発売で盛り上がる中、水を差すような意見で本当に申し訳ないのですが、
この価格が普通なんだーとマヒさせられるのはちょっとなぁ…と思いましたので。
何も疑問を持たないとこの先今度はDVDが2種なり3種なりになった時も、
何も感じなくなるという怖さがね……うん(´・ω・`)
というか、この流れだと多分次のライブDVDは(収録内容違いの)数種発売になるんじゃないかな。

決してアルバム発売が嬉しくなかったわけじゃないですよ。
てか嬉しいに決まってるじゃないですか!!ヾ(*´・∀・`*)ノ

むしろ数種発売でファン混乱させて、値段で悩ませて、
水を差したのはどっちなんだい!!(。・ˇ_ˇ・。)

まだ、スマファンは数種販売に慣れたわけじゃないんだからねっ!!
と、スマエイターで図書委員もやっている自分が言っても説得力ゼロですよね~。
私はすっかり慣れました……というかCDは2枚以上買うものになっております(但しシングルに限る)

シングルの数種発売は3種までなら、
色々楽しめていいんじゃない?と思うんですけど(スマはジャケ違いとか楽しみ少な過ぎですが)
アルバムはそもそも単価高いですからね……かつネット値引きもDVDと違って難しいし。
個人的にはシングル<DVD<アルバム の順で数種買うのに抵抗を感じます。

あれですよ。
前回のブログでも書きましたけど、
「後悔しない買い方」が一番ベストであって、
「全種買う」のがファンとして必須条件ではありません。

応援スタイルは人それぞれだし、
金銭的余裕も人それぞれ色んな事情があります。

そこを、決め付け厨がアレやコレやで攻撃してきますけども、
そんな人よりもずっとたくさんの人が人に流されず、
自分の考えで決めていることをいつも心に忘れずに。

ということで私は他力本願ですが、
とりあえずスペシャル限定盤を予約しておき、
残りは他の方のレビューを見て購入するか考えたいと思います( ̄∀ ̄*)イヒッ
さしあたってはセブンネット盤購入される方は、
是非是非DVDを見た後に感想を聞かせてくださると泣いて喜びます。

発売されるまでの間……19枚組CDを仕舞う場所を確保するのが先決ですね。
送られてくるのが恐怖なアルバムって業界初ですね(笑)


スペシャル特別盤は各種通販サイトや店舗で〆切り日要確認ですよ。

ビクターから注文
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A002763/VIZL-1022.html

セブンネットから注文
http://www.7netshopping.jp/cd/detail/-/accd/1301167024

Amazonは現時点で受付〆切っております(再開するかは未定)

GIFT of SMAP 【スペシャル限定盤】GIFT of SMAP 【スペシャル限定盤】
(2012/08/08)
SMAP

商品詳細を見る


あと、楽天などを探せばもう少し安く手に入るかも……。


セブンネット盤はこちら。
http://www.7netshopping.jp/cd/detail/-/accd/1301167023


初回盤はAmazonさんなら少し安いです。

GIFT of SMAP 【初回盤】GIFT of SMAP 【初回盤】
(2012/08/08)
SMAP

商品詳細を見る



一番安い通常盤はコチラ。

GIFT of SMAP 【通常盤】GIFT of SMAP 【通常盤】
(2012/08/08)
SMAP

商品詳細を見る




comment 0 trackback 0
06.21
Thu
つい先日、新曲が発売されたばかりだというのに、
この怒涛のシングルラッシュ。
8周年祭りは嬉しいけど……もうちょっとCDやらイベントやらの間隔を、
バランスよく開けて欲しかったのは私だけでしょうか……。
スマやKinKiと比べるとファン層若いだろうしこれはちょっと大変じゃないかと…いらぬ心配?

でもって、今度は3種発売なんですね(´・ω・`)
や、3種で発売する事は全然OKなんですけども、
今出てる新曲と来月出る新曲(ややこしい)には、
イベントの連動応募券付いてますから、
有効的に使おうと思うと、今出てる新曲は2種ですからもう1枚買わなくてはいけないという事態。
2種だからどちらを買うにしても全く同じシングルを買わないといけないわけで、
それって何だかなー(σ´.ω.`) と、思ってしまうのですよ。
まぁ、応募券を1枚無駄にすればいいだけの話ですよね、ハイ。
個人的には全く同じCDをもう1枚買うのには非常に抵抗を感じるので、
だったら最初から今出てる新曲も3種にしてくれれば良かったのにー!と思わずにいられません。
これも大人の事情ってやつですか……世知辛い。

あ、自分が抵抗を感じるだけで、
他の方ががCDを何枚も買うことに対してどうこう思うことはないですよ。
自分が後悔しない枚数を買うのが精神衛生上一番だと思いますので。
もっと買えば良かったーと後悔するのは一番嫌ですもんね。
「やれるだけのことはやる」それがベストだと思います。

ただ、たまに見かける、
「CD買わないなんてファン失格」論調は理解できませんけどね。
CDを買おうが買わまいがファンはファンだと思いますので。
まぁ、CD買わない人が新曲マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チン チン とか、
曲の良し悪しの文句言ってたら( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン としたくなりますけども(苦笑)
選挙でも投票行かないで文句言うなというのと一緒で、
商品に対して文句言っていいのは実際に買った人に限ると思いますので、はい。
(曲が良くないから買わないとはまた別の話)

なんかCD内容と全然関係ない内容になってしまいましたが、
エイトレンジャーフルバージョンはもちろん、
A面の「ER」自体がちらっと聞いただけでも凄いお気に入りな曲調なので、
今から発売が楽しみで楽しみで仕方ありません。
でも、「愛でした。」は3種で発売して欲しかったよーという愚痴で〆。


以下、テイチク公式サイトより抜粋
http://www.teichiku.co.jp/artist/kan8/



8周年第2弾シングル「ER」は関ジャニ∞主演の2012年7月28日公開映画「エイトレンジャー」主題歌。
役柄であるエイトレンジャー名義でのシングルリリース。
映画の世界観と重なるこの曲は、閉塞感や鬱屈した感情を打破して自らを奮い立たせ、理想を追い求めていく楽曲。
詞の世界を体感してから劇場に足を運ぶと映画の理解が一層深まるはず。

「雨のち晴れ」は同映画挿入歌。
「ER」とは一転、情感溢れるバラードに。
劇中どんなシーンで流れてくるかは映画を観てのお楽しみ。
「∞レンジャー」はコンサートでお馴染みの楽曲を "フルコーラス" で初音源化!
フルコーラスはまだ誰も聴いたことのないレアトラック。必聴。

初回限定盤AとBはデジパック仕様で、それぞれ堤幸彦監督が手掛けたMusic Clipを収録!
リップシンクver.はメンバー初!?の驚きの演出が見どころ!
カタログver.は映画と併せて観るとエイトレンジャーのすべてがわかる!
通常盤初回プレス特典は "技" の解説ブックレット付き。
またそれぞれのパッケージには2012年8月8日京セラドーム大阪で行われるファン感謝イベントの応募券を封入。



◆初回限定盤A

【品番】TECI-833
【価格】¥1,470(税込)
【商品形態】CD+DVD

・収録曲
ER
作詞・作曲:UNIST/編曲:久米康隆

雨のち晴れ
作詞:松原さらり/作曲:南田健吾/編曲:高橋浩一郎

・DVD
「ER」Music Clip(リップシンクver.)+メイキング映像

・封入特典
シングル2タイトル連動応募券


ER(初回限定盤A)(DVD付)ER(初回限定盤A)(DVD付)
(2012/07/25)
エイトレンジャー

商品詳細を見る



◆初回限定盤B

【品番】TECI-834
【価格】¥1,470(税込)
【商品形態】CD+DVD

・収録曲
ER
作詞・作曲:UNIST/編曲:久米康隆
∞レンジャー
作詞:磯崎健史・関ジャニ∞/作曲:磯崎健史/編曲:久米康隆

・DVD
「ER」Music Clip(カタログver.)

・封入特典
リバーシブルミニポスター
シングル2タイトル連動応募券


ER(初回限定盤B)(DVD付)ER(初回限定盤B)(DVD付)
(2012/07/25)
エイトレンジャー

商品詳細を見る



◆通常盤

【品番】TECI-835
【価格】¥1,000(税込)
【商品形態】CD

・収録曲
ER
作詞・作曲:UNIST/編曲:久米康隆

雨のち晴れ
作詞:松原さらり/作曲:南田健吾/編曲:高橋浩一郎

∞レンジャー
作詞:磯崎健史・関ジャニ∞/作曲:磯崎健史/編曲:久米康隆

ER(オリジナル・カラオケ)
雨のち晴れ(オリジナル・カラオケ)
∞レンジャー(オリジナル・カラオケ)

・初回プレス封入特典
エイトレンジャーカタログ2035(16P)
シングル2タイトル連動応募券


ER(通常盤)ER(通常盤)
(2012/07/25)
エイトレンジャー

商品詳細を見る





comment 0 trackback 1
06.16
Sat
時間も少し経ったし、そろそろ総選挙について思うことを書かねばと思っていた矢先、
そういった感情を根こそぎ持っていく出来事に心身ともに疲れました。
推しメンではない自分がこんな状態ですから、
彼女を推しているファン、そしてHKTファン(メンバー)の心情は計り知れません。

書きたいことは色々あるのですが、何分感情がついてこないので、
少々意味不明で羅列な文章が並びますが、
自分の中で一区切り付けたい意味も込めて書かせて頂きます。


これまで自分がファンになってからあったAKBごとに関して、
正直な話、「茶番だな」と思うことが何度もありました。
でも「茶番」だと分かっていてもその「茶番」を楽しむのがファンだと思っていました。
楽しいと思える「茶番」もありました。思えない「茶番」も同じぐらいありました(苦笑)

でもそんな大人の都合が作った「茶番」のせいで、
メンバーが悩み苦しむ姿を見てきたのも事実です。

そして今回のこと。
今回の事も私は「茶番」だと思っています。

もちろん全てが最初から用意されていたものではないのは分かっています。
ただ……これはあくまでも私の憶測であり単なる妄想に過ぎないということを先に書いておいて、
HKTに移籍することは遠くない未来に予定されていたことなんじゃないかなと思っています。
(そのメンバーが必ずしも彼女になっていたかは分かりませんが)
こうやって騒動になった為にその時期が少しばかり早くなっただけで、
そこを処分という最もな理由をつけて騒動を上手く利用したような気がしてなりません。

正直、処分というには首をかしげる点があるので。

イエローカードはまだ1枚だからと秋元Pは言いましたが、
そもそもイエローカードなんて関係者と本人の間で何枚とか言っているだけで、
ファンには全く見えないのでその人が今何枚目なのかなんて分からない。
そんな目に見えないあやふやなもので、
人によって…立場によって処分が違うと感じるファンがいるのはごくごく当然の事だと思います。
完全にシロだった場合は別として真っ白ではないと彼女が認めた以上、
この処分が甘いのか、妥当なのか、厳しいのか……それは人それぞれ感じ方が違うと思うので、
私の口からあえては言いません。
あんまり処分うんぬんについてどう思うか語ると、
また変な人が昔のことほじくり返して噛み付いてきますからね……(´・ω・`)
なので言いませんが……謝罪するにしても保護者同伴なんだなと思った気持ちだけは書いておきます。
まぁ、これも本人の希望じゃなく秋元Pが買って出たとも言えますが。
どっちにしろそう思わせた時点でやっぱり足引っ張ってると思いますけどね。

今回の移籍は左遷ではないと秋元Pは言いました。
私も左遷という言葉は間違っていると思います。

でも、秋元Pも運営もHKTがこのままだとマズイと思っているのは間違いないと思います。
その理由は多分NMBが短期間で商業的に成功を収めているのに対し、
HKTはこのままデビューさせてもおそらく最初から成功を収めたNMBのようにはいかないから、
だったら何かしらテコ入れというかカンフル剤を入れなくてはという流れになったのではないかと。

SDN解散でも見えたことですが、
今の運営は長期ではなく短期でしか見てないんですよね。
AKBが何年もかけて築き上げてきたものを、
他のグループは更にもっと短い時間で要請させ、
結果的にAKB自体に売り上げが還元されるようにという目先の利益しか見えない。

AKBほどまでとはいかなくても、
SKEぐらいの長期的な目線をHKTに向けることはできなかったんでしょうか。

正直、私は今のHKTの形が凄く羨ましいです。
最初大阪にNMBが出来るって聞いた時は本当に嬉しかった。
でも蓋を開けてみればそこにはもう色んな大人の事情があって、
イチから作り上げていくアイドルにはならなかったんですよね。
だから自分の中で曲は好きだけどグループとしてはそこまで入り込めませんでした。
同じく関西を拠点に頑張っていたアイドルが、
どれほど苦労してどれほど時間をかけて今の地位を築いたのかを見てきたからというのが、
自分の中で大きいんだと思います。

だから、今まさにメンバーとファンがイチから作り上げているHKTの姿が、
凄く羨ましくて微笑ましくて時間をかけて素敵なグループになって欲しいと思っていたのに、
今回のことでそれも叶わなくなるのかと思うと、もう何も見えなくなってしまいました。

別にAKB、その姉妹グループに限った事ではないんですけどね。
置かれている環境によって運営の方向性、メンバーの考え方や態度が変わってしまうことは、
芸能界orアイドル界に置いて当たり前のことですし。

そんな姿を何度も見て慣れている上で、
それでもなお「疲れた」と感じたのは、多分秋元Pの凄すぎる商才に疲れを感じたんでしょうね。
「やすす恐るべし!!∑(゚Д゚)」と茶化しておかないと怖すぎて……もうね。
別にあの方の全てが嫌いなわけではないんですけどね。
むしろ尊敬を覚えるぐらいなんですけど……狂気を感じる程に怖いです。

なので、自分の中でしばらく……いつまでになるかは分かりませんが、
AKBとAKB関連に関しては閉店ガラガラ…違う、シャッターを下ろそうと思います。
あくまで下ろしている期間の間、語るのを止めるだけで、
AKBファンを辞めるとか、嫌いになったわけではございません。
でもって、これは勝手な…非常に勝手な言い分ですが、
才加さんとDiVAに関しては引き続き平常運転のままで応援したいと思います。
理由は……お察し下さい。
(推しメンだからという理由だけではないです)

というわけでTwitterもブログもAKBからお越し頂いてる方には申し訳ございませんが、
しばらくはジャニごとメインに戻りたいと思います、原点回帰ですね。

さし当たっては、たくさんアクセス頂いている、
シングル・アルバム一覧表をちょっとずつ更新していきたいと思います。
非常に申し訳ないのですが、自分が確認している中だけでも、
関ジャニ∞の数字が一部間違って記載しておりましたので、
訂正も兼ねて改めて更新したいなと(関ジャニ∞の分は訂正しました)

こんなどうしようもない自分で申し訳ございませんが、
引き続きTwitter・ブログ等、各種諸々で仲良くして頂けたら幸いです。

ここまで酷い文章を読んでくださった皆様ありがとうございます。
自分で見返しても何書きたいのかさっぱりですね(´・ω・`)
でも言いたいことも言えないこんな世の中じゃ……ポイズン!ですから。
好きの反対は無関心。
語るのも時間の無駄なので語りませんということを察して頂けたら幸いです。
嫌いだったらこんなに悩んだり、ウジウジしたりしないんだもん(。・ˇ_ˇ・。)

最後に誤解されないように一つだけ。
決してメンバーに対してどうこう言いたかったのではなく、
あまりにもあんまりな対応の運営側の方に不信感が積もり積もったが上、
溜まったものを自分の中で整理させて頂きました。
自分の中でまた安心して応援できるスタンスになれば、
また楽しく語っていきたいと思っています。
個人的に13期生が凄く気になってたところなので……はい。


comment 0 trackback 1
06.07
Thu
本日、第4回目を迎えるAKB48選抜総選挙の幕が下りました。

私の推しメンである秋元才加さんは第20位。
昨年の17位から3ランクダウン。
そしてアンダーガールズ。

でも、そんなに悲観していなのは壇上に立った才加さんが、
これまでの総選挙では見たことのない満面の笑顔をしていたから。

そして確かに順位は落ちましたが、昨年と同じ形式なら選抜入りしていたわけで、
かつ何より大事な票数が昨年より約2000票増えた事は何よりも嬉しいことでした。
昨日も語りましたが昨年より1人でも多くの人が、
才加さんのことを好きになってくれたら嬉しいなという願いは、
票が増えた事できっと叶ったんだと思うことにしました。

今回一番大きいのは、第1回目から第3回目の総選挙と違い、
必ずしも前回から票が増えているメンバーばかりではないのが大きな特徴です。
特に上位陣でその動きが見えたのは今回が初めてだと思います。
それがどういう意味を持つのか……ここでは触れないでおこうと思います。
まぁ……無限にファンが増え続ける事はありませんからね。
そこからどれだけ人気を持続させる事ができるのか……ここからが本当の意味で勝負だと思います。

というわけで順位ではなく票数に注目して順位を見てみたいと思います。
昨年と比べて票数がどうなったのかを、今年の票数のとなりに表記してみました。
順位の隣りの数字は速報の順位です。
昨年圏外のメンバーは昨年の40位の票数-1の数から引いた参考値とさせて頂きました。
(○○以上の前の数字が大きいほど昨年より飛躍しているということです)

△票UP ▼票ダウン


◆選抜メンバー
1位 1 AKB K 大島優子 108837 ▼14006
2位 3 AKB B 渡辺麻友 72574 △13456
3位 2 AKB B 柏木由紀 71076 ▼3176
4位 4 AKB A 指原莉乃 67339 △22112
5位 6 AKB A 篠田麻里子 67017 △6478
6位 5 AKB A 高橋みなみ 65480 △12690
7位 11 AKB A 小嶋陽菜 54483 △1563
8位 9 AKB K 板野友美 50483 △80
9位 8 SKE S・AKB K 松井珠理奈 45747 △17943
10位 7 SKE S 松井玲奈 42030 △5101
11位 10 AKB K 宮澤佐江 40261 △6761
12位 17 AKB B 河西智美 27005 △4148
13位 16 AKB B 北原里英 26531 ▼1426
14位 15 AKB K 峯岸みなみ 26038 ▼32
15位 12 AKB K 横山由依 25541 △9086
16位 14 AKB K 梅田彩佳 24522 △12662

◆アンダーガールズ
17位 13 AKB A 高城亜樹 23083 ▼7926
18位 18 NMB N 山本彩 23020 △14323
19位 19 NMB N・AKB B 渡辺美優紀 19159 △14462以上
20位 32 AKB K 秋元才加 19121 △1967
21位 21 AKB B 佐藤亜美菜 17009 △435
22位 34 AKB A 倉持明日香 14852 △2465
23位 22 AKB 4 島崎遥香 14633 △9936以上
24位 20 SKE KII 高柳明音 14111 △2437
25位 24 SKE KII 秦佐和子 13920 △7803
26位 25 AKB B 増田有華 13166 ▼971
27位 28 SKE S 大矢真那 12142 △5482
28位 33 SKE S 矢神久美 11712 △7015以上
29位 26 SKE S 須田亜香里 11323 △5980
30位 22 SKE KII 古川愛李 11179 △6482以上
31位 35 SKE S 木﨑ゆりあ 10554 △5857以上
32位 29 SKE KII 小木曽汐莉 9596 △4899以上

◆ネクストガールズ
33位 45 AKB A 岩佐美咲 9297 △4600以上
34位 39 SKE 研 松村香織 9030 △4333以上
35位 27 SKE KII 向田茉夏 8552 △3855以上
36位 36 AKB A 仲谷明香 8505 △3808以上
37位 40 AKB A 中田ちさと 8315 △3618以上
38位 49 AKB B 宮崎美穂 8173 ▼1098
39位 53 AKB 4 永尾まりや 7809 △3112以上
40位 41 AKB K 藤江れいな 7782 △3084
41位 43 AKB B 小林香菜 7195 △2498以上
42位 55 AKB A 前田亜美 7168 △1948
43位 54 NMB N 福本愛菜 6912 △2215以上
44位 38 AKB A 仲川遥香 6890 ▼3964
45位 - AKB 4 田野優花 6694 ※初参加
46位 42 AKB N 山田菜々 6683 △1986以上
47位 - HKT H 宮脇咲良 6635 ※初参加
48位 51 AKB A 片山陽加 6602 △1905以上

◆フューチャーガールズ
49位 30 AKB 研 武藤十夢 6428 ※初参加
50位 48 AKB B 石田晴香 6333 △1636以上
51位 61 AKB K 菊地あやか 6185 △1488以上
52位 52 AKB A 多田愛佳 6140 ▼3770
53位 - AKB K 松井咲子 6058 △1038
54位 47 AKB 4 山内鈴蘭 6027 △1330以上
55位 - AKB K 仁藤萌乃 6025 ▼263
56位 44 SKE E 木本花音 5982 △1285以上
57位 56 AKB 4 大場美奈 5969 △558
58位 59 AKB 4 市川美織 5963 △1035
59位 50 AKB A 大家志津香 5933 ▼1331
60位 31 NMB N 小笠原茉由 5919 △1222以上
61位 - AKB B 佐藤すみれ 5706 △268
62位 37 SKE KII 矢方美紀 5606 △909以上
63位 63 SKE S 中西優香 5592 △895以上
64位 - AKB B 小森美果 5398 ▼722


とりあえず数字まで。
総評というか感想は明日また改めて別記事で書かせて頂きます。



comment 0 trackback 1
06.06
Wed
いよいよ明日に迫ったAKB選抜総選挙。

フジテレビでのファンの意に反した中途半端な総選挙生中継を見る必要がなくなったことは、
少しだけ気持ちが晴れましたが、やっぱり明日の事を考えると胃がキリキリと痛みます。

というわけで、投票が締め切られた今だから言えることを、
総選挙前夜に少しだけ書いてみたいと思います。

今年の総選挙の選抜が今までと違い16位までしか選ばれないと知った時、
正直なところ……何でここまで一握りの可能性すら握りつぶしたいんだろうと思いました。
これまでの21位と今回の16位。
たった5つ席が減っただけに思えるかもしれませんが、
その5つにはとても大きな意味があるのです。

現時点では絶対的な固定選抜メンバー18名がいて、
そこを16人が争う状況です。
一枠そこが空いたとはいえ、まだ17名に16席。
空きは一つもありません。
空きを狙う戦いってどうなんだと言われそうですが、
そこに選抜外のメンバーが入っていくことがどれだけ難しく、
どれだけ壁が高いことなのかは、
前回の第3回選抜総選挙の結果が全て物語っていると思います。

だからこそ21位までと16位までとでは全然面白さも違ってくるわけなので、
今回はハッキリ言って自分の中では17位以下の順位が楽しみになっております。
特に49位~64位までのフューチャーガールズと呼ばれるメンバーは、
どんなメンツになるのか想像もつかないので、
ここが一番見所といっていいかもしれません。

……一般の人から見たらポカーン∑(゚Д゚) ですけどね。

でも、一般の方もいつものメンバーはもう見飽きたという方も多いと思うので、
たまには…というか、AKBにもこういうメンバーがいるんだよという意味で、
選抜以外のメンバーを興味とまではいかなくても、
ちょっと見るぐらいならいかがでしょうか?(笑)
もしかしたら好みのタイプのコが見つかるかも知れませんし。
その際にはフジテレビではなくネットの方で無料で中継してますので、
何もやる事なくて暇だーという際には是非に。

で、また話戻しまして、
ブログでもTwitterでも今日に至るまで、
自分の推しメンである才加さんについてほとんど語ってこなかったのは、
あえて意図的にそういう対応にさせて頂きました。
(総選挙と関係ない話では一部Twitterで呟きましたが)

どうしてもこの時期になると、
票を何票入れたかとか、もっともっと推しメンの為に票を入れようとか、
そういった話が自然と入ってくるわけですよ。

正直なところ……私はそういった類の話が苦手なのです(´・ω・`)
そもそも選抜総選挙という制度が嫌いですからね。

何票入れたから自分の推しメンへの愛は凄いんだ!!と、
自慢する事を悪い事だとは思わないし否定する気もありません。
100票入れようが1000票入れようが、
自分が満足してるならそれでいいと思います。
でもそれはあくまで「満足」なんですよね。

私は今回自分で「納得」する票を才加さんに投票しました。
具体的な票数はここであげません…というかあげる意味がないので。
ただ、以前も書きましたが一昨年よりは昨年、昨年よりは今年の精神で、
自分が納得のいく票を投じたのでどんな結果になろうと受け止めるつもりです。

そしてやっぱりどれだけ甘いと思われても、
1人が100票入れた票より100人が1票入れてくれたことに価値を感じるので、
昨年より1人でも才加さんファンの数が増えていたらそれだけで嬉しいなと思います。

決して総選挙に対してやる気がないわけではないんですけどね。
1つでも上の順位にいきたいのはメンバーもファンも皆同じです。
自分が応援しているメンバーの悲しい涙は見たくないから、
どんな不平等で理不尽な状況の中であっても必死で目指したい場所があります。
まぁ…不平等で理不尽なのはそもそも芸能界の中でも同じですから、
あまりここはつっこんではいけないのですが、
無駄にメディア・マスゴミが偏った情報操作をするのがどうしても耐えられないだけで。

結局順位予想なんてできるほど心に余裕は持てませんでしたが(苦笑)
明日…というか今日の夜は泣いても笑っても恨みっこなしですよね。

お祭りのようにとはいきませんが、
少しでも心の余裕を持って総選挙を楽しめればと思います。
……難しいですけどね( ´,_ゝ`)


AKB48総選挙公式ガイドブック2012 (講談社 Mook)AKB48総選挙公式ガイドブック2012 (講談社 Mook)
(2012/05/16)
FRIDAY編集部

商品詳細を見る




comment 0 trackback 0
06.02
Sat
また1人、偉大なる歌手がこの世を去りました。

小さい頃に衝撃を受けた記憶というものは、
大人になってからも忘れることなくずっと心の奥底で残っているもので、
私の中で生涯No.1歌手として君臨し続けている方が尾崎紀世彦さんでした。

尾崎さんの大ヒット曲「また逢う日まで」が発売された頃、
まだ私は生まれる遥か前だったので本人はもちろん曲の存在すら知らなかったのですが、
そんな中で尾崎さんのことを知るきっかけとなったのが、
90年代後半に人気を博した「THE夜もヒッパレ」というテレビ番組でした。
この番組は邦楽のヒットチャートに上がった曲を、
歌手本人ではなく別の歌手だったりアイドルだったり芸人だったり、
別の人がカバーして歌うことが売りの番組でした。

その番組内で初めて尾崎さんを目にする機会があったのですが、
もうですね……あまりに圧倒的過ぎる歌唱力と表現力に度肝を抜かれたのを今でも覚えています。
それからというものの、次にゲストで出るのはいつだろう?
今度はどんな曲をカバーしてくれるんだろう?と待ち焦がれる日々。
ヒッパレのSPにゲスト出演の時にはリアタイでも見てビデオでも何度もくり返して見るほど、
本当に本当にあの歌声と人柄が大好きでした。

言いたいこと、伝えたいことはたくさんあるのですが、
どうやって言葉にすればいいのか本当に分かりません。
まだまだ亡くなったという事実に全然実感が湧かなくて信じられなくて。
こうやって文章を打っていてもどこか心が遠いというか、
んー……本当に言葉がでてこない。

でも、全く触れずに今までどおりブログを書くことがどうしてもできませんでした。
実感はないけど書いてはおかないといけないという矛盾。

またいつかちゃんと語れる日が来るかどうかはわかりませんが、
今は記録と記憶を留めておく事が限界。

私の誕生日にこの世を去った事は、
運命という言葉は適切ではないけれど何か意味のあることなのではないかと、
そんなことを考えてしまう今日この頃です。

私に歌の素晴らしさを伝えて下さった尾崎紀世彦さん。

ご冥福を心からお祈り致します。



最後に素敵な歌声を置いておきます。
「また逢う日まで」はあまりにも有名なのであえてこちらの曲を。

毎週日曜の朝にこの歌に出会えることは幸せでした。
(3曲のうち、1曲目と2曲目が尾崎さんです)






comment 0 trackback 1
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。