--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.29
Thu
8/28の卒業公演を持って、
秋元才加さんのAKB48としての活動が終了しました。

私がAKB48というものに興味を持ち出したきっかけが、
秋元才加さんだということはこのブログでもなんどめだナウシカですけど(笑)
あくまで私の中でAKB48の中の一つの時代が終ったなーというのが率直な想いです。

正直なところ(ネット配信で)卒業公演を見たら、
泣きすぎて全く画面見れずヤバイんじゃないかと危惧していたのですが、
それほど……自分比でそれ程泣かなかったと思います。
ただ「ファースト・ラビット」は……あの曲はやっぱり胸に詰まるものがあって、
イントロからずーっと涙が止まらなくなりましたね。
「虫のバラード」は今年のリクアワの時には号泣したあの時とは違って、
もの凄く安心感というか暖かく包まれてる感じになったので、
同じ曲でもこんなに表情(表現)が違うんだなーと妙に冷静に感動してしまったり。

MCでの、才加さんとのほっこりした思い出話が聞けたり、2期生が駆けつけてくれたりと、
本当に終始暖かい雰囲気に包まれた卒業公演で、
涙×2というよりは笑顔で見送れた素敵な卒業公演だったなーと思います。

今はまだAKBから去った喪失感というものが実感できてないんだと思います。
正直、まだ麻里子様が卒業した事も実感がまだないんですよね…。
多分、次のシングルが発表されて3人の姿がどこにもないという事実が突きつけられた時にやっと、
個性の塊である3人が、もうAKBにはいないんだという寂しさを感じるんでしょうね。

いつも才加さんについて、ブログに思いを書くとラブレターのようになってしまい、
そんな恥ずかしい文章を誰にでも見られる場所に何書いてるんだろうと、
書いた後に後悔の念にとらわれるのですが、
今後そういうことも書くことはなくなるのだなぁ……と、思うと、
好きです、愛してますとか書けるだけ書いてしまおうかと思いましたが思い留まりました(苦笑)

今後は女優秋元才加として、また歌手DiVAとして活躍する姿を、
これからも陰ながら応援させて頂きます。
きっと今後これ程までに好きになる女性アイドルは出て来ないと思います。
今後の女性アイドル界を考えるなら出てきて欲しいけども(笑)
AKB48として活動していく中で決して楽しい事ばかりではなかったと思います。
それでも画面の向こうではいつもファンの私達を楽しませてくれて、
たくさん愛を投げかけてくれて本当にファン冥利に尽きるというか、
応援していて色んな思いが共有できてただただ幸せでした。
本当に本当にお疲れ様でした。
そしてこれからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。