05.23
Mon
先に書いときます。
今回のブログは恐ろしく長文です。
2分割しようと思いましたが、何となく分けたくないと思ったのでそのままに。
最低10分は時間に余裕がある時にお読み下さい(苦笑)
あと、レポというのは仮の名前で苦情とファンレターな内容ですので、
詳細なレポが読みたい方は、別のブログを見て来て下さいませ。
ではでは、はっじまるよーv( ̄Д ̄)v ブイッ

昨日は7年ぶりぐらいに、
大阪の千里セルシーに行ってきました。

目的はただ一つ。

千里セルシーで行われる、
DiVAのミニライブ+ネームカード交換会のイベントに参加する為です。
もとい、主の推しメンである秋元才加さんに会いたい為とも言います(笑)

主は大阪住みなのですが、
それでも千里セルシーは明後日の方向にある為、
着くのに1時間はかかりますし、
何より駅までの道中、途中で路線が変わるからという理由で、
別途追加料金をごっそり取られる仕様の為、
地下鉄なのに交通費がハンパないこともあって、
5月6月はCDや雑誌への出費が凄いことになっていることも考え、
DiVAのCDは買っていたものの、イベントに参加するかどうかは、
ギリギリまで悩んでいたのですが、
もうすぐ発売されるAKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」の、
全国握手会イベントの大阪の日程を見る限り、
DiVAのメンバーは東京で握手会があるので、
大阪でのイベントには絶対に参加しないことが判明した為、
この機会を逃すと、当分また才加さんに会えないかもしれないと思い、
千里セルシーのイベントの参加決意を固めたわけです。

コンサートでも何でもですが、
イベントの前日は眠れない病にかかる主なので、
ネームカードを書く作業や、着ていく服やカバンの中を整理していたら、
結局なんやかんやで深夜3時を軽く回っていました(苦笑)
イベントは9時から整理券配布なので、
遅くても5分前には間に合うように計画している為、
7時には起床ということで結局3時間ちょっとしか眠れませんでした。
……いつものことですがどうやったらこの病気治るんでしょうか(´・ω・`)

眠い目をこすりながら、チャリンコに乗り、
電車に揺られながら千里中央駅に到着。
……あれ、何か人少ない(´・ω・`)

千里中央には行ったことがあっても、千里セルシーには行ったこと無いので、
事前に場所調べたら、駅の出口すぐそこって書いてあった為、
「これなら人の流れに乗れば大丈夫だろ」と思い、
詳しくは調べてなかったのでちょっと焦りました(・ω・;A)フキフキ
回り見渡しても人が見つからない∑(゚Д゚)
とりあえず駅の周りをぐるーっと回れば建物見えるかなと思い、
半周ぐらい回ったところで看板発見。
ほっとして入り口にむかったものの、今度はイベント広場の場所が分からないという罠。
今度からは、もうちょっと詳しく調べてから行こうと反省。
で、イベント広場を見つけたら、そこには人!!人!!人!!∑(゚Д゚)

やっぱりイベントは始発で行くのが常識なのか。
まぁ…主も若い時は映画の舞台挨拶の整理券貰うのによくやりましたけど、
もうこの年になると体力が着いて来ないです(´・ω・`)

で、列に並んで1時間ぐらいで整理券をゲトー。
整理番号は2000番台。
パッと見た感じより人数多くてビックリでした。

整理券を貰ったので、
女性・子供用の優先観覧席と書かれている地点に移動。
が、もう既に結構な人数が並んでいた為、
その場所に並んでも主の身長では全く何も見えないという罠。
ステージの高さを確認してもあれぐらいの段差じゃ恐らく意味が無い。
2階まで上がろうか悩みましたが、せっかくだし近くで見たいなーという思いに動かされ、
辛うじて辿り着いた観覧席の一番端の席に陣取りました。
端なら何とかスピーカーに邪魔されつつも隙間から覗くことができるのを確認して安心。

が、本当の試練はココからでした。

10時には席を確保したので、イベントが始まる12時半まで2時間半あるわけです。
この間、屋根の無い場所で絶好の晴れ日和を通り越した炎天下の中、
立ちっぱなしでイベント開始時刻まで耐え続けなくてはいけません。
前回の京セラドームの握手会は2時間歩きっぱなしとはいえ、
その後、ドーム内に入れば座って休憩できましたし、
なにより屋根があったので、奪われた体力を回復する時間があったのですが、
今回はそれができない為、イベントまで自分の体力が持つのかちょっと心配になったり(苦笑)
水分補給したくても、あまり水飲み過ぎるとトイレ行きたくなりますからね…。

そう、今回一番問題だったのは、
一度場所を確保したらそこから動くのが非常に困難ということです。
決められた席がなく、自由席という名の立ち見席なので、
数人で来ているなら、トイレなりグッズなり場所を移動したい場合は、
友達に自分の席を確保しておいて貰えればいいですが、
一人で参加の場合はそれができない為、全く場所を動くことができません。
隣の人がいい人なら、お願いすることもできますけど、
必ずしもいい人とは限りませんからね……(´・ω・`)

例え、確保してもらえたとしても、
後ろの方ならまだしも、前列の方は人の波をかき分けなくては行けないので、
行って戻ってくるのもかなり一苦労だし、迷惑がかかります。
待ち時間が少なければ問題ない仕様でも、
今回のように長時間待たなくてはいけないイベントでは、
この仕様はちょっと…特に女・子供には大変だと思います。

11時頃に一度、DiVAのメンバーがステージ上に現れて、
ミニライブのリハーサルをファンに見せるという嬉しい試みが。
やっぱり実際にメンバーを目にすると、足の痛みもすーっと消えて無くなりますね。
少しの時間でしたが、このサービスがあるのと無いのとでは大違いだったと思います。

リハーサルが終わり、ステージ上からメンバーが退出して、
再び待ち時間に入ったのですが、
イベント開始時刻になっても始まりません。
前回の握手会の時もイベント開始時刻から大幅に遅れたので、
ある程度予測はしていたのですが……今回はちょっとスタッフ側に問題点が。

前回の握手会の時は、
イベント開始時刻に司会の方から挨拶があり、
予想外の人数が集まり、まだ会場に入れないファンが多数いる為、
イベント開始の時刻が遅れるという報告がされました。
なので、そういうことなら仕方ないなーと思うことができました。

しかし今回のイベントでは、
司会の方から、そういった報告が全くなく、
というか、挨拶すら何もない完全な放置プレイ状態でした。
私の目の前にちょうどスタッフの方が集まっているテントがあったので、
何の報告もしないで、へらへら笑って談笑しているスタッフを見て、
正直、腹立たしく思いました(`・ω・´)

イベント開始時刻が遅れるのは諸々事情があると思うので仕方ないと思うんですよ。
でも、それを報告する義務はイベント開催側にあるんじゃないかな?
本人に会えるイベントを開催してやってるんだから、
ファンは黙って待つのが当たり前とでも思っているのでしょうか?
んー……それはちょっと違うような気がするんですよね。
特に今回はデビューシングルということもあって、
宣伝も兼ねているのですから、もう少しちゃんとした対応を取ってもらいたかったですね。

と、いう思いを抱きながらモヤモヤしていたら、
私のちょっと後ろにいた男性ファンの方がスタッフの方に、

『イベント開始時刻から結構遅れてますよね。まだ始まらないんですか?
 遅れてることについて、ステージに立ってちゃんと説明したほうがいいんじゃないですか?』

と、言っているのを聞いて、自分と同じ気持ちの人がいたのにホッとしました。
まだまだ自分はAKB新規ファンなので、
こういうことを思うこと自体がおかしいことなのかと思ったりもしたので、
その方が言ってくれたことで、
『あ、自分の考えはおかしいわけじゃないんだ』と安心しました。
(その人も新規ファンだったらアレかもですが)

AKBはもとより、女性アイドルのイベントに参加するのは今回で2回目なので、
自分の中の基準が、ジャニーズや特撮のイベントに基づくものなので、
女性アイドルはまた別なのかなーと考えることがしばしばあるんですよね。

ただ、その男性ファンからの忠告も虚しく、
やはりスタッフ側からの説明は全くないまま、時間だけが過ぎていき、
イベントが始まったのはHPに記載されている開始時刻から30分後のことでした。

何の説明ないのも腹立たしかったけど、
Twitter上で『ちょっと遅れますがもうすぐ始まりますよー!』と、
スタッフがコメントを出していたのを、帰宅してから見て更にイラッ☆としました。
注意されたから逆切れですか?
大体そんなツイートしても、会場にいるファンには見られへんやないか!!(#゚Д゚)ゴルァ!!

遅れてることに対しての報告は全くしないくせに、
ファンへの注意事項はしつこいぐらい何度も何度もアナウンス。
「もう少しで始まります」という発言を何度聞いたことやら。
そんな状態だから携帯出すのも注意されそうで躊躇われる状況で、
どうやってツイートを見ろと。

以上、ここまでがスタッフに対しての怒りの報告でした(苦笑)
まぁ、今回はAKB側というよりエ●ベックス側のスタッフの問題だと思うので、
色々難しいところはありますけどね(´・ω・`)

で、肝心のイベントの方は、とても楽しかったですヾ(≧∇≦)ノ
ミニライブは計3曲あって、

「月の裏側」
「Fade out」
「Blue rose -DiVA ver.-」

を、素晴らしいパフォーマンスで魅せてくれました。
隙間からしか見えないので全体的に見ることはできなかったのですが、
自分の席からは、才加さんがやや遠目ですが結構見れたので満足。
「Blue rose -DiVA ver.-」は、
思ったとおり、CDで聞くよりもパフォーマンスも込みの方が、
何倍も良い曲に思えました。
どうしても原曲のロックな感じが好きだったので、
最初は違和感が拭えなかったのですが、
ダンスがそこに付属すると、これはこれで全然アリだと思えるから不思議。

ミニライブの後は、AKB初の試みであるネームカード交換会ですが、
ここでまたちょっとイラッ☆としたことが2つ(笑)

その1
何番から何番までの整理券を持つ方お並びくださいというアナウンスと、
ステージ上でネームカード交換会の説明を(流れを)同時に紹介していた。
私がいた位置からは両方のマイクがかぶって何がなにやらさっぱりでした。
どっちか空気嫁。

その2
用意してた曲、一つじゃなかったのかよ!!∑(゚Д゚)

ツッコミの内容について詳しく説明致しますと、
ミニライブが始まる何時間もの間、
ずーっとかかっていた曲は「月の裏側」のリミックスバージョンでした。
(多分、劇場版CDに収録されてるやつですかね?持ってないのでわからないのですが)
どんなに好きな曲でも、何時間も同じ曲をひたすらリピートされたら嫌になるっちゅーねん!!
ましてや炎天下の中での長時間立ちっ放しの中でのコレは、
体力だけじゃなく精神的にも結構キツかったです。
まぁ、宣伝の為だし仕方ないのかなーと、思ってたところに、
いざ、ネームカード交換会が始まったら、
原曲やら他のCPの曲やら全部ローテーションでかかった件。
何故最初からそれをやらなかった…(#^ω^)
一つの曲流されるのと複数の曲ローテーションされるのとでは、
精神的負担も全然違うっつーの!!
特に主の場合、CD1種類しか買ってないから、他の曲聞けるのは嬉しいし、
曲良かったら、他の種類も買おうかなと思う気にもなるじゃないですか。
個人的には小室さんが作った曲はかなりツボでした。

そんなスタッフに対してイラッ☆としつつ、
番号が呼び出されるまで待っていると、
才加さん・佐江ちゃん組の列が大変なことに……。
急遽、二組ずつ列の入り口を分けていたところを、
佐江ちゃん単独列と他3人に分けることに。
それでも長蛇の列は解消されることなく、佐江ちゃんのみ整理番号の呼び出しも3人とは別々に。
さすが選抜常連組ですね。人気をまざまざと見せ付けられた気がしました。
とにかく、若い小中学生から大人まで女の子ファンが多かった。
イケメンガールの名は伊達ではないですね。
女の子の応援スタイルがジャニーズとかぶってるのも特徴。
(お手製うちわ作ったり、イッピ袋持ったり等)
※イッピ袋とは、無地の袋に自分の好きなアイドルの切抜きを大量に貼ってある袋のこと。

あくまで今回のイベントに限りの話ですけど、
才加さんは女性ファンの割合が多いのかと思ったら、
そうでもなかったのが意外でした。
おそらく、ゆったんの方が女性ファンの割合が多かった気がします。
(大阪凱旋ということも影響していると思いますが)

待っている間にどんな感じかなーとステージ上を見ていたら、
結構メンバーがまじまじとネームカードを見ているのを見て、
『えっ!!そんなにじーっと見られるの!?』と、かなり焦りました。
私……字があまり綺麗じゃないので(´・ω・`)
何せ書道8級の腕前ですから( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン
あと……ちと持病のせいで罫線が引いてないと字が右肩上がりになるし…てかなったし。
むぅ、憧れの人から羞恥プレイに会うなんて…うぅぅぅぅ。

番号が番号だけにまたしても炎天下立ちっ放しプレイでしばらく待った後、
自分の番号の呼び出しが来たので一目散に列の入り口まで並びに行きました。
3人の列はスムーズに解消されていたのですぐに整理券渡して才加さんのレーンに向かうと、
迅速に並びすぎた為、前に人が2人しか並んでいないという状況。
すぐに順番が回ってくるのはいいけど、気持ちを落ち着かせる時間がないという状況に。
更に、自分の前の人が他の人に比べて、やたら早く(そう見えただけかもですが)
一連のやりとりが終わったので完全に頭がメダパニ状態に。
で、そんな中、自分の番が来て才加さんと初めて目が合ったのですが、
その瞬間、完全に頭と体がフリーズ。



……美しすぎる!!∑(゚Д゚)


『テレビで見るより●●ですねー』という言葉がありますけど、まさにそれ。
や、テレビでも美人さんですけど、実物は超絶美人さん(*´д`*)

そんなフリーズ状態の中、なんとか才加さんの目の前まで辿り着くと、
まずは才加さんの方から、
『こんにちはー☆』
と、笑顔で元気に挨拶してくれました(*´∀`*)
あああぁぁ…でもその笑顔で更に私の思考回路はショート寸前に(爆)
『こ、こ、こ、こ、こんにちは……(゚Д゚)』と、テンパリながらなんとか小声で挨拶を返すのが精一杯。
この場を今すぐ逃げ出したくなる衝動に駆られながら、
手に持ったネームカードを才加さんに手渡す。
もう、ちゃんと両手で上手く渡せてたか記憶も無い(苦笑)
ここからは薄れゆく記憶の中、かすかに覚えてたことを書いているので、
一部、フィクションかもしれません。

主が渡したネームカードを、じーっと見て、
『志音さん(ハートマーク)』と、名前を呼んでくれました。←ハートマークは妄想

そう、ネームカードということで自分の名前を書いてたんですね。
最初は本名を書こうかと思ったのですが、
もしかしたら名前を呼んでくれるかもしれないと1割ぐらい思ったので、
その際に、本名だと語呂的にちょっと読みにくいかなと思ったのと、
ブログのコメントや、Twitterでリプする時には、
志音の名前を使っているので、そっちの方がいいかもとふと思ったわけです。
なのでカードには志音と記載しました。
まぁ、本名でも志音でも、そんなに名前変わんないですから。

で、クルっとカードを裏返しにすると、
『わー!たくさん書いてあるー☆ 嬉しいー(ハートマーク)』←ハートマークは(略)
と、笑顔で言われて、やっとショート回路していた脳が少し回復。
『あ、なんかネームカードというより、ファンレターみたいになっちゃって申し訳ないです…』
と、やっと自分の言葉が口から出ました(苦笑)
するとそれに対して、
『ううん、嬉しいー。ありがとう。後でじっくり読ませてもらいますね(ハートマ(略))』
そして、ここで才加さんからネームカードを受け取る。
ちゃんと両手で礼をして受け取れたか記憶が無いので心配…。
ここでも何か言ってもらえたんですけど記憶が完全に欠如。
最後にもう一言話せる時間があったので、
『ずーっと応援しているので頑張ってください』
という、ごくごく普通な言葉だけど精一杯心を込めて伝えると、
『ありがとうございます。頑張ります!!』と、満面の笑顔で返されKO
笑顔で両手を振り合いながらイベント終了。

もう……何か燃え尽きた、いや萌え尽きた。
最初、握手ができないということで、ちょっと残念だなと思ったんですけど、
名前呼ばれたり、何より握手会よりずっと話をする時間が長くて、
コレはコレで素晴らしいイベントだなと思いました。
特に名前呼んで貰えるのはより思い出に残るんじゃないですかね。
あと、ネームカードそのものが手元に残りますし。
あ、ちなみにメンバーとの握手会はなかったけど、
戸賀崎さんとの握手会はありましたよ(笑)
私は参加しませんでしたが。←コラッ!!

でも、ホント綺麗だったな…才加さん。
そればっか言ってますけど、ホント綺麗だった(*´д`*)
昨年から今年にかけて色々と苦しい壁が才加さんの前に立ちふさがったけど、
そこから逃げずに乗り越えたからこそ、より一層、人間としての美しさに磨きがかかり、
今のあの美しさがあるんだなと思いました。

色々スタッフ側に文句ばかり書いてきましたが、
イベントに参加してホントに良かったなと思いました。
文句はもう……仕方ないですよ。
AKBに限らず私は基本毒舌人間ですから(苦笑)
書いてる間はまだ見限ってないってことですから大丈夫です( ̄∀ ̄*)イヒッ

総選挙も近くなって、ファン同士でネガティブキャンペーンが始まり、
個人的にちょっとしんどい気持ちになっていたところだったので、
イベントに参加したことでハッキリ気持ちを切り替えることができました。
参加する前日も気持ちは切り替わっていましたが、
それが間違ってないんだと更に気持ちを強く固めることができました。

なのでハッキリ言ってしまいます。

今までの過去2回の総選挙と違い、
今回の総選挙は何の意味も無いものだと思います。
頑張る彼女達に意味が無いと言ってるわけではなく、
それぞれのメンバーが何位になろうと意味が無いという意味です。

大体これほど人気が出た状況で総選挙をやっても、
メディア選抜組とそうじゃないメンバーとでは、
あまりにも埋められない差が出来すぎて何をやっても不可能ですからね。
そりゃそうです。最初は誰だってテレビや雑誌に出てる人から入りますもん。
かくいう私でも、動画を見て才加さんが気になって、
そのすぐ後に運良くTV番組で活躍する才加さんを見たことで推しメンになったわけですから、
やはりメディアの力は絶大です。
なかなかそこから掘り下げて、メディア露出は少ないけど、
劇場で輝いてるメンバーを発掘するとこまでは、
よほどAKBという媒体そのものにハマらない限りは難しいと思います。
新規のファンの中で公演曲まで知っているファンが何人いるんだろうとふと思ったり。
良くないことですが、動画サイトで曲なり、今までのAKBの歴史なりうpされてますから、
せめて一通り曲を聞いたり、これまでの歴史を見てから語ってほしいものですね。
ネガティブキャンペーンでのメンバーへの悪口は、
これまでのAKBを見てきたファンなら絶対そんなこと思わないような内容ばかり。
こういうファンがグループそのものの評価まで落として、
食いつぶしていく気がして心配になります。
ジャニーズでも経験してますからね……(´・ω・`)

まぁ……私も劇場公演を見に行ったことはないですし、
曲で言うと「言い訳Maybe」からのペーペーなファンですから、
偉そうに言う資格はこれっぽちもないんですけど、
アイドルファン暦は結構長いので一応釘刺し。

話を戻して、だから例え才加さんが何位になろうとも、
私はずっと才加さんを応援し続けますし、
今後、どのような決断をしても、
……極端な話、AKBじゃなくなっても応援し続けます。
DiVAとしてはこれからも長く活動して欲しいですけども。

どうやら自分は、AKBの秋元才加ではなく、
秋元才加という人間を好きになったみたいです。

ちなみに性別とか超越して人間として好きになった人は、これで二人目。
一人目は言わずもがなSMAPの中居さんですけど(笑)

自慢じゃないですけど、あんなに有名になる前からというか、
今や紅白の司会までこなす程の大役を任せられる前から、
この人はスゴイ人になると中居さんに目をつけていた主なので、
人と才能を見る目には自信があると……多分思います←コラッ!!

きっと将来、色気ムンムンな(笑)素敵な女優さんになると予言。
個人的な理想としては歌も演技もできる女優さんですけども。
才加さんの表現力のある歌い方が凄く好きなんですよね。
あと色気のある声質も。
歌の上手さならAKB内でも才加さんより上手い人がちらほらいますけども、
表現力に関しては1番なんじゃないかなと思います。
いいんです。贔屓目だと言われても。
でも、それは年齢の差がやっぱりありますからね。
表現力だけはどうしたって年を重ねて色んな経験を積まなければ身に付きませんから。

そういう意味では、今現在「新堂本兄弟」にレギュラー出演しているたかみなは、
凄く恵まれた環境にいると思います。
あそこで得た経験は彼女がソロ歌手と成功する為の糧に絶対なりますからね。


総選挙の順位がどうなろうと、
今後、彼女がどんな道を歩もうと、
才加さんに渡したネームカードにも書いたメッセージですが、
『さやかがさやかで在り続ける限り私はずーっとさやかを応援しています』


これはあくまで個人的なAKBに対する思いですけど、
もし今回の選挙で才加さんが選抜落ちをしたり、
たかみなが前回よりランクダウンしたら、
AKB48という媒体に対しては今後あまり期待しなくなると思います。
AKBには、たかみなや才加さんのような存在は絶対に必要です。
んー…この件に付いて書くと、更に長くなること請け合いなので、
次回、第三回AKB選抜総選挙の予想を書く時に合わせて書いてみたいと思います。
あくまで、ぺーぺーの意見なので、
昔からAKBのファンをされている方にはつっこまれるような内容になりそうですが(苦笑)
自分なりの……これまでのいわゆるジャニオタ(笑)として見てきた経験から、
ちょっと違った視点で書いてみたいなと思います。

……なので、オラにブログを書く時間をくれー!!(泣)

誰か私の代わりに、ドラゴンボール集めて来てください(切実)←古っ!!


関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://fivejoker.blog70.fc2.com/tb.php/360-37ca8bf4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top