--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.28
Tue
先日、TwitterのTLを見ていたら、
中居さんがまた避難所の方へ足を運んだ話を聞いて、
本当に凄い人だなと、尊敬と感動の思いに包まれながら、
微笑ましくその報道を見ていたのですが、
そんな思いが全て引っくり返された、
中居さんの善意が踏みにじられた報道を見て心が痛みました。

◆東日本大震災:スマップ・中居さん配布のゲーム機、石巻市が慰問の子から回収 /宮城

http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110627ddlk04040032000c.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000042-mailo-l04

以下、リンク先より文章を転載。

石巻市の門脇中学校の避難所で26日、
慰問に訪れた人気グループ「SMAP」のメンバー、
中居正広さんが子供たちに配ったゲーム機を、
市職員が、クラシックバレエの披露のために同校にいた子供たちから
「避難所外の子供」を理由に回収したことが分かった。
市は抗議を受け、返却することにしたが、市の対応に批判の声も上がっている。

市などの説明によると、
中居さんは同日、被災した子供と一緒に、
市内のバレエ教室の子供に人形や1台数万円のゲーム機を配った。
中居さんから「頑張ってね」とプレゼントを手渡された子供たちは大喜びした。

ところが、被災者の子供の保護者らから
「ボランティアで訪れた子供が高価なプレゼントを受けるのおかしい」と市職員に抗議。
これを受け、市職員はバレエ教室の子供に返還を求めた。
ゲーム機を回収された小学4年生の女児は
「中居さんからもらったと、友達に自慢しようと思っていたのに」とがっかりしていたという。

一方、市には「子供たちの心を傷つけた」などと対応を批判する苦情の電話が相次いだ。
市避難所対策室では「配慮に欠けた」と陳謝。
ゲーム機をバレエ教室を通じて子供たちに返すことにした。



この件で、一体誰が得をしたのだろう。
誰も救われない、誰も笑顔になれない最悪のケースになったのではないでしょうか。

ただ、決してこの抗議した被災者の方々を、
一方的に責める気持ちにはなれません。
避難所に3ヶ月もの間暮らしている被災者の方達の精神状態は、
私なんかには想像もできないぐらい、辛くて厳しいもので、
何ら希望が見えてこない状態が続いてることに精神的にも非常にまいっていると思います。
被災地・避難所にいる全ての人がとは言いませんが、
例え善意からくる行動であっても、
それらが全て煩わしく鬱陶しいものだと感じられる方がいても何らおかしくないと思います。
一番最悪の状態になると、他の人の笑顔ですら憎らしく感じてしまうかもしれません。

ただ、そんな時に少しだけ落ち着いて、
自分の傍にいる子供と目と目を合わせることができたなら、
その避難所外の子供が貰ったゲームを、
大人の手によって無理やり取り上げられた時の気持ちも分かったと思うんですよね。
そんな心の余裕さえ持ち合わせることができない、
自分のことだけで精一杯で誰かを思いやることができない今の状況に、
凄く危機感を覚えました。

しかし、こういう事例があると、ますます義援金を配るのに、
色々細かく調査して不満がでないように…みたいな余計な配慮が出て、
結果、配られるのが更に遅くなるという悪循環にならないかが心配です。

市の職員さんも、
市民から抗議を受けたから、言われたから仕事をやっただけなので、
ここを一方的に責めるのもなかなか難しいところなのですが、
ただ……今回は中居さんが個人的に買って、個人的に子供達に配ったものですよね。
それを抗議があったからって、子供達から取り上げちゃう権限っていうのは、
んー…ちょっと腑に落ちない部分があるのですが。
市職員さんも連日大変な中で働いていて、体力的にも精神的にも疲れていて、
やっぱり少し気が回らなかったのかな…という思いはあります。

どちら側も、精神的にいっぱいいっぱいな状態になってしまったことで、
他人を思いやる心が少し欠如してしまったが為に起こった悲しい出来事だったのかな……と。

善意で何度も物資を届ける為に避難所に足を運んだ中居さん。
中居さんの想いはどこに置き去りにされてしまったんだろう。
この件で一番傷つけられたのは踏みにじられたのは彼の想いではないでしょうか。


ちなみに、この記事ではゲーム機を配付しか書いてないので、
中居さんがゲーム機しか配ってないのかと思われる方もいると思いますが、
それはその中の一つで他の物資(おもちゃ、マッサージ機など)も、
今回はどうか分かりませんが、これまでの避難所訪問の際に配っていますのであしからず。

関連記事

comment 8 trackback 0
トラックバックURL
http://fivejoker.blog70.fc2.com/tb.php/370-1371ae35
トラックバック
コメント
被災した子ども達に送ろうとした
それを被災していない子ども達がもらった
それを返してもらった
これのどこが悪いのか?
中居くんがあげようとした子ども達以外の子どもたちの手に渡った
貰う子どもたちは悪気が無かったと思うが
返してもらった事に対して抗議する親達に私は腹が立ちます
パパ | 2011.06.28 11:47 | 編集
>> パパさんへ

わざわざこんな辺境の地にあるブログに、
コメントくださってありがとうございます。

えっと……ブログを読んで下さった上でコメント下さったと思いますが、
私は特に誰かの肩を持っているわけではございません。
ボランティアで来られている親御さん達にも、
配慮しなくてはいけない部分はあったと思います。
それも含めての「他人を思いやる心が少し欠如していた」という文にさせて頂きました。
この件で、特定の誰かを批判する行為自体が、
そもそも中居さんの善意を置いてけぼりにすることだと思いますので。

あと、一つだけ書き加えさせて頂きますと、
ボランティアで来ていた子供達も、
宮城県に在住しているので避難所にいないだけで被災者だと思います。

パパさんがお怒りになる件については、
そういうふうに感じる方がいても当たり前だと思います。
そこはもう、人それぞれ思うことは違いますから、
それはそれでいいというか、一つの意見として、
頂いたコメントをそのままこちらのブログ欄にて置かさせて頂きました。
私の意見は私がブログに書かせてもらったことが全てであり、、
誰かの共感を得ようと思って書いたのではないので、
それ以上でも以下でもないとしか言えません。
以上、長文の返コメ失礼致しました。
志音 | 2011.06.28 17:18 | 編集
はじめまして。ニュースを見ていてたどりつきました。

ブログを読んでとにかく感じたのが、志音さんは、いろいろな方の立場・気持ちに立って冷静に公平に相手のことを思いやることの出来る方だなということです。言葉ひとつ一つを見ればそれはわかります。(返コメを見る前から純粋にそう思いました)

避難所の方、ボランティアの方、市の職員さん、そして中居さんの善意…。
私もボランティアの子供たちがもらってはいけないという基準はどこにもないと思いますが、それ以降の流れについて、かかわっている方々の複雑な気持ちや、止むを得ない事情などひとつひとつを想像すると本当に心が痛みます。

なんかうまくまとめられませんが、気持ちが伝われば幸いです。


でらまさ | 2011.06.29 03:50 | 編集
良くも悪くも。
これが震災の人的余波だと感じています。
誰もが人を思いやった結果‥ですよね。
切ないけど‥
みんなが気持ちを伝えようと行動する、発言するって素晴らしいです!
かなる | 2011.06.30 14:07 | 編集
>> でらまささんへ

はじめまして。
ブログを読んで下さってありがとうございます。

自分の文章の言葉が足りないが為に、
少し誤解を受ける人もいたのかなと自分の文章力の無さに悩んでいた時に、
こういった暖かい言葉をでらまささんから頂いて本当に救われました(´;ω;`)
褒められると伸びる子なので少し自信を取り戻せました。←コラコラ

本当に今回の問題は難しいし、
なかなか上手く言葉に表せない…どこかもどかしい気持ちでいっぱいですよね。
決して誰もそこに悪意というか誰かを傷つけようという気持ちはなかったと思います。
ただ、少しだけボタンを掛け間違えてしまったのかなと。

こういったニュースを報道してしまったことで、
第三者が投げかけた心無い言葉によって、
当事者達の傷口が広がらないことだけを祈りたいですね。
志音 | 2011.06.30 23:22 | 編集
>> かなるさんへ

そうなんですよね。
誰も誰かを傷つけようとしてやったわけではないのに、
結果、こういう事態になってしまったのは本当に悲しいことですよね。

でも、気持ちを我慢してしまうより、
思ったことをハッキリと言う方が、
今の状況ではいいことなのかもですね。
ずっと言いたいことを我慢していると心が壊れてしまいますから……。

もっと今の政府にも国民1人1人が気持ちをぶつけないといけないのかもですね。
それを華麗にスルーするのが今の政府ですけども(苦笑)
志音 | 2011.06.30 23:27 | 編集
私がいろいろネット上で見た情報ですと中居君は「みんなで使って下さい」と子どもたちにおもちゃを手渡したようです。
(私がその場にいたわけではないので、どの情報が真実かは確かめようがないですが)
現に、他の避難所では、中居君が配ったDSは避難所の共有物としてナンバリングしみんなで順番に使っているとのことですから、そうなのだと思います。

バレエ教室の子供たちはとても幼かったようですから、中居君から手渡されたものを「自分が貰った」と勘違いしたのは無理がないと思いますが、周りの大人(親)が常識を発揮して欲しかったです。

毎日新聞の記事の書き方は「中居と避難所間の譲渡」を「中居と子ども間の譲渡」だったとミスリードし、記者の悪意を感じます。記事は行政と避難所を悪者にしていますが、本当に常識がないのはどちらでしょうか。

中居君はマッサージチェアも寄付していますが、避難所外の人間が、自分も被災者で、中居君は俺に手渡したんだと自宅に持ち帰り、個人の所有物としてしまったのと同じことです。
同じ非常識を子供がしたとして、子供が非常識をするのは仕方がないことですが、大人がそれを正さず、子供を盾に非常識を通そうとする親はどうなのでしょうか。
常識 | 2011.07.01 16:58 | 編集
バレエ子供の非常識を行政と避難所民に訴えられたバレエ親が、逆切れしたというのが真相だろう。

で、マスコミに、「『子供が中居君から直接プレゼントされた』ものを避難所外の子供を理由に回収された」という自分たちに都合のよい一方的な解釈をリークした。

特に『子供が中居君から直接プレゼントされた』という部分が非常に我欲に満ちた解釈ですね。これぞまさにモンスターとも言えなくない。
避難所にプレゼントしたものをバレエ子供が勝手に持って帰ってきてしまったとすれば、全然違う見方になるし、そちらが真相だと思う。
mikosan | 2011.07.01 17:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。