--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.03
Wed
本日、8月3日は『君が望む永遠』が発売されて10周年。
という文章を、とあるブログを見ていたらたまたま目にしたので(笑)
約9ヶ月ぶりにおすすめゲーム音楽のコーナーを更新してみました。

『君が望む永遠』は、2001年8月3日にâge(アージュ)より発売されたPC用18禁ソフト。
ジャンルは恋愛アドベンチャーゲーム。

後にドリームキャストとPS2へ一部内容を変更し全年齢対象版として移植されました。
主がプレイしたことがあるのはドリームキャスト版のみです。

このゲームを一言で言い表すと、
昼ドラもビックリのドロドロの三角関係の果てに主人公は誰を選ぶのか?
と、いった感じの非常に…非常に重い気持ちになる欝なストーリーです。

詳しいあらすじはwikiに載っているので、
自分なりのざっくりとした解釈で簡単にストーリーを説明しますと、

高校3年生の孝之(主人公)は、ある日立ち寄った本屋で、
同級生の内気な女の子、涼宮遙(ヒロインその1)と出会う。
涼宮遙は実は主人公に密かに想いを寄せていたが、
その性格の為、2年もの間その想いをずっと伝えられずにいた。

そんな遙の親友、速瀬 水月(ヒロインその2)は、
遙とは真逆の積極的でさばさばとした性格の女の子。
親友の遙の為に、主人公との距離を近付けさせようと、
まずは自分が主人公と接近し仲良くなる。

その後、なんやかんや色々あって、
遙の方から主人公に告白。
主人公は突然のことに驚くが、遙をふって傷つけるのが怖かった為、
告白を了承し遙と付き合い始めることにする。
(他にも別の理由があったのですが)
最初は遙が好きではなかった為、あまり上手くいかなかったが、
水月のサポートもあり、付き合っていくうちにどんどん彼女が大切になっていき、
最終的には自分から告白し直して晴れて両思いとなる。

ここまでは第1章のあらすじで普通のラブコメなんですけど、
第1章のラストに衝撃の展開が待ち受けていて、
そこからドロドロとした人間模様になっていくのです。
ここからはネタバレ満載なので嫌な方は下の動画あたりまでずずーっとスクロール。

ある日、遙とデートの約束をした主人公は、
その途中、その日が誕生日だった水月と出会い、
誕生日プレゼントをねだられる。
そのプレゼントを水月と共に選んでいた為、
遙との待ち合わせ時間に遅れてしまう主人公。
急いで待ち合わせ場所にかけつけると、
そこにはたくさんの人だかりとサイレンの音が鳴り響いていた。

主人公を待っている間に遙は交通事故にあったのだ。

交通事故に遭った遙は命は取り留めたが、
昏睡状態のまま一向に目を覚まさない。
遙が交通事故に遭ったのは自分の責任だと自分を責め続けながらも、
寝る間も学校へ行く間も惜しんで一心に遙の元へ通う主人公。
そんな悲痛な状態の主人公の姿を見て、
遙の両親は主人公が遙の為ではなく自分自身の為に生きてくれるよう遙から引き離す。
そんな両親の思いが素直に受け入れられず、
失意のどん底に落とされた主人公は自分の家に引き篭もってしまう。
そんな状態の主人公を見るに見かねた水月は、半同棲生活を送りながら、
3年間献身的に主人公を支え、社会復帰できるまでに立ち直らせた。
そんな水月のことを主人公も少しずつ、遙の代わりじゃなく、
1人の女性として想いを寄せるようになる。

そんなおり、遙が3年間の昏睡状態から目覚め、
主人公は、遙と水月、二人の女性の間で心が揺れ動いていく……と、
ここまでが第2章のほんの頭までのあらすじです(苦笑)
いらんとこ省いてもこんなに長くなりました(・ω・;A)フキフキ

まぁ、ここからは選択肢によって、
元カノの遙と元の鞘に戻るのか、今カノである水月と共に歩むのか、
はたまた実は主人公が好きだった元カノの妹と付き合うのか、
いっそのことこの一連の事件と関わっていない、
バイト先の女の子達や病院に勤めてるナースさん達と仲良くなるのか、
決めるのは自分次第です。
まぁ、元カノ、今カノ、元カノ妹の場合は、
どうあがいても他の2人を傷つける結果になっちゃいますけどね(苦笑)
女性と男性で感じることは違うと思いますが、
私は今カノである水月とのハッピーエンドを迎えるのはちょっとダメでしたね(´・ω・`)
なんていうかあまりにもリアル過ぎて(爆)
ちょっとケースは違いますけど、
友達の為に男の子紹介するんだけど、
いざ友達とその人が付き合うようになったら、
隣りの芝生はなんとやらじゃないけど、やっぱり惜しくなって、
その友達から自分が紹介した男の子を奪い取ったっていう話が、
ごくごく身近にありましたもので……ハイ。

まぁ、そんなこともありまして自分にとって水月ルートは鬼門なのです。

文章長くなったのでそろそろ曲紹介。
最初に紹介する曲は第1章から第2章に章が移る時にだけ流れる曲。
第2章からが物語のスタートなので実質OP曲扱いになってますが、
ゲームを始めても流れません(別の曲が流れるので)
なので聞く機会は非常に少ないのですが、
曲がもの凄く印象的に残り、一度聞いただけで大好きになりました。
ヒロインの1人である涼宮遙役の声優をされている
「栗林みな実」さんが歌われている「Rumbling hearts」です。





Fullバージョンはコチラ。





次に紹介する2曲は、
それぞれゲームを始めた時に流れる曲。
(wikiによるとアバン主題歌というらしいです)
DC(ドリームキャスト)版とPS2版でそれぞれ曲が違うので両方紹介します。
まずは主がプレイしたことのあるDC版より、
栗林みな実さんが歌われている「yours」です。





こちらはPS2版。
同じく栗林みな実さんが歌われている「風のゆくえ」です。





「Rumbling hearts」と、「風のゆくえ」は、
栗林みな実さん自身が作詞もされているみたいですね。
声優で歌も上手くて作詞もできるってどんだけ才能あるんだ∑(゚Д゚)
あと、18禁PCゲームなんかでは大人の事情で、
普段使っている名前とそういうゲームとで名義を変えたりするケースが多いんですけど、
この方はそういうゲームであるこのゲームでも、
名義を変えずに堂々とメディアに出演している姿がとてもカッコイイと思います。

では最後はED曲。MEGUMI(現・rino)さんが歌われている、
「君が望む永遠」で〆たいと思います。





このゲーム、続編というかアナザーバージョンみたいな作品出てますよね。
すっごい気になるのでやってみたいものですが、
コンシューマの全年齢版では出てないのがちょっとネック。
なかなかPCの18禁ゲームには手が出にくいです(´・ω・`)


君が望む永遠 ~Rumbling hearts~(通常版)君が望む永遠 ~Rumbling hearts~(通常版)
(2003/05/01)
PlayStation2

商品詳細を見る


君が望む永遠 通常版君が望む永遠 通常版
(2002/09/26)
Dreamcast

商品詳細を見る



関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://fivejoker.blog70.fc2.com/tb.php/381-79bd864b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。