--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.14
Sat
前回の続きで、
10位→4位までの発表となります。

注意書き等は前回の記事に全て記載しておりますので、
見られていない方は、まず前回の記事を読んでから見て頂けると幸いです。



2011MyベストソングTOP20(3-2) 投稿者 shion8








10位『輝ける舞台へ』/関ジャニ∞
アルバム「FIGHT」収録曲

実際に主は関ジャニ∞のライブには行っていないのですが、
ライブに行って聞いたら多分この曲で泣いてしまいそうな予感がする、そんな曲です。
たくさんの楽曲の中にはCDで聞いていい曲だけじゃなく、
CDではそれほどだけどライブ(コンサート)会場で聞くと化ける曲ってあるんですよね。
SMAPでいうと「Triangle」や「ありがとう」が自分の中ではそれにあたります。
何となくそんな感じがこの曲からは感じましたね…まぁ、行ってないので説得力ゼロですが。


9位『きみとぼくのなかで』/KinKi Kids
アルバム「K album」収録曲

いいよーどんちゃん、さすがどんちゃん。
ことごとくKinKiファンのツボを突いてきますね( ̄∀ ̄*)イヒッ
主はどんちゃんの作るKinKiさんの楽曲が大好きでございます。
個人的に中毒性の高い曲ですね。
頭の中でぐるぐるメロディーが回ります。
KinKiさんの歌声も相まって聞いていて心地よくなってきます。


8位『もっともっと』/KinKi Kids
アルバム「K album」収録曲

最近は明るい盛り上げ調の曲を歌う機会が少なくなってきたKinKiさんなので、
こういった曲は非常にウェルカムでありがたいです。
聴いた瞬間にこれはコンサートでやったら盛り上がるだろうなーと思いましたが、
案の定コンサートでこの曲が披露された時は、
KinKiさんとの「もっともっと(もっともっと)」の掛け合いが楽しくて×2(*´∀`*)
あ、今更ですが昨年の12月26日にKinKiコン行ってきました(笑)
今年のセットリストはホントやばかったですよね…。
ライブDVDorBDの発売も決まりましたし今から楽しみです。
DVDのみの特典がなければBD買おうと思います。
ちなみにこの曲の編曲もどんちゃんですね(笑)


7位『Hi & high』/関ジャニ∞
シングル「ツブサニコイ」CP曲

ネタバレですが後ほどもう1曲出てくるCP曲といい、
ツブサニコイのCDは全曲良曲揃いでホントにお買い得なCDですよね。
シングルが「T.W.L」以外明るい曲調ではないので、
ちょっと寂しい思いをしていたところにこの曲をぶっこんでくるとはおそロシアですね…。
聴いた瞬間テンション↑↑になってしまいました。
もう…間違いないですよね、うん。


6位『パンぱんだ』/関ジャニ∞(横山裕・丸山隆平)
アルバム「FIGHT」収録曲

関ジャニ∞よりユニット曲です。
この2人の組み合わせはCDに収録されているものとしては初ですね。
初めて聞いた時は「なるほど、こう来たか!!∑(゚Д゚)」と。
2人の優しい声質を最大限に生かした楽曲ですよね。
こういう曲だと横山君の歌声が非常に生きますよね。
あとはこの歌唱を他の曲にも活用できるようになるといいんですが。
丸ちゃんはホントオールマイティという言葉が似合います。
どんな曲でもユニット相手が誰でもそつなく合わせられますよね。
ちみっこにも聞かせたい心が優しくなれる曲です(*´∀`*)


5位『Baby Moonlight』/関ジャニ∞
シングル「マイホーム」CP曲

13位に入れた『Train in the rain』に近い雰囲気を持つ曲で、
そちらよりも更にクールかつアップテンポな分、体が自然とノってしまう楽曲ですね。
こちらは渋谷さんと安田君の歌声が非常に映える曲。
ちなみに5位から3位まではほとんど差はありません。
一応好みの順位は付けてみましたが同率3位が3曲と言ってもいいと思います。


4位『二人の花』/関ジャニ∞(丸山隆平/大倉忠義)
シングル「マイホーム」CP曲

「マイホーム」も良曲揃いでお得なCDですよね( ̄∀ ̄*)イヒッ
またまたユニット曲からのランクイン。
こちらの組み合わせは1stアルバム「KJ1 F・T・O」で以前ありましたが、
その時から声質の相性がいい組み合わせだよなーと思っていたので、
またこうやって別の曲で聞くことができて感無量でございます。
そしてまた良曲持ってくるよなーと感服致しました。
カッケーカッケーとしか言い表せない自分の文章力の無さが……もぅ。
でも1stアルバムの頃に比べれば格段に歌唱力も表現力も増したのが分かりますね。
初めてのユニットもそれはそれで面白いですが、
同じユニットだと成長度合いも楽しめるのでそれはそれで面白いです。
結局どっちもいいということでFA。

そして次回は残りTOP3の発表となります。
引き続き楽しんで頂けましたら幸いでございます。


関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://fivejoker.blog70.fc2.com/tb.php/407-a6adc912
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。