--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.16
Sat
時間も少し経ったし、そろそろ総選挙について思うことを書かねばと思っていた矢先、
そういった感情を根こそぎ持っていく出来事に心身ともに疲れました。
推しメンではない自分がこんな状態ですから、
彼女を推しているファン、そしてHKTファン(メンバー)の心情は計り知れません。

書きたいことは色々あるのですが、何分感情がついてこないので、
少々意味不明で羅列な文章が並びますが、
自分の中で一区切り付けたい意味も込めて書かせて頂きます。


これまで自分がファンになってからあったAKBごとに関して、
正直な話、「茶番だな」と思うことが何度もありました。
でも「茶番」だと分かっていてもその「茶番」を楽しむのがファンだと思っていました。
楽しいと思える「茶番」もありました。思えない「茶番」も同じぐらいありました(苦笑)

でもそんな大人の都合が作った「茶番」のせいで、
メンバーが悩み苦しむ姿を見てきたのも事実です。

そして今回のこと。
今回の事も私は「茶番」だと思っています。

もちろん全てが最初から用意されていたものではないのは分かっています。
ただ……これはあくまでも私の憶測であり単なる妄想に過ぎないということを先に書いておいて、
HKTに移籍することは遠くない未来に予定されていたことなんじゃないかなと思っています。
(そのメンバーが必ずしも彼女になっていたかは分かりませんが)
こうやって騒動になった為にその時期が少しばかり早くなっただけで、
そこを処分という最もな理由をつけて騒動を上手く利用したような気がしてなりません。

正直、処分というには首をかしげる点があるので。

イエローカードはまだ1枚だからと秋元Pは言いましたが、
そもそもイエローカードなんて関係者と本人の間で何枚とか言っているだけで、
ファンには全く見えないのでその人が今何枚目なのかなんて分からない。
そんな目に見えないあやふやなもので、
人によって…立場によって処分が違うと感じるファンがいるのはごくごく当然の事だと思います。
完全にシロだった場合は別として真っ白ではないと彼女が認めた以上、
この処分が甘いのか、妥当なのか、厳しいのか……それは人それぞれ感じ方が違うと思うので、
私の口からあえては言いません。
あんまり処分うんぬんについてどう思うか語ると、
また変な人が昔のことほじくり返して噛み付いてきますからね……(´・ω・`)
なので言いませんが……謝罪するにしても保護者同伴なんだなと思った気持ちだけは書いておきます。
まぁ、これも本人の希望じゃなく秋元Pが買って出たとも言えますが。
どっちにしろそう思わせた時点でやっぱり足引っ張ってると思いますけどね。

今回の移籍は左遷ではないと秋元Pは言いました。
私も左遷という言葉は間違っていると思います。

でも、秋元Pも運営もHKTがこのままだとマズイと思っているのは間違いないと思います。
その理由は多分NMBが短期間で商業的に成功を収めているのに対し、
HKTはこのままデビューさせてもおそらく最初から成功を収めたNMBのようにはいかないから、
だったら何かしらテコ入れというかカンフル剤を入れなくてはという流れになったのではないかと。

SDN解散でも見えたことですが、
今の運営は長期ではなく短期でしか見てないんですよね。
AKBが何年もかけて築き上げてきたものを、
他のグループは更にもっと短い時間で要請させ、
結果的にAKB自体に売り上げが還元されるようにという目先の利益しか見えない。

AKBほどまでとはいかなくても、
SKEぐらいの長期的な目線をHKTに向けることはできなかったんでしょうか。

正直、私は今のHKTの形が凄く羨ましいです。
最初大阪にNMBが出来るって聞いた時は本当に嬉しかった。
でも蓋を開けてみればそこにはもう色んな大人の事情があって、
イチから作り上げていくアイドルにはならなかったんですよね。
だから自分の中で曲は好きだけどグループとしてはそこまで入り込めませんでした。
同じく関西を拠点に頑張っていたアイドルが、
どれほど苦労してどれほど時間をかけて今の地位を築いたのかを見てきたからというのが、
自分の中で大きいんだと思います。

だから、今まさにメンバーとファンがイチから作り上げているHKTの姿が、
凄く羨ましくて微笑ましくて時間をかけて素敵なグループになって欲しいと思っていたのに、
今回のことでそれも叶わなくなるのかと思うと、もう何も見えなくなってしまいました。

別にAKB、その姉妹グループに限った事ではないんですけどね。
置かれている環境によって運営の方向性、メンバーの考え方や態度が変わってしまうことは、
芸能界orアイドル界に置いて当たり前のことですし。

そんな姿を何度も見て慣れている上で、
それでもなお「疲れた」と感じたのは、多分秋元Pの凄すぎる商才に疲れを感じたんでしょうね。
「やすす恐るべし!!∑(゚Д゚)」と茶化しておかないと怖すぎて……もうね。
別にあの方の全てが嫌いなわけではないんですけどね。
むしろ尊敬を覚えるぐらいなんですけど……狂気を感じる程に怖いです。

なので、自分の中でしばらく……いつまでになるかは分かりませんが、
AKBとAKB関連に関しては閉店ガラガラ…違う、シャッターを下ろそうと思います。
あくまで下ろしている期間の間、語るのを止めるだけで、
AKBファンを辞めるとか、嫌いになったわけではございません。
でもって、これは勝手な…非常に勝手な言い分ですが、
才加さんとDiVAに関しては引き続き平常運転のままで応援したいと思います。
理由は……お察し下さい。
(推しメンだからという理由だけではないです)

というわけでTwitterもブログもAKBからお越し頂いてる方には申し訳ございませんが、
しばらくはジャニごとメインに戻りたいと思います、原点回帰ですね。

さし当たっては、たくさんアクセス頂いている、
シングル・アルバム一覧表をちょっとずつ更新していきたいと思います。
非常に申し訳ないのですが、自分が確認している中だけでも、
関ジャニ∞の数字が一部間違って記載しておりましたので、
訂正も兼ねて改めて更新したいなと(関ジャニ∞の分は訂正しました)

こんなどうしようもない自分で申し訳ございませんが、
引き続きTwitter・ブログ等、各種諸々で仲良くして頂けたら幸いです。

ここまで酷い文章を読んでくださった皆様ありがとうございます。
自分で見返しても何書きたいのかさっぱりですね(´・ω・`)
でも言いたいことも言えないこんな世の中じゃ……ポイズン!ですから。
好きの反対は無関心。
語るのも時間の無駄なので語りませんということを察して頂けたら幸いです。
嫌いだったらこんなに悩んだり、ウジウジしたりしないんだもん(。・ˇ_ˇ・。)

最後に誤解されないように一つだけ。
決してメンバーに対してどうこう言いたかったのではなく、
あまりにもあんまりな対応の運営側の方に不信感が積もり積もったが上、
溜まったものを自分の中で整理させて頂きました。
自分の中でまた安心して応援できるスタンスになれば、
また楽しく語っていきたいと思っています。
個人的に13期生が凄く気になってたところなので……はい。

関連記事

comment 0 trackback 1
トラックバックURL
http://fivejoker.blog70.fc2.com/tb.php/433-5a663335
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
- | | 2012.06.20 03:02
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。