--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.01
Fri
書きかけていたブログを後回しにして、
みぃちゃんの処分について思ったことを綴ってみる。
AKBごとに関してブログでまた綴ることに至った経緯は、
後回しにした記事の方で書かせて頂いておりますので、
前後して申し訳ないですがご了承下さい。

ちなみに自分は彼女に対して擁護派ということをふまえた上で、
下記に目を通すかどうか判断頂けたらと思います。
意見が合わない文章を読むのは苦痛以外ありませんので…。
読んでからの苦情はお受けできません(´・ω・`)


最初に処分を知った時に、
研究生に降格ということよりも丸坊主にしたということが、
あまりにもショック過ぎて言葉を失った。

男性の方が反省の意味を込めて、
頭を丸める姿は目にするけでど、
女性が反省という意味を込めてこういった形を取るのは初めて…と書きかけて、
昔、芸人さんにいたことを思い出しましたが、
アイドルが……それも自らハサミを入れたであろう不揃いな状態で、
公式の動画サイトにて世界に発信される形で謝罪を行う姿は初めて見ました。
坊主にすると一言で言っても男性と女性では重さがやっぱり違うと思うのです。
男女平等と声を大きくしても埋められない差はどうしてもあります。
ましてや彼女は私が知る限りの間ずっと黒髪のロングヘアーだったので、
きっと人一倍髪に拘りを持っていたと思う。
髪は女の命であり体の一部なのです。
髪を切るということは自分の体の一部が傷つけられることと同じぐらい、
心に痛みを感じる人がいるという事を知っていて欲しいです。
(と、ここまで書いておいてアレですが人によって髪への思いは個人差が大きくあると書いておきます)

ましてや彼女はアイドルです。
アイドルは言い方は悪いですが自分そのものを売り物にする職業です。
そんな彼女が商売道具をこんな風にしてしまうことは、
自分自身を痛め傷つけて許しを請うている様に私には見えました。
凄く痛々しくて見ていられない…そんな気持ちにしかなれませんでした。
(動画での発言をまとめた文章は某まとめサイトで見ましたが動画そのものは見れません)

それでも彼女はAKBに残るという道を選択しました。

人によってはこんな姿を見ても処分が甘いという人もいるでしょうし、
それについては思うところが多分自分と違っているので、
否定はしません……肯定もしませんけど。
辞めることが必ずしも一番キツイ処分だとはそもそも思っていないんですよね。
こういった騒動を起こす事で暴言を握手会等で直接吐かれたり、
選抜から外されたり、総選挙の順位が下がったり、
グループに残る事で考えられるデメリットは余りあります。
事務所に所属していないメンバーはともかく所属しているメンバーで、
それもみぃちゃんぐらいトーク力もバラエティ力もあるメンバーなら、
AKBを辞めたとしても仕事は入ってくるし、
今はともかく遠い未来ノースリーブスとして歌手活動ができるかもしれない。
活動を辞退し、卒業したほうがずっと楽になれるのではと思います。
これまた言い方悪くて申し訳ないのですが、
AKBというブランドにしがみつかなくても、
今の時点で生き残れる数少ないメンバーの1人だと思っていますので。

その中で彼女は楽な道に逃げず自ら茨の道を選んだ、
それも言葉だけではなく身を切る形でケジメをつけて。
そのことだけで充分大きなペナルティを科せられたと思います。
一生あの映像(姿)はネット上に残るし、
あの姿を親御さんが見たらと思うと……本当にやりきれません。

正直、自分は「恋愛禁止条例」なんてバカバカしいし、
こんなくだらないもの辞めてしまえと思っています。
ただ劇場公演や握手会といった直接ファンと触れ合う機会が多い中では、
出来る限り危険要素を減らすことは必然なのかなとも思うようになっていました。
どうしてもファンの人数が増えるとそれだけ危険因子も増えますからね。
噂だけでも本人やら相手に危害を加える厄介ヲタは存在しますから(AKBに限らずですが)
そういった理由もありきでこの条例ができたのだと思います。
でも今回のことでまたそれがグループにとって良いことなのか分からなくなりました。

少なくともまだ分別の付かない若い頃なら、
親御さんから大事な娘を預かっているという責任もあるからアレですけど、
せめて20歳を超えたら……恋愛解禁してもいいんじゃないですかね(´・ω・`)
それで処女厨のヲタからの人気が落ちようと、
何を言われようと自己責任じゃダメなんですかね。


恋愛をしたらもうアイドルとして皆に夢は見せれなくなるのでしょうか。


恋愛をすることで推しが笑顔になることは、
推しが自らを傷つけて涙を流す姿よりも許せないことなのでしょうか。


髪の毛のこともそうですけど、
これまた男女間での温度の差も違うでしょうし、
そもそも人によってそもそも意見が違うのは当たり前なので、
何度も書きますが、考え方が違うからといって否定はしないし肯定もしません。

でも、この件について痛みだとか違和感だとか、
何かしら負の感情は抱く事はおかしなことではないと思っています。
そう思うことが彼女の為ではないとしてもやっぱり何か間違っていると思うのです。
他に誠意を見せるやり方はあったんじゃないかなと。(辞退という意味ではないです)
Twitter上でたくさん見かけた「引く」という言葉が一番率直な感情だと思います。
そこまで彼女を追い詰めさせる今のAKBの状況ってやっぱり怖いです。

ただ、ここまで彼女を擁護する意見を書いてきましたが、
もう少し考えて欲しかったなと思うことももちろんあります。

貴方の痛みは貴方だけのものではないということ。
もちろん一番痛いのは本人ですけども、
その姿を見て傷ついたメンバーやファンがたくさんいます。

そして貴方は自分が思っているよりもずっとAKBの顔です。
例え自分で判断して行った事でも、
運営からの命令と脚色されたり、
AKBって怖いグループなんだと一般に対しマイナスイメージを植えつけることにもなります。

他人だけじゃなく自分に対しても、
もっと優しくなっていいんじゃないかな…それに尽きると思います。

今までと同じようにはいられないし、
離れてしまったファンもいると思います。
それでも自ら厳しい場所に身を置くと決めた彼女を、
これからも応援したい気持ちは変わりません。
(推すのは単推しですけど、好きなメンバーは他にもいてその中の一人が彼女です)

ファンなんかよりも貴方のことをずっと分かっている、
大切な仲間が今はきっと傍にいてくれていると信じて文章を締めたいと思います。
想いの限りに書き綴った文章につき、非常にお見苦しくてすいませんでした。
ここまで読んで下さって本当にありがとうございました。


ピンチはチャンス。
明日は明日の君が生まれるよ。


関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://fivejoker.blog70.fc2.com/tb.php/459-0da3c47d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。